1. AGAスキンクリニック(Aスキ)TOP
  2. AGAコラム一覧
  3. 基礎知識
  4. 【医師監修】AGA治療で血液検査を行う理由とは?必要な理由を解説

【医師監修】AGA治療で血液検査を行う理由とは?必要な理由を解説

  • 作成日:2020年11月30日
  • 更新日:2020年11月30日
【医師監修】AGA治療で血液検査を行う理由とは?必要な理由を解説

AGA治療で血液検査を行う理由とは?必要な理由を解説

AGA治療を受けるためにクリニックを受診すると、血液検査を受けることになります。AGA治療にどうして血液検査が必要なのか疑問に感じた方は多いのではないでしょうか。実は、血液検査によって、AGAに関するさまざまな情報を得られるのです。そのため、血液検査を求められた際には、受けることをおすすめします。ここでは、AGA治療で血液検査を行う理由について詳しくご紹介します。

AGA治療に必要な検査について

AGA治療を受けるときには、血液検査が必要です。そのほかの検査は特に行われませんが、頭皮の状態をスコープで観察したり、問診したりする場合があります。頭皮の状態が悪いからといって必ずしもAGAとは限りませんが、ひとつの目安になるのです。

問診では家族に薄毛の人がいるか、どのような生活をおくっているのかなどを質問されます。どれもAGAに関係するもののため、医師の指示に従って受けることが大切です。

なぜ血液検査が必要なのか

それでは、血液検査はなぜAGA治療に必要なのでしょうか。その理由を詳しくご紹介します。

薄毛の原因がAGAかどうか調べるため

血液検査によってAGAを示す物質を検出できるわけではありませんが、薄毛の原因がAGAにあるのかがわかります。AGA以外の原因でも薄毛になるため、他の病気の可能性があるかどうかを知るために血液検査を行うのです。他の病気の可能性が高いのにAGAと誤診すれば、その間に病気が進行する恐れがあるので原因をはっきりさせる必要があります。

薄毛は甲状腺の異常によっても起こります。甲状腺の異常の原因が仮にがんであれば、早急な治療が必要でしょう。このような事態を防ぐためにも、血液検査は必須なのです。

投薬治療が可能か調べるため

AGA治療には、プロペシアやザガーロなどの薬を使用する場合があります。薬は、すべての人に使用できるわけではありませんので、血液検査によって治療薬を使用できるかどうかを調べる必要があるのです。もし、体質的に薬の成分が体内に長く留まりやすい場合は、副作用のリスクが高いため、使用には十分に注意しなければなりません。

また、薬の成分を代謝する肝臓の機能が低下している場合にも、薬を使用できない可能性があります。血液検査で薬の代謝や身体の状態を調べることで、投薬治療が可能かどうか判断できるようになるのです。

薬の治療効果を予測するため

薬の治療効果には個人差があります。効果が期待できない薬をそれと分からず投与している間にAGAが進行する可能性があるため、事前に血液検査で調べておくことが大切なのです。ただし、血液検査だけで、薬の効果を完全に予測することはできません。あくまでも、予測の一助にするのが目的です。

つまり、血液検査で問題ないとの結果が出ても、治療効果が低い恐れがあります。治療効果があるかどうか大体のことでもつかめると患者さんと医師の双方にメリットがあるため、血液検査をすすめられたときは、受けることをおすすめします。

遺伝子検査を兼ねることも

クリニックによっては、遺伝子検査を目的として血液検査をします。AGAは、両親から引き継がれた遺伝子によってリスクが変動するといわれています。そのため、遺伝子検査によってAGAに関係する遺伝子を調べることで、AGAかどうか判断しやすくなるのです。

遺伝子検査は必須ではないため、別途料金を請求される場合があります。また、クリニックによっては、遺伝子検査を必須としているところもあるため事前に確認しておきましょう。なお、遺伝子検査といっても、調べられるのはAGAに関する遺伝子のみです。他の遺伝子を調べたい場合は、別のクリニックや病院に相談する必要があります。

血液検査の方法

血液検査の方法

血液検査では、注射器で血液を採取して、外注先に送付します。1週間程度で結果がわかるため、そのタイミングで再び受診しましょう。また、血糖値検査のように指先に針を刺して、少量の血液を採取する場合もあります。血液検査が苦手な方は、事前に確認しておくとよいでしょう。

初めてAGA治療をする際は血液検査を受けましょう

初めてAGA治療を受けるときは、必ず血液検査を受けましょう。先ほど述べたとおり、血液検査を受けることで、AGAのリスクや遺伝の有無、薬の治療効果などがわかるため、患者さんと医師の双方にメリットがあります。血液検査による負担は、注射針が刺さるときの痛みのみです。

貧血が起こるような量の血液を採取するわけでもないため、大きなデメリットはありません。2~3万円程度の費用がかかりますが、費用対効果を考えると血液検査は受けておいた方がいいでしょう

血液検査でNGが出た場合に受けられる治療法と対策

それでは、血液検査で薬の使用にNGが出た場合は、どのように治療すればいいのでしょうか。AGA治療においては、自宅での対策も重要です。血液検査で薬の使用にNGが出た場合に受けられる治療と自宅での対策について詳しくみていきましょう。

治療法

AGA治療において、プロペシアやザガーロの作用が今ひとつで、副作用のリスクも高いと判断された場合の選択肢は、外用薬やメソセラピー、自毛植毛などです。外用薬であれば、体内に吸収されても微量なため、問題なく使用できるでしょう。

ただし、外用薬にも副作用のリスクはあるため、必ず使用できるとは限りません。また、メソセラピーは頭皮に薬剤を注入して、外部からAGAにアプローチする治療法です。薬物療法と併用することで、効率的な改善が期待できます。

そして、自毛植毛は自分の側頭部や後頭部の髪を頭皮ごと薄毛の部分に移植する治療法です。毛包ごと移植するため、髪を切っても再び生えてくるようになります。ただし、生着しない場合もあるため、必ず成功するわけではありません。

対策

薬物療法を受けられない場合は、自宅でのAGA対策の必要性が高まります。次のように対策して、髪と頭皮の状態を整えましょう。

生活習慣の改善
良質な睡眠や適度な運動など、生活習慣を整えましょう。良質な睡眠はホルモンバランスが整うことで髪の成長に良い影響を与えます。寝る直前の食事や入浴、スマホの使用などは寝つきが悪くなる原因になるため注意が必要です。

また、過度な飲酒や喫煙も薄毛に悪影響を及ぼします。亜鉛は、髪の生成に必要な栄養のため、不足させないことが大切ですが、過度な飲酒は、アルコールが代謝されるときに亜鉛の体内消費量を増やしてしまいます。また、喫煙はニコチンによって血管が収縮し、頭皮への血流を低下させます。
食生活の改善
髪の主成分は、ケラチンというタンパク質です。ケラチンは複数のアミノ酸からできており、合成には亜鉛が必要です。また、ビタミン類も髪の生成に関係しているため、十分に摂る必要があります。偏食は栄養バランスが崩れる原因のため、できるだけさまざまな食品を食べるようにしましょう。

忙しくて外食やコンビニ食に偏った食生活では、ビタミンやミネラルが不足しがちです。サラダや果物、魚介類、きのこ類などを意識的に食べましょう。
適切なヘアケア
間違ったヘアケアは頭皮環境の悪化を招きます。爪を立てて頭皮をゴシゴシ洗ったり、熱すぎる湯で洗い流したりすると、頭皮環境が乱れて髪の成長に悪影響が及ぶでしょう。シャンプーは十分に泡立てて優しく丁寧に洗ってください。また、皮脂を必要以上に洗い流さないように、ぬるま湯で洗うことが大切です。

また、ドライヤーを当てるときは、頭皮から30cm程度は離しましょう。近すぎる位置から温風を当てると、頭皮が乾燥します。頭皮が乾燥した状態ではバリア機能が低下するため、小さな刺激で頭皮トラブルが起きてしまうのです。

だからといって生乾きで寝ると、雑菌が繁殖して頭皮トラブルが起こります。ドライヤーを正しく使って、髪を乾かしましょう。

まとめ

AGA治療を受ける前には、血液検査をすすめられる場合があります。血液検査の目的は、薬の効果予測や健康状態の調査、薄毛を招く他の病気を調べることなどです。また、遺伝子検査をかねている場合は、自分にどの程度のAGAのリスクがあるのかがわかります。患者さまと医師の双方にとってメリットがあるため、必ず受けることが大切です。

血液検査によって、薬物療法を受けられないと判断されても、他の治療を受けることでAGAの改善が期待できます。

AGA基礎知識のおすすめ記事

おすすめ記事

人気記事

近くのクリニックを探す FIND YOUR CLINIC