1. AGAスキンクリニック(Aスキ)TOP
  2. AGAコラム一覧
  3. 治療薬
  4. 【医師監修】フィンペシアの効果は?知っておくべき副作用と注意点について

【医師監修】フィンペシアの効果は?知っておくべき副作用と注意点について

  • 作成日:2020年10月22日
  • 更新日:2021年2月12日
【医師監修】フィンペシアの効果は?知っておくべき副作用と注意点について

フィンペシアの効果とは?副作用と注意点について解説

AGAの治療に使用される薬と言えば、プロペシアやザガーロなどをイメージする方が多いのではないでしょうか。実は、そのほかにも、さまざまなAGA治療薬があります。その1つがフィンペシアです。ここでは、フィンペシアの効果や安全性、飲み方、副作用などについて詳しくご紹介します。

フィンペシアの効果とは?

フィンペシアとは、インドの製薬会社「シプラ社」が製造販売しているAGA治療薬です。プロペシアと同じくフィナステリドを有効成分として含み、同等の効果が期待できます。フィンペシアの効果は、5αリダクターゼII型を阻害し、ジヒドロテストステロンの生成を抑えてAGAの進行を遅らせるものです。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼII型と結合して作られるホルモンで、毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体に取り込まれることで、ヘアサイクルを乱す信号を発信します。

髪は、一定のサイクルで成長と生え変わりを繰り返していますが、AGAになると成長期が短縮され、短くて細い髪が増えてしまうのです。フィンペシアは、ジヒドロテストステロンに根本から対処できるため、AGAの進行を遅らせることができます。

継続的に服用することで効果が期待できる薬のため、飲み忘れに注意が必要です。また、プロペシアやザガーロなど、効果に重複する部分がある薬は併用できません。併用するかどうかは、予算や薄毛の進行状況などで変わってくるため、まずは医師に相談しましょう。

フィンペシアの安全性について

フィンペシアは、フィナステリドを有効成分とするプロペシアと同等の効果が期待でき、安全性も同等と考えられます。しかし、海外から個人輸入した場合は、偽物が送られてくる場合があるため注意が必要です。本物のフィンペシアであれば、安全性に問題はありません。

また、フィンペシアに使用されているコーティング剤「キノリンイエロー」が発がん性物質であるとの噂があります。海外では、過去に自主規制対象になりましたが、日本では使用量に制限したうえで使用が認められています。

ごく微量であれば、人体に悪影響は及ばないというのが、一般的な見解です。また、現在ではシプラ社のフィンペシアにキノリンイエローは使用されていません。過去に製造されたものには使用されているため、気になる方は避けた方がいいでしょう。

フィンペシアの飲み方・服用方法について

フィンペシアは錠剤で、1日1回服用します。多量に服用してもAGAの治療効果が上がるわけではないため注意が必要です。むしろ、副作用が現れやすくなり、健康被害につながるおそれがあります。また、飲むタイミングに指定はありませんが、飲み忘れないように毎日同じタイミングで飲むことをおすすめします。

フィンペシア服用による副作用

フィンペシア服用による副作用

フィンペシアには、さまざまな副作用があります。ただし、服用すれば必ず副作用が現れるわけではありません。フィンペシアの副作用について詳しくみていきましょう。

副作用①精力の減退(ED)
勃起機能不全や性欲減退などによって、男性不妊になる場合があります。ジヒドロテストステロンは性機能に関係するホルモンのため、このような副作用が起こる可能性があるのです。
副作用②精液量の減少
精液量が減少することで、男性不妊になる場合があります。
副作用③初期脱毛
フィンペシアを服用後しばらく経つと、一時的に髪が抜ける場合がありますが、自然に治まるため心配はいりません。服用をやめると効果を得られなくなるため注意が必要です。
副作用④抑うつ
抑うつ状態となり、気分が沈んだりネガティブ思考になったりする場合があります。
副作用⑤肝機能障害
肝機能が低下している方が服用すると、肝機能障害が起こるおそれがあるため、事前に医師に伝えておくことが大切です。

フィンペシアの入手方法と注意点について

フィンペシアはクリニックで処方されますが、取り扱いのあるクリニックはそれほど多くありません。プロペシアやザガーロが主に処方されています。また、フィンペシアは自分で個人輸入することも可能ですが、おすすめはできません。フィンペシアの入手方法と使用上の注意点について詳しくご紹介します。

個人輸入の危険性

フィンペシアは、海外の業者から直接輸入することが可能です。しかし、個人輸入はさまざまリスクがあるため、利用しないことをおすすめします。個人輸入の危険性が高い理由を詳しくみていきましょう。

偽物が送られてくる可能性がある
個人輸入では、偽物が送られてくるリスクがあります。言語の問題もあるため、業者の信頼性を見抜くことは容易ではありません。また、送られてきたフィンペシアが偽物かどうか見抜くことも困難です。偽物を服用した結果、健康被害にあうおそれがあります。
薬品副作用被害救済制度を利用できない
個人輸入で入手した薬で副作用被害を受けても、医薬品副作用被害救済制度は利用できません。同制度は、副作用による健康被害で医療を受けたときにかかった費用の助成や医療手当の支給を受けられます。個人輸入で手に入れたフィンペシアで健康被害を受けても、この補償を受けられません。
個人輸入代行サイトにも注意
フィンペシアの個人輸入を代行する業者が存在し、日本語でサポートを受けられるため、スムーズに薬を個人輸入することが可能です。しかし、中には信頼できない個人輸入代行サイトもあるため注意が必要です。取引業者が信頼できる業者であるとも限りません。

個人輸入代行サイトを利用しても、フィンペシアの個人輸入のリスクは低減しないため、やはりクリニックで処方してもらう必要があります。

女性の使用について

フィンペシアの有効成分はフィナステリドです。フィナステリドは、女性や子どもへの安全性が不明なため、使用できません。また、妊娠初期に内服すると、男性の胎児の外性器の発達に悪影響を及ぼすおそれがあります。

また、皮膚からも吸収されるといわれているため、触れることも避けた方がいいでしょう。家族に女性がいる方は、誤って触れないように保管する必要があります。

献血できない

フィンペシアを服用している場合は、休薬から1ヶ月以上が経過しないと献血できません。

前立腺がんの腫瘍マーカーへの影響

前立腺がんの腫瘍マーカーの数値を2分の1に低下させることがわかっているため、検査を受ける際には医師にフィンペシアを服用中であることを伝えましょう。伝えずに検査を受けると、前立腺がんの見落としにつながるおそれがあります。

まとめ

フィンペシアは、プロペシアと比べると知名度が低いですが、有効成分はプロペシアと同じフィナステリドです。そのため、AGAの進行を遅らせる効果が期待できます。薄毛が気になったら、まずはクリニックを受診しましょう。治療が必要と判断されれば、フィンペシアを含めて使用する薬を提案してもらえます。

AGA治療薬「プロペシア」についてはこちら
AGA治療薬「プロペシア」についてはこちら

AGA治療薬のおすすめ記事

おすすめ記事

人気記事

近くのクリニックを探す FIND YOUR CLINIC