1. AGAスキンクリニック(Aスキ)TOP
  2. AGAコラム一覧
  3. 治療薬
  4. 【医師監修】フィンペシアを飲む前に確認したい副作用と禁忌について

【医師監修】フィンペシアを飲む前に確認したい副作用と禁忌について

  • 作成日:2020年10月22日
  • 更新日:2021年2月12日
【医師監修】フィンペシアを飲む前に確認したい副作用と禁忌について

フィンペシアを飲む前に!副作用と禁忌

ハゲや薄毛で悩む男性は多く、さまざまな医薬品やケア用品を目にします。
医療機関でAGA治療を行っている方も増えており、プロペシアやミノキシジル、フィンペシアといったAGA治療薬がありますが、効果や副作用がよくわからないという方も多いのではないでしょうか?
ここでは、フィンペシアを飲む前に知っておきたい効果や副作用、禁忌などについて詳しくご紹介します。

フィンペシアとは?

フィンペシアとは、インドのシプラ社が製造販売するAGA治療薬で、プロペシアと同じくフィナステリドを主成分としています。シプラ社は、ほかにも抗生物質や抗がん剤などさまざまな薬を製造開発しており、インドでもジェネリック薬品の最大手の製薬会社です。

フィンペシアの効果

フィンペシアに含まれるフィナステリドには、5αリダクターゼII型の阻害作用があります。5αリダクターゼII型は、男性ホルモンのテストステロンと結びつき、ジヒドロテストステロンへと変化させます。
ジヒドロテストステロンは、髪の生成に深く関わる毛乳頭細胞の受容体に取り込まれると、脱毛シグナルを発信し、髪の成長を阻害するのです。そのため、フィンペシアで5αリダクターゼII型を阻害し、ジヒドロテストステロンを生成させないことがAGAの改善に繋がります。
フィンペシアを飲むことで、AGAの進行を抑えるとともに、AGAによる薄毛を改善させることが可能です。

フィンペシアの正しい飲み方

フィンペシアは、毎日1錠を継続的に飲むことで、AGAの改善効果を得られます。1日1錠が限度のため、飲み忘れた分を追加で飲んではいけません。フィンペシアの過剰摂取は、副作用のリスクを高めます。
飲み忘れないように、毎日同じ時間に飲むようにするといいでしょう。

フィンペシアの副作用

フィンペシアの副作用は、プロペシアの副作用と共通点があります。次のような副作用があるため妊活中の治療には向きません。妊活が終わるまではミノキシジルを使うなど、医師と治療方針を話し合って決めましょう。

精液の減少
精液量が減少する可能性があります。これは、ジヒドロテストステロンが生殖機能に関わる男性ホルモンであるためです。精液量の減少は、妊娠確率に関わるため注意しましょう。
性欲減退
性欲減退は、パートナーとのセックスに消極的になることに繋がるため、妊活に支障をきたします。
勃起不全
勃起しにくくなることで、セックスに支障をきたします。勃起しなければ膣へ挿入できず、射精に至ることも難しくなります。

フィンペシアの禁忌

フィンペシアの禁忌

フィンペシアは、前立腺がんの検査でチェックするPSAの値を下げるため、前立腺がんが見落とされる恐れがあります。そのため、前立腺がんの検査を受ける際は、必ず担当医にフィナステリド含有の薬を飲んでいることを伝えましょう。
また、フィンペシアは錠剤を割って飲んではいけません。薬は、胃や腸で溶ける時間を想定して作られているため、割ることで正しく効果が発揮されなくなる可能性があります。
フィンペシアは、20歳以上にしか安全性が認められていないため、未成年は服用してはいけません。さらに、女性や子供にも安全性が認められていないため注意しましょう。女性は、FAGAという女性男性型脱毛症になる場合がありますが、ミノキシジルなどフィナステリドが含まれていない薬を使用します。
女性が誤って飲まないように保管場所を分けたり、子供の手が届かない場所に保管したりしましょう。

飲み合わせについて

一緒に飲んではいけないもの
フィンペシアは、グレープフルーツジュースやお酒と一緒に飲まないようにしましょう。グレープフルーツには、フィナステリドを分解する酵素の働きを阻害する作用があるため、体内にフィナステリドの成分が長く残り、副作用のリスクが高まります。
また、お酒はフィナステリドと同じく肝臓で処理されるため、肝臓への負担が大きくなります。フィンペシアに限らず、基本的に薬は水や白湯で飲みましょう。
プロペシアとの併用は可能か
フィンペシアとプロペシアは、どちらも同じフィナステリドが含まれています。そのため、一緒に飲むことで効果と副作用の両方が高まります。しかし、効果が高まっても、副作用によって健康被害にあうリスクが高いため、併用はできません。
ミノキシジルとの併用は可能か
ミノキシジルは、フィナステリドと相乗効果や効果の抑制などの問題を起こさないため、併用しても問題ありません。ミノキシジルで血管を拡張させて頭皮への栄養の供給を高めるとともに、ジヒドロテストステロンの生成を阻害することで、より高い効果を実感できるでしょう。
そして、成分が重複しないため副作用が現れやすくなる心配もありません。安全に高い効果を得られる方法のため、医師と相談しつつ前向きに検討しましょう。

服用中止したらどうなるの?

フィンペシアの服用を中止した場合、5αリダクターゼII型を阻害できなくなるため、ジヒドロテストステロンが生成されて、結果的にAGAが進行します。AGAの進行を抑え、薄毛を改善したいのであれば、継続的に飲むことが大切です。

個人で購入するリスク

フィンペシアは、個人輸入で入手できます。薬局やドラッグストアでは販売されておらず、取り扱っているクリニックもそう多くありません。フィンペシアはプロペシアよりも安価なため、個人輸入してでも使用したい方もいるようです。しかし、個人輸入にはさまざまな危険が伴うため、安易に利用してはいけません。どのような危険性があるのか詳しくご紹介します。

偽物が届く可能性がある
個人輸入の場合、信頼性が高い会社と取引することができず、偽物が送られてくるリスクを伴います。言語の壁や知識の問題により、相手が信頼性の低い業者と見抜けず、含有量が少ないものや使用が禁止されている成分が含まれたものが送られてくる恐れがあるのです。
そうなれば、予期せぬ健康被害を受ける可能性があります。また、フィンペシアは飲み続けなければ効果を実感できないため、すぐに偽物かどうか見抜くことができません。たまたま効果が現れなかったと思い使い続けることで、さらに健康被害のリスクが高まります。
禁忌を十分に確認できない
フィンペシアを含む全ての薬には、禁忌が定められています。フィンペシアを飲んではいけない人が飲むことで予期せぬ健康被害が起こり、場合によっては生命に危険が及ぶ可能性があります。クリニックでフィンペシアを処方される場合は、必ず禁忌が確認されるため、そのような事態に繋がるリスクが少なくなっています。
また、前立腺がんの検査に支障があることにも気づけず、結果的に前立腺がんを見落とされる可能性もあるでしょう。

フィンペシアを手に入れるならクリニックが最も安全

フィンペシアを入手したいのであれば、クリニックで処方してもらいましょう。医師は、患者の既往歴や体質、ライフスタイルなど、さまざまなことを考慮して使用する薬を決定します。そのため、健康被害を受けるリスクがほとんどないのです。
もちろん、AGAの治療に特化した信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。

AGA治療薬「プロペシア」についてはこちら
AGA治療薬「プロペシア」についてはこちら

まとめ

フィンペシアはあまり知られていない薬ですが、プロペシアと同じフィナステリドが含まれています。費用を抑えたい場合は、フィンペシアを選ぶといいでしょう。そして、フィンペシアを使いたいのであれば、必ずクリニックを受診し、飲んでもいいか医師に判断してもらうことが大切です。安全にAGA治療薬を選び、治療を受けるようにしましょう。

AGA治療薬のおすすめ記事

おすすめ記事

人気記事

近くのクリニックを探す FIND YOUR CLINIC