まずはAGAに関する基礎知識を
しっかり身に付けましょう!

AGAコラム一覧

AGAコラム一覧

【医師監修】HARG(ハーグ)療法とは?治療方法と特徴を解説

【医師監修】HARG(ハーグ)療法とは?治療方法と特徴を解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

監修医師情報

田中 洋平

診療顧問

AGAスキンクリニック 診療顧問 田中 洋平

目次

  1. HARG(ハーグ)療法とは?治療方法と特徴を解説
  2. HARG(ハーグ)療法とは?
  3. HARG(ハーグ)療法はメソセラピーと違うの?
  4. HARG(ハーグ)療法の注意点は?
  5. HARG(ハーグ)療法の治療期間は?
  6. まとめ

HARG(ハーグ)療法とは?治療方法と特徴を解説

AGA治療と言えば、薬物療法やメソセラピー、自毛植毛などですが、近年AGA治療の1つとしてHARG療法が登場しました。HARG療法は、薬物療法とは異なり、一定期間の治療を受けることで自然に髪が生えるようになるとされています。ここでは、HARG療法の特徴やメリットとデメリット、注意点などについて詳しくご紹介します。

HARG(ハーグ)療法とは?

HARG療法は、Hair Re-generative therapyの略称で、毛髪再生治療を指します。HARGカクテルと呼ばれる薬剤を頭皮に直接注入することで、髪の成長力を高めます。それでは、HARG療法の特徴やメリット、デメリットについて詳しくみていきましょう。

■HARG(ハーグ)療法の特徴について

HARG療法は、発毛組織に働きかけることでヘアサイクルを整え、髪の成長力を取り戻すことが特徴です。使用するHARGカクテルには、幹細胞から抽出した150種類以上の成長因子が含まれています。

さらに、髪の成長に欠かせないビタミンBやシステイン、ブフロメシルなども配合しており、毛母細胞を強く刺激することで発毛作用をもたらすのです。

■HARG(ハーグ)療法のメリットは?

HARG療法のメリットは、一定期間の治療を受けたあとは放置できることです。薬物療法では、薬の服用を続けなければなりませんし、服用をやめると再びAGAが進行する恐れがあります。しかし、HARG療法は一定期間の治療の後、年1~2回のメンテナンスで毛髪を維持できるのです。

短期間で何回も通院する必要がないため、トータル的なコストを抑えられます。また、通院する手間や時間、交通費なども削減できるでしょう。そのほか、薬を飲み忘れてAGAが再び進行するといった心配もありません。毛髪を一時的に再生させるのではなく、本来の能力を取り戻す治療のため、従来の治療法とは大きく異なります。

■HARG(ハーグ)療法にデメリットはある?

HARG療法にデメリットはありません。強いて言えば、一時的に支払う費用が薬物療法と比べて高いことです。しかし、薬物療法は継続的に受ける必要があるため、トータルコストで言えばHARG療法の方が安いでしょう。

また、頭皮に注入するときに痛みを感じることもデメリットです。しかし、多くのクリニックでは痛みの少ないHARG療法が可能なため、大きなデメリットとは言えません。このように、HARG療法は目立ったデメリットがなく、メリットが大きい治療法です。

HARG(ハーグ)療法はメソセラピーと違うの?

HARG療法とメソセラピー治療は、どちらも頭皮に薬剤を注入する点では似ています。HARG療法で使用するHARGカクテルは、成分構成が決まっています。そのため、クリニックによって治療結果に大きな差が生じないのです。

一方、メソセラピー治療には定義がないため、クリニックによって使用薬剤が異なります。メソセラピー治療との違いは、使用する薬剤だけです。

HARG(ハーグ)療法の注意点は?

HARG療法では、抽出した脂肪幹細胞を培養して得たAAPEパウダーを使用します。感染症対策ができているうえに、アレルギーや発がん性などの心配もありません。副作用もないため、安心して受けられるでしょう。

ただし、治療後は施術部位から若干の出血がみられる場合があります。これは、注射によって出たもののため、心配はいりません。また、HARG療法を受けた後は、カラーやパーマを2週間控える必要があります。

HARG(ハーグ)療法の治療期間は?

HARG(ハーグ)療法の治療期間は?

HARG療法の治療期間は、約5~6ヵ月です。3週間から4週間に1回の頻度で治療を受けて、6回続けます。治療を受けてから3ヵ月で作用を実感できた人もいます。あとは、1年に1~2回のメンテナンスを受ければ、毛の成長力を維持できるでしょう。

また、HARG療法は薬物療法との併用が可能です。HARG療法だけでは十分に改善しなかった場合には、薬物療法との併用を検討しましょう。この場合は、治療期間がどうしても長くなります。

HARG療法は万能ではありませんが、多くの人に作用が期待できる治療法です。薬物療法を受ける前にHARG療法を受けることを検討しましょう。複数の治療法を組み合わせることで、AGAの効率的な改善が期待できます。

まとめ

HARG療法は、毛の再生力を高めることで薄毛を改善する治療法です。従来の薬物療法では、毛の成長を促したり、AGAの原因にアプローチしたりします。HARG療法は全く異なるメカニズムで、薄毛にアプローチできるのです。HARG療法を検討している方は、実績が豊富で信頼できるクリニックを受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事