まずはAGAに関する基礎知識を
しっかり身に付けましょう!

AGAコラム一覧

AGAコラム一覧

【医師監修】ミノキシジルによる治療

【医師監修】ミノキシジルによる治療
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

監修医師情報

田中 洋平

診療顧問

AGAスキンクリニック 診療顧問 田中 洋平

目次

  1. ミノキシジルによるAGA治療
  2. ミノキシジルって何?
  3. ミノキシジルの効果について
  4. ミノキシジルの副作用は?
  5. ミノキシジル配合の内服薬は、水で飲まないとだめ?
  6. AGA発毛薬の比較
  7. ミノキシジルを含むオリジナル発毛薬
  8. まとめ

ミノキシジルによるAGA治療

薄毛・抜け毛の原因は、頭皮の炎症やシャンプー・薬剤の影響、老化、遺伝など、さまざまなことが考えられます。遺伝による薄毛や抜け毛の場合、治らないだろうと諦めてしまう方もいますが、AGA(男性型脱毛症)はきちんとしたケアや治療を受けることで、改善できるケースがあります。
近年では医療薬の開発が進み、ミノキシジルやフィナステリドなどを含むAGA治療薬もあり、症状に合わせた治療を行う医療機関が増えています。
とはいえ、ミノキシジルといわれても、どのような効果があるのか、わからない方も多いのでしょうか?この記事では、ミノキシジルの効果や副作用、注意点などを解説します。

ミノキシジルって何?

ミノキシジルとは、薬に含まれる成分の名前です。もともとは、1970年代後半に高血圧症治療の内服薬(血圧降下剤)として、アメリカのアップジョン社(現:ファイザー社)によって開発された血管拡張剤の一種ですが、全身の多毛症を引き起こすケースが多く報告されました。そこから、発毛剤としての臨床実験が行われ、のちに発毛効果があることが認められたのが始まりです。
ミノキシジルは、毛包に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛させる効果があると立証されています。
医薬品などの安全性と有効性を証明する、医療行政機関(FDA:アメリカ食品医薬品局)によって認可されたことから注目が集まり、現在は、効果が高い発毛剤として世界90か国以上で承認されています。国内でも厚生労働省から発毛医薬品として認可されているなど、薄毛改善の有効な手段として幅広く使用されている発毛剤成分です。

ミノキシジルの効果について

ミノキシジルは、髪の根元にある毛母細胞に直接働きかけ、毛母の細胞分裂を活性化させることで髪の成長を促進させる働きをする成分です。
髪は、頭皮の毛穴から発毛し、成長した後は自然と抜け落ち、再び同じ毛穴から新しい毛髪が生えてきます。この「成長期→退行期→休止期」という繰り返しのことを、ヘアサイクルといいます。

AGAは、そのヘアサイクルに変化が起こり、成長途中で髪が抜けてしまうことでどんどん毛包が小さくなります。その結果、髪の毛がだんだんと細くなり、最終的には生えず薄毛になってしまうというものです。
ミノキシジルは、小さくなってしまった毛包に働きかけることで血管を拡張し、血流を増加させることで毛母細胞に直接栄養を運びます。毛母細胞はその栄養を糧にして、健康な髪の毛として成長します。

ミノキシジルの副作用は?

ミノキシジルの副作用として、初期脱毛が報告されています。これは、ヘアサイクルが正常に戻り新しい毛に生え変わっている兆候だと考えられています。ミノキシジルを含む発毛剤を使用開始してから約一か月後に現れることが多く、「抜け毛が増えた!」と驚いてしまう方も多いでしょう。しかし、弱っている髪の毛を押しのけて新しい髪の毛が生えてきている段階で、薄毛や抜け毛が進行しているわけではないので安心してください。
患者さまのなかには、さらに抜け毛が進行したと勘違いして使用を止めてしまう方もいますが、一時的なものですので、そのまま継続するのが大切です。

初期脱毛のような症状以外には、頭皮の痒みやかぶれが現れるケースがあります。痒みの原因として考えられる要因は3つです。

1、血管が拡張されることで血流が良くなり痒みを感じる
2、ミノキシジルを配合する際に使用する溶剤にアレルギー反応を起こしている
3、ミノキシジル自体が肌に合わず痒みを感じる

そのほか、ミノキシジル内服薬の副作用として、低血圧や頭痛、動悸、手足のむくみといった症状が起こる可能性があるとされています。
ミノキシジル配合の薬は、使用する量や回数を頻繁に増やしても効果が上がることはなく、むしろ副作用が起こる可能性が高くなるので、定められた用法や用量を厳守することがとても重要です。
頭皮に異常が現れたり、体調不良を感じたりしたら、早めに医師やかかりつけの医療機関に相談するようにしましょう。

ミノキシジル配合の内服薬は、水で飲まないとだめ?

ミノキシジルが含まれた内服薬は、できるだけ水で服用することをおすすめします。牛乳やお茶、アルコール類など水以外の飲み物で服用すると、薬の成分を変化させてしまったり、体内への吸収力が低下したりしてしまい、発毛効果が減少することがあるので注意が必要です。できるだけ高い発毛効果を出すためにも、正しい方法で服用することが大切です。

AGA発毛薬の比較

国内で最初に発売されたミノキシジル成分を含んだ男性用発毛剤は、1999年に大正製薬が発売した「リアップ」で、その後2017年に改良された「リアップX5プラス」が発売されています。
近年、若年層の脱毛症が増えてきていることもあり、さまざまな医薬品メーカーから発毛剤が発売されています。たとえば、2018年に発売された、アンファーの「スカルプD メディカルミノキ5」、ロート製薬の「リグロEX5」、東和薬品の「ミノアップ」などが挙げられます。
また、AGAを専門とする医療機関の中には、患者さま一人ひとりに対応し、検査結果や症状に合わせて、ミノキシジルの配合濃度などを調整した薬を処方しているところもあります。より安全性が高く、効果が期待できる治療を行うためにも、市販薬ではなく、医療機関で処方された自分に合った発毛剤を使用するのがおすすめです。

ミノキシジルを含むオリジナル発毛薬

ミノキシジルを含むオリジナル発毛薬

「Rebirth(リバース)」は、AGAスキンクリニックがオリジナルで開発している発毛剤です。
「Rebirth」は、フィナステリドとミノキシジルを主成分として構成されており、この2つの成分は発毛効果のある成分として世界中で認められている薬品です。
AGAの原因は、5αリダクターゼ(還元酵素)とテストステロン(男性ホルモン)が結びつくことで発生するジヒドロテストステロン(DHT)という物質ですが、「Rebirth」は、この5αリダクターゼの働きをブロックすることで、抜け毛の原因を抑える効果があります。
また、発毛成分に加えてアミノ酸やビタミン・ミネラルがバランスよく配合されているので、抜け毛を防ぐと同時に、健康的な髪に育てるために必要な栄養を摂取することができます。有効成分をより身体に吸収しやすくするための特許成分を配合するなど、オリジナルの工夫が施されている画期的な発毛剤です。

まとめ

ここまで、ミノキシジルの効果や副作用についてご紹介してきました。
AGAの症状や原因には、加齢によるものや男性ホルモンが大きく影響するもの、遺伝的な要因、また進行性のもの・一時的なものなど、十人十色です。とはいえ、何かしらの病気や薬剤がかかわる場合を除けば、基本的には「頭皮環境」と「生活習慣」を改善することで、抜け毛・薄毛の進行を抑え、新たに生えてくる毛髪を強く健康な状態に戻していくことができます。

まず、自分自身の体質や抜け毛の原因をしっかりと知ったうえで、食生活や睡眠、ストレスを軽減するなど日常生活全般を改善していくことが必要なので、なかなか独自の方法で結果を出すのは難しいものです。
薄毛・抜け毛は、AGA専門の医師による問診や頭皮チェックを行い、トータルケアをしっかりとサポートしてくれる医療機関に相談しながら、正しく治療することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事