1. AGAスキンクリニック(Aスキ)TOP
  2. AGAコラム一覧
  3. 治療薬
  4. 【医師監修】フィナロイドとは?効果や副作用について解説!

【医師監修】フィナロイドとは?効果や副作用について解説!

  • 作成日:2020年9月18日
  • 更新日:2021年2月12日
【医師監修】フィナロイドとは?効果や副作用について解説!

フィナロイドとは?作用や副作用について解説!

フィナロイドはAGA治療薬の1つです。フィナロイドを処方されたときは、副作用や注意点を踏まえて、正しく服用しましょう。主成分のフィナステリドは、AGA治療薬のプロペシアにも使用されています。ここでは、フィナロイドの製造元や作用、副作用などについて詳しくご紹介します。

フィナロイドとは?

フィナロイドは、フィリピンのロイドラボラトリーズ社が製造販売しているAGA治療薬です。販売が開始されたのは2016年で、プロペシアなどよりも後に登場しました。

ロイドラボラトリーズ社は、さまざまなジェネリック医薬品の製造販売を手がける製薬メーカーです。特に、ダイエット薬のゼニカルのような主に女性が使用する薬を取り扱っていることから、女性からも評判のよい会社とされています。

そのほか、AGA治療薬のミノキシジルタブレットの製造も手がけています。日本にも営業所があるなど、ロイドラボラトリーズ社が扱う薬は世界中で使用されているのです。

フィナロイドは、フィナステリド1mgを含む錠剤で、30錠入りと100錠入りがあります。どちらも1錠あたりの含有量は同じです。継続的に服用することでAGAの進行抑制が期待できるため、100錠のものを選んだ方がよいでしょう。

ただし、副作用の関係で服用をやめざるを得ない場合もあります。まずは30錠入りを選び、1ヶ月服用して問題なければ100錠入りのものを選ぶのがおすすめです。

フィナロイドの作用は?

フィナロイドの主成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼII型を阻害する作用があります。5αリダクターゼII型は、前頭部や頭頂部など頭部全体の約7割の範囲に分布する酵素です。5αリダクターゼII型は、男性ホルモンのテストステロンと結合することでジヒドロテストステロンになります。

ジヒドロテストステロンは、毛乳頭細胞の受容体に取り込まれ、毛母細胞へ脱毛の信号を出すのです。髪は、毛母細胞が分裂することで作られ、毛乳頭細胞から送られてくる栄養によって機能を維持しています。

ジヒドロテストステロンの影響で脱毛の信号を受け取ると、髪の成長が阻害されて、細くて短い毛が増えてしまうのです。髪は本来の正常なヘアサイクルとして、成長期、退行期、休止期をくり返していますが、成長する成長期から退行期へ早く移行し休止期へ入るため、後は自然に抜けるのを待つだけです。

このように短い毛が増えると、その部分の頭皮が透けて見えるようになります。

フィナロイドは、5αリダクターゼII型を阻害することでジヒドロテストステロンの生成を防ぎ、AGAの進行を抑制します。

フィナロイドに副作用はあるの?

フィナロイドには、さまざまな副作用があります。代表的な副作用が男性機能の低下です。勃起不全や性欲減退などが起こり、性交渉に支障をきたします。ただし、頻度は数%なため、過度に心配しないようにしましょう。また、フィナロイドに限ったことではありませんが、薬を代謝する肝臓に負担がかかることで、肝機能障害が起こる可能性があります。

ただし、重篤な肝機能障害の例はほとんどないとされています。また、厳密には副作用とは言えませんが、フィナロイドを服用して間もなく髪が抜け始めるケースがあります。これは、フィナロイドによって髪の成長サイクルが正常化することで、古い毛が新しい毛に押し出されて起こる現象です。

これは初期脱毛と呼ばれており、他のAGA治療薬でも起こり得るものなので心配はいりません。初期脱毛を気にして服用をやめると、AGAが再び進行する恐れがあるため、服用は必ず続けることが大切です。

フィナロイドの服用方法は?

フィナロイドの服用方法は?

フィナロイドは、1日1回1錠を服用します。服用時間に指定はありませんが、飲み忘れを防ぐために同じタイミングで飲むことがおすすめです。飲み忘れるとフィナロイドの作用を十分に得られません。

また、飲酒の後にフィナロイドを服用しても問題ないといわれていますが、できるだけ避けた方がよいでしょう。なお、グレープフルーツジュースとの相性が悪いため、避ける必要があります。これは、グレープフルーツに含まれるフラノクマリンがフィナロイドの成分の分解を阻害し、血中濃度を高めてしまうためです。

フィナロイドの血中濃度が高くなりすぎると、副作用のリスクが高まります。

フィナロイドを服用するときの注意点は?

フィナロイドは、間違っても女性が服用しないよう注意してください。フィナロイドに含まれるフィナステリドは、ジヒドロテストステロンを結果的に阻害します。ジヒドロテストステロンは、男児の成長に必要なため、妊娠中に服用すると胎児の男性器に問題が起こる可能性があるのです。

なお、フィナステリドは皮膚からも吸収されるため、触れてはいけません。手にとることも問題になる恐れがあるため、間違っても触れない場所に保管しておきましょう。

特にピルケースなどに入れて保管すると、他の薬と間違えて服用してしまうかもしれません。また、現在妊娠していなくても、妊娠の予定がある方も触らないようにしましょう。

フィナロイドは同じフィナステリドを含むプロペシアや、5αリダクターゼI型とII型を阻害するデュタステリドを含むザガーロとの併用はできません。作用が重複することで、副作用が現れやすくなるからです。

フィナロイドはミノキシジルとの併用がおすすめです。ミノキシジルは、発毛作用が認められている外用剤で、頭皮に直接塗ります。血行促進作用や細胞の増殖を促す作用などによって、発毛作用が期待できます。

フィナロイドは国内で流通していないため、個人輸入するしかありません。インターネット上にさまざまな販売ページがありますが、偽物が届いたり詐欺にあったりするリスクが高いため、利用しないことが大切です。偽物のフィナロイドを使用することで重大な副作用が現れる恐れもあります。

フィナロイドとフィンペシアの違いは?

フィナロイドと似た薬にフィンペシアがあります。フィンペシアは、プロペシアのジェネリック医薬品で、主成分はフィナステリドです。プロペシアのジェネリック医薬品と言えば、日本ではフィナステリド錠1mg「トーワ」が有名ですが、世界ではフィンペシアやフィナロ、フィンカーなどが流通しています。

フィンペシアはインドのシプラ社が製造しています。シプラ社は、HIV治療薬を中心に約1,500種類以上もの治療薬を世界150ヶ国以上で販売していることが特徴です。フィンペシアはフィナロイドと同じくフィナステリドを主成分としているため、作用や副作用などはどちらも同じです。

フィナロイドとザガーロの違いは?

ザガーロは、本来アボルブという名称でグラクソスミスクライン社が製造販売していました。このときは前立腺肥大症の治療薬の扱いでしたが、髪を増やす作用が確認されたため、AGA治療薬としてザガーロの名称で再開発されたのです。

ザガーロの主成分のデュタステリドは、5αリダクターゼI型とII型の両方を阻害する薬です。AGAに関わるのは5αリダクターゼII型のみとされていましたが、I型も関与していることがわかっています。そのため、5αリダクターゼI型とII型の両方を阻害できるザガーロは、フィナロイドよりも高い作用が期待できます。

副作用は、性機能障害や肝機能障害など、フィナロイドと同じです。ただし、発生頻度などは異なります。

フィナロイドとプロペシアの違いは?

プロペシアは、本来は前立腺肥大治療薬としてプロスカーの名称で認可されていました。その後、AGAへの作用が認められたため、AGA治療薬として再開発されたのです。1997年にアメリカ食品医薬品局FDAからAGA治療薬として認可され、現在では世界60ヶ国以上で使用されています。

クリニックでAGA治療を受けるときは、まずプロペシアをすすめられることが多いでしょう。スタンダードなAGA治療薬として、多くのクリニックが取り扱っています。副作用はフィナロイドと同じく性機能障害や肝機能障害などです。

AGA治療薬「プロペシア」についてはこちら
AGA治療薬「プロペシア」についてはこちら

まとめ

フィナロイドは、フィナステリドを主成分とするAGA治療薬です。フィナステリドを含む治療薬は他にもあり、世界中で流通しています。ただし、フィナロイドは日本で流通していないため、個人輸入で入手するしかありません。しかし、個人輸入では偽物が送られてくるリスクがあるため、利用しないことが大切です。少しでも薄毛が気になったときは、まずはクリニックを受診しましょう。

AGA治療薬のおすすめ記事

おすすめ記事

人気記事

近くのクリニックを探す FIND YOUR CLINIC