まずはAGAに関する基礎知識を
しっかり身に付けましょう!

AGAコラム一覧

AGAコラム一覧

【医師監修】ミノキシジルは併用できる?効果が上がる方法とは?

【医師監修】ミノキシジルは併用できる?効果が上がる方法とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

監修医師情報

田中 洋平

診療顧問

AGAスキンクリニック 診療顧問 田中 洋平

目次

  1. ミノキシジルは併用できるのか?作用が上がる方法について
  2. ミノキシジルについて
  3. ミノキシジルは併用できるのか
  4. ミノキシジルと他AGA薬の併用の際の注意点について
  5. まとめ

ミノキシジルは併用できるのか?作用が上がる方法について

薄毛治療薬のミノキシジルを使用するとき、他の薬と併用できるのか心配になる方は多いのではないでしょうか。単純に併用すれば作用が高まるのかも気になりますよね。薬を併用するときは、作用だけではなく副作用にも注意が必要です。副作用が強く現れる可能性がある薬とは併用できません。それでは、ミノキシジルと他の薄毛治療薬との併用、作用について詳しくご紹介します。

ミノキシジルについて

ミノキシジルとは、もともとは高血圧の薬として開発された薄毛治療薬です。高血圧の薬として使用したところ、髪や体毛が太くなる副作用がみられたため、薄毛治療薬として再開発されました。つまり、偶然の発見によって開発された薬なのです。

ミノキシジルには外用薬と内服薬があります。内服薬は血液によって全身へ運ばれますが、外用薬は塗ったところにだけ作用します。また、外用薬は薬剤師がいる薬局で購入できますが、内服薬は市販されていません。クリニックを受診して、診断を受けたうえで医師が必要と判断すれば処方してもらえます。

■ミノキシジルの作用について

ミノキシジルには、毛母細胞の活性化と血流促進の作用があります。毛母細胞は髪の元になる細胞で、これが分裂を繰り返すことで髪が作られるのです。毛母細胞が活性化すれば、分裂が活発になることで髪が太く濃くなります。

また、血流促進作用によって頭皮に栄養が運ばれやすくなることで、発毛を促せるともいわれています。ただし、ミノキシジルの作用については、完全に解明されているわけではありません。

■ミノキシジルの副作用について

ミノキシジルには、初期脱毛や多毛症、動悸、むくみなどの副作用があります。初期脱毛とは、服用し始めた頃に、休止期の毛母細胞が活性化することで髪が自然に抜ける症状のことです。ヘアサイクルを正常に戻そうとする働きのため心配はいりません。髪はヘアサイクルに従って生え変わりを繰り返しています。

副作用

また、多毛症は髪だけではなく体毛も太く濃くなる症状のことで、いわゆる毛深い状態になります。動悸は、降圧剤としての作用によって、心臓や脳への血流に問題が生じることで起こります。このように、ミノキシジルには、さまざまな副作用があるため、事前に確認しておくことが大切です。

ミノキシジルは併用できるのか

ミノキシジルだけでも作用は期待できますが、他の薬と併用して、効率よく薄毛を治療したいと思う方は多いのではないでしょうか。そこで、ミノキシジルと他の薄毛治療薬との併用時の作用と副作用について詳しくご紹介します。

■ミノキシジルとプロペシアの併用の作用と副作用

プロペシアは、5αリダクターゼII型を阻害することでジヒドロテストステロンの生成を防ぎ、AGAの進行を抑える薬です。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンと頭皮の5αリダクターゼII型が結合したもので、5αリダクターゼII型を阻害すれば、結果的にAGAの進行を抑えられます。

プロペシアでAGAの進行を抑えつつ、ミノキシジルで発毛を促すことが可能です。ミノキシジルとプロペシアの併用は多くのクリニックで行われています。作用のメカニズムが全く異なるため、副作用にも共通点はみられません。仮に、同じ副作用があった場合、強い副作用が現れる恐れがあるため併用は認められないでしょう。プロペシアの副作用は、性欲減退や勃起不全、精液量の減少などです。

■ミノキシジルとザガーロの併用の作用と副作用

ザガーロは、5αリダクターゼI型とII型の両方を阻害することで、プロペシアよりも強力にジヒドロテストステロンの発生を防ぐ薬です。従来では、ジヒドロテストステロンは5αリダクターゼII型からのみ作られ、I型は関与していないとされていました。

しかし、5αリダクターゼI型もジヒドロテストステロンの生成に関与しているとの見方が強まり、ザガーロがAGA治療に用いられるようになったのです。ザガーロの副作用はプロペシアと同じく性欲減退や勃起不全などのため、ミノキシジルの副作用と重複する項目はありません。

■ミノキシジルとフィンペシアの併用の作用と副作用

フィンペシアとは、インドのシプラ社が製造しているプロペシアのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは、先発医薬品の特許が切れた後に同じ成分で製造される医薬品のことで、作用や副作用は先発医薬品とほとんど違いがありません。

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品のため、5αリダクターゼII型を阻害してAGAの進行を抑えます。副作用もプロペシアと同じく、勃起不全や性欲減退、精液量の減少などです。

■ミノキシジルとフィナステリドの併用の作用と副作用

フィナステリドはプロペシアの成分名ですが、ここではプロペシアのジェネリック医薬品であるフィナステリド錠のことを指します。フィンペシアとフィナステリド錠はどちらもプロペシアと作用や副作用が共通しています。

■それぞれの作用について確認

それぞれの薬の作用には個人差があるため、まずは医師のアドバイスを踏まえて、いくつか選ぶことをおすすめします。そのうえで、ミノキシジルの併用の有無や副作用などを考慮して、ベストな治療計画を立てることが大切です。

ミノキシジルと他AGA薬の併用の際の注意点について

ミノキシジルと他のAGA治療薬を併用するときは、飲むタイミングをそろえることが大切です。飲むタイミングをずらすと、今日飲んだかどうか忘れてしまい、過剰摂取のリスクが上がります。また、飲み忘れのリスクも上がるため、同じタイミングで飲むことが大切です。さらに、副作用について既述どおりですが、抱えている疾患や服用している薬、体質などで変わってきます。医師にしっかり確認をしましょう。

まとめ

ミノキシジルと他のAGA治療薬を併用するときは、飲むタイミングをそろえることが大切です。飲むタイミングをずらすと、今日飲んだかどうか忘れてしまい、過剰摂取のリスクが上がります。また、飲み忘れのリスクも上がるため、同じタイミングで飲むことが大切です。さらに、副作用について既述どおりですが、抱えている疾患や服用している薬、体質などで変わってきます。医師にしっかり確認をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事