まずはAGAに関する基礎知識を
しっかり身に付けましょう!

AGAコラム一覧

AGAコラム一覧

【医師監修】脂漏性皮膚炎とは AGAとの関係について

【医師監修】脂漏性皮膚炎とは AGAとの関係について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

監修医師情報

田中 洋平

診療顧問

AGAスキンクリニック 診療顧問 田中 洋平

目次

  1. 脂漏性皮膚炎とは-AGAとの関係について
  2. 脂漏性皮膚炎とは?
  3. 脂漏性皮膚炎の原因
  4. 根本原因について
  5. 脂漏性皮膚炎とAGAに関係の関係について
  6. 不安な場合はクリニックで相談を
  7. まとめ

脂漏性皮膚炎とは-AGAとの関係について

頭皮にかゆみやフケ、赤みなどの症状が現れた場合は、脂漏性皮膚炎を疑いましょう。脂漏性皮膚炎を放置すると、抜け毛が増える可能性があります。AGAと同じく、結果的に頭皮が透けてみえたり、部分的に髪がなくなったりする場合もあるでしょう。ここでは、脂漏性皮膚炎の症状や原因、AGAとの関係などについて詳しくご紹介します。

脂漏性皮膚炎とは?

脂漏性皮膚炎とは、頭皮に赤みやフケ、かゆみなどの症状が現れる病気です。普段から頭皮がベタついている方は、放置すると脂漏性皮膚炎になる可能性があります。頭皮は常に外気に触れているため、頭皮環境が悪くなると刺激によって炎症が起こりやすい部位です。

また、頭皮のベタつきが気になるからといってゴシゴシ洗ったり、洗浄力が強すぎるシャンプーを使ったりしている人は、脂漏性皮膚炎になりやすい可能性があります。

脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎の原因は詳しくはわかっていませんが、頭皮にいるマラセチア菌というカビの一種が異常に増えるためという説が有力です。マラセチア菌は、普段はトラブルを起こしませんが、皮脂をエサにして急激に増えると、頭皮に炎症を引き起こします。

根本原因について

円形脱毛症の治療方法は?

脂漏性皮膚炎を改善したいときは、根本的な原因に注目しましょう。脂漏性皮膚炎の根本的な原因は、マラセチア菌の増殖に必要な皮脂が過剰に増えることです。皮脂が増加する原因を詳しくみていきましょう。

・間違ったヘアケア
マラセチア菌のエサになる皮脂ですが、実は頭皮を刺激から守る役割を果たしています。そのため、適度な皮脂量を保つことが大切です。とはいえ、十分にシャンプーをしないと皮脂汚れが頭皮に残り、マラセチア菌のエサになります。反対に、過剰なシャンプーも皮脂が増える原因です。過剰なシャンプーは、皮脂を洗い流しすぎてしまうため、頭皮の乾燥を招きます。
頭皮が乾燥すると、皮脂不足を身体が感知して、皮脂を過剰に分泌してしまうのです。
・脂っこい食事
揚げ物や多量のドレッシングを使うサラダなどを頻繁に食べると、カロリー過多になります。過剰なカロリー摂取は、中性脂肪を増やして肥満を招きます。肥満になると、頭皮からの皮脂分泌が増加するため、脂漏性皮膚炎のリスクが上がるのです。一度、太ると元の体型に戻すことはが難しいでしょう。
消費カロリーに対して摂取カロリーが大きくなりすぎないように、脂っこい食事を避けるなど普段から注意が必要です。
・睡眠不足
睡眠不足は、成長ホルモンの分泌を滞らせることで、頭皮のターンオーバーに悪影響を及ぼします。ターンオーバーとは、皮膚の生まれ変わりのことです。ターンオーバーが一定の周期で行われることで、健康な頭皮を維持できます。
夜更かしをしたり、睡眠の質を低下させるような行動をとったりすると、睡眠時間が足りていても寝不足になります。寝る前のスマホ操作や激しい運動などは避け、深い眠りに入れる環境を整えましょう。
・ストレス
ストレスが溜まると男性ホルモンが過剰になり、皮脂の分泌が活発になります。日々、強いストレスを受けている人は、脂漏性皮膚炎のリスクが高いのです。良質な睡眠や適度な運動、カラオケなどの趣味でストレスを発散させましょう。
また、思い込みが激しくストレスを受けやすい方は、カウンセリングを受けてみるのも1つの手段です。日々のストレスを減らしながら、こまめに対処することが大切です。

脂漏性皮膚炎とAGAに関係の関係について

それでは、脂漏性皮膚炎とAGA、薄毛の関係について詳しくみていきましょう。

・脂漏性皮膚炎と薄毛の関係
脂漏性皮膚炎が起きただけでは、抜け毛が増えることはありません。ただし、かゆみによって頭皮をかきむしると、毛が抜けてしまうでしょう。また、毛穴に炎症が起こると、発毛に何らかの影響が及ぶ恐れがあります。ここで覚えておきたいのは、脂漏性皮膚炎によって抜けた毛は、再び生えてくることです。
脂漏性皮膚炎で髪が抜けても、そのまま薄毛が進行する心配はありません。しかし、炎症が治まるまでは、健康な髪が生えづらくなるでしょう。
・脂漏性皮膚炎とAGAの関係
AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、男性ホルモンのテストステロンと頭皮の5αリダクターゼII型が発症に関係しています。従って、脂漏性皮膚炎とAGAに直接の関係はありません。AGAの発症と皮脂は関係がないといわれていますが、皮脂の過剰分泌を招くようなヘアケアや生活習慣は、AGAのリスクを高める可能性があります。
例えば、睡眠不足はホルモンバランスを乱すことで、男性ホルモンによる影響が強くなる恐れがあるでしょう。脂漏性皮膚炎になったら、ヘアケアや生活習慣を見直すことが大切です。

不安な場合はクリニックで相談を

脂漏性皮膚炎の症状が現れたら、クリニックで医師に相談することをおすすめします。脂漏性皮膚炎は、自宅でのケアだけでは改善しない可能性があります。マラセチア菌を減らすための抗真菌薬を含むシャンプーや内服薬などで治療を進めてくれるはずです。脂漏性皮膚炎が疑われるときは、皮膚科を受診しましょう。

AGAも気になる場合は、AGAクリニックでの受診をおすすめします。脂漏性皮膚炎の診察も可能ですし、AGAであれば速やかに治療を開始してもらえます。

AGAには、ミノキシジルやプロペシアなどによる薬物療法、頭皮に薬剤を注射するメソセラピーなどさまざまな治療法があります。AGAクリニックなら、幅広い選択肢の中から自分に合った治療計画を立ててくれるでしょう。

まとめ

頭皮の赤みやかゆみ、フケなどの症状に悩まされている方は、早めにクリニックを受診しましょう。脂漏性皮膚炎は、放置すると毛穴に炎症が起きて抜け毛に繋がる恐れがあります。進行することはないにしても、症状が改善するまでは髪の量が少ないままになるでしょう。また、脂漏性皮膚炎に隠れたAGAのサインを見逃す可能性もあります。まずは、皮膚科やAGAクリニックを受診して診断を受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おすすめ記事