まずはAGAに関する基礎知識を
しっかり身に付けましょう!

AGAコラム一覧

AGAコラム一覧

【医師監修】デュタステリドってなに?副作用や注意について

【医師監修】デュタステリドってなに?副作用や注意について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

監修医師情報

田中 洋平

診療顧問

AGAスキンクリニック 診療顧問 田中 洋平

目次

  1. デュタステリドってなに?副作用や注意について
  2. デュタステリドとは?
  3. デュタステリドとフィナステリドの違いとは?
  4. デュタステリドの副作用とは?
  5. デュタステリドを使用してはいけない人
  6. デュタステリドの使用について注意するべきこと
  7. デュタステリドの服用は病院で相談
  8. まとめ

デュタステリドってなに?副作用や注意について

デュタステリドは、プロペシアと同じ系統のAGA治療薬です。取り扱いがないクリニックもありますが、効果や副作用、注意点などについて確認しておくことをおすすめします。ここでは、プロペシアに含まれているフィナステリドとの違いや副作用、注意点などについて詳しくご紹介します。

デュタステリドとは?

デュタステリドとは、グラクソ・スミスクライン株式会社が開発したザガーロに含まれる成分です。もともとは、アボルブの有効成分として開発されましたが、AGAの改善効果が期待できることがわかり、改めてザガーロが開発されました。

プロペシアと同じく、AGAの治療効果があるため、多くのクリニックで取り扱われています。また、その効果はプロペシアよりも高いともいわれているのです。

デュタステリドとフィナステリドの違いとは?

フィナステリドは、プロペシアに含まれる有効成分です。デュタステリドとフィナステリドの違いは、5αリダクターゼI型とII型の両方を阻害できるかどうかです。そもそも5αリダクターゼとは、AGAを引き起こすジヒドロテストステロンの生成に必要な酵素のことで、これまではII型だけがAGAの発症に関係しているといわれていました。

しかし、実際には5αリダクターゼI型もAGAに関係していることがわかったのです。そのため、5αリダクターゼII型しか阻害できないフィナステリドより、I型も阻害できるデュタステリドの方が高い効果が期待できます。

デュタステリドの副作用とは?

デュタステリドの副作用は、勃起不全や性欲減退、乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感))、精液量の減少などです。フィナステリドにも同じような副作用がありますが、頻度は同等、もしくはやや高い発生頻度となっています。副作用は、男性機能に関わるもののため、子供を持つことを望んでいる場合は、妊娠に至ってから治療を始めるか、一時的に服用を休止するといいでしょう。

ただし、デュタステリドは継続的に服用することでAGAの治療効果が現れるため、休薬期間が長いほどにAGAが進行しやすくなります。休薬期間は、最小限に留めるように努めましょう。

デュタステリドを使用してはいけない人

デュタステリドは、すべての人が使用できるわけではありません。デュタステリドを服用してはいけない人は次のとおりです。

・同じ種類の成分を服用している人
デュタステリドは、5αリダクターゼI型とII型を阻害するため、フィナステリドと一緒に服用することはできません。どちらか一方だけでAGAを治療することになります。料金はデュタステリドの方が高いものの、効果も高いことが期待されているため、十分に検討することが大切です。
・女性、小児
妊娠初期の女性がデュタステリドを服用すると、胎児の性機能に悪影響が及ぶ恐れがあります。また、小児に対しても安全性が確立されていません。誤ってデュタステリドを服用しないように、ほかの薬とは分けて保管することが大切です。
・デュタステリドまたはステロイドの服用により副作用
過去にデュタステリドやステロイドで副作用が現れた場合は、デュタステリドを服用できません。また、デュタステリドやステロイドによる薬剤性アレルギーが現れたことがある場合も同様です。
・重度の肝機能障害のある方
重度の肝機能障害があると、デュタステリドの代謝ができず、副作用が強く現れる恐れがあります。これは、デュタステリドに限ったことではないため、重度の肝機能障害がある方は、日ごろから注意していることでしょう。

デュタステリドの使用について注意するべきこと

デュタステリドを服用する際には、次のようなことに注意しましょう。

・肝臓に何らかの病気がある場合は、事前に医師に伝える
肝臓に病気がある状態でデュタステリドを服用すると、副作用が強く現れる可能性があります。
・前立腺がんの診断に用いられるPSA(血清前立腺特異抗原)の検査を受ける予定がある場合は、事前に医師に伝える
デュタステリドの成分が検査に影響を及ぼし、前立腺がんの見逃しに繋がる恐れがあります。結果的に、命にかかわることのため、必ず伝えましょう。
・女性や小児はカプセルから漏れた薬剤に直接触れない
デュタステリドは、皮膚からも吸収されるため、漏れた薬剤に触れることも禁じられています。

デュタステリドの服用は病院で相談

デュタステリドの服用は病院で相談

デュタステリドの処方を希望する場合は、必ず病院で相談しましょう。ここで注意したいのは、個人輸入でむやみに入手してはいけないことです。十分な品質が保たれているデュタステリドかどうか判断できないため、偽物や粗悪品を入手してしまう恐れがあります。

そのようなデュタステリドを使用すると、効果が現れなかったり、副作用が強く現れすぎたりする可能性があるでしょう。また、個人輸入代行業者を利用する場合も同様です。詐欺に巻き込まれる心配もあります。

病院であれば、正規品のデュタステリドを処方できるため、安全にAGA治療を始めることが可能です。また、持病や体質なども加味したうえでデュタステリドを処方するかどうか判断してくれるため、誤ってデュタステリドを使用して健康被害を受けることもないでしょう。

服用の方法や注意点などの指導を受けられたり、必要であればミノキシジルなどほかの薬との併用ができたりすることもメリットです。通院しながらデュタステリドを処方してもらえるため、AGAの改善状況なども確認してもらえます。

まとめ

デュタステリドは、フィナステリドに次ぐAGA治療薬です。フィナステリドよりも高い効果が期待できるといわれているため、AGAに悩んでいる方は検討してみてはいかがでしょうか。フィナステリドと同じような副作用があるので、自分の体質や状況に適しているかどうか、医師に確認することが大切です。個人輸入代行業者などを利用するのではなく、必ず病院で処方してもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事