1. AGAスキンクリニック(Aスキ)TOP
  2. AGAコラム一覧
  3. 病気
  4. 【医師監修】壮年性脱毛症(男性型脱毛症)とは?AGAとの違いや原因・対策を徹底解説

【医師監修】壮年性脱毛症(男性型脱毛症)とは?AGAとの違いや原因・対策を徹底解説

  • 作成日:2020年9月18日
  • 更新日:2020年9月18日
【医師監修】壮年性脱毛症(男性型脱毛症)とは?AGAとの違いや原因・対策を徹底解説

壮年性脱毛症(男性型脱毛症)とは?AGAとの違いや原因・対策を徹底解説

壮年(そうねん)性脱毛症とAGAの違いが気になっている方は多いのではないでしょうか。正しく対策することで将来的に薄毛を抑えられる可能性があるため、それぞれの特徴や違いについて確認しておくことが大切です。ここでは、壮年性脱毛症とAGAの違いや原因、対策について詳しくご紹介します。

壮年性脱毛症とは?

壮年性脱毛症とは、思春期以降に見られる脱毛症状で、薄毛の範囲が広がっていくことが特徴です。

壮年性脱毛症とAGAの違いは?

それでは、壮年性脱毛症とAGAに違いはあるのでしょうか。壮年性脱毛症は、AGAに分類されます。つまり、どちらも同じものと考えていいでしょう。そのため、原因や対策も共通しています。

壮年性脱毛症のメカニズムについて

壮年性脱毛症のメカニズムは次のとおりです。

(1)男性ホルモンのテストステロンが頭皮の5αリダクターゼと結びつき、ジヒドロテストステロンに変化する
(2)ジヒドロテストステロンが頭皮の毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターに取り込まれる
(3)脱毛を引き起こすシグナルを出す
(4)髪の成長期が短縮され、短くて弱々しい髪が増える
(5)前髪の生え際や頭頂部の髪が薄くなる
(6)放置すると薄毛の範囲が広がる

髪は、毛周期と呼ばれる生え変わりのサイクルにより、発毛と脱毛を繰り返しています。髪が伸びる成長期、成長が止まる退行期、脱毛の準備が進む休止期を経て脱毛します。壮年性脱毛症になると成長期が短縮されるため、十分に育っていない髪が増えるのです。

壮年性脱毛症の原因

壮年性脱毛症は、次の原因が重なることで発症します。

原因①栄養バランスの偏った食生活

栄養バランスが偏っていると、髪の成長に必要な栄養が不足します。髪の成長に必要な栄養素は、タンパク質やビタミン類、亜鉛などです。タンパク質は肉や魚、大豆、ビタミン類は緑黄色野菜や果物、亜鉛は牡蠣や牛もも肉などに多く含まれています。

これらの食べ物を摂らず極端に避けていると、髪に必要な栄養が不足します。また、髪だけではなく、皮膚や臓器などを作るためにもさまざまな栄養が必要なため、健康状態に問題が起こる可能性もあるでしょう。

コンビニ食や外食が多い方は、栄養バランスが偏りがちです。特に、ファストフードを好む方はビタミン類やミネラルが不足しやすい傾向があります。また、残業で帰りが遅くなるために自炊をする時間がない方も、栄養バランスが偏りやすいでしょう。

原因②ストレスを抱え込みやすい

ストレスは、自律神経のバランスを崩します。自律神経は、血管の収縮と拡張に関わっており、ストレスが溜まると交感神経が過剰に働きます。交感神経が働くと血管が収縮するため、血流が悪化して頭皮への栄養の供給が低下するのです。

ストレスを抱え込みやすい性格の方は、壮年性脱毛症のリスクが高まるので注意しましょう。また、ストレスを発散する術を持たない方も注意が必要です。毎日忙しすぎてストレスに対して鈍感になっている方は、ストレスが髪や頭皮の健康を悪化させるだけではなく、全身の健康にも悪影響を及ぼすため、ストレスケアを心がけましょう。

壮年性脱毛症を改善するためのポイント

壮年性脱毛症を改善するためのポイント

それでは、壮年性脱毛はどのように改善すればいいのでしょうか。次のような改善方法があります。

ポイント①発毛剤・育毛剤による治療

発毛剤で髪の成長を促す治療や、頭皮環境を整える育毛剤によるケアなどがあります。発毛剤は、薬局やドラッグストアでも購入できますが、クリニックで診断を受けておくことが必要です。また、育毛剤は頭皮環境を整える効果に留まるため、それだけで壮年性脱毛を改善できるとは限りません。

例えば、栄養バランスの偏りが原因の場合は、育毛剤でケアをしても改善は期待できないですが、育毛剤を使うことで頭皮環境の悪化を防げる可能性はあるため、日常的に使用することをおすすめします。

育毛剤の種類はさまざまです。なかには、自分の頭皮に合わない育毛剤があるかもしれませんので、刺激を感じた場合は使用を中止しましょう。

ポイント②生活習慣の改善

頭皮と髪の健康を保つために、生活習慣の改善は必須でしょう。睡眠不足は髪の成長や頭皮のターンオーバーに支障をきたします。良質な睡眠をとるために、寝る前のスマホやテレビは控えることが大切です。また、寝る2時間前にぬるめの湯にゆっくりつかって身体を温めるのもいいでしょう。2時間程度が経つと、体温が下がり、眠気が起きて寝つきやすくなります。

ポイント③食生活の改善

健康な髪や頭皮を保つために、さまざまな栄養をバランスよくとりましょう。肉や魚、緑黄色野菜、果物など、さまざまな食品を食事に取り入れてください。嫌いな野菜を無理に食べる必要はありません。同じ栄養が含まれている別の食品を食べれば、その栄養を補えます。

また、栄養がどうしても偏りがちな方は、サプリで補うのもいいでしょう。ただし、サプリは栄養の含有量が多いため、目安量を守って飲むことが大切です。また、複数の栄養が含まれているサプリを選ぶときは、自分の栄養状態をある程度把握しておくことが大切です。栄養によっては、過剰にとると健康に悪影響が及びます。

ポイント④ストレスケア

ストレスによる頭皮への血行不良を防ぐために、ストレスケアを心がけましょう。ストレスケアの方法は、良質な睡眠や適度な運動、趣味への没頭、カラオケなどです。しかし、忙しくてストレスケアができない方もいるでしょう。

その場合は、短時間でもストレスを発散できる方法を見つけることが大切です。例えば、1日1時間は好きなことをして過ごしたり、毎日ドラマを1話だけ見て寝たりする方法があります。

ストレスは溜まる前に解消させることが大切です。ストレスが溜まりすぎると、解消させることが難しくなります。また、ストレスを受けにくい考え方を身につけることも必要です。自分に非がないのに責任を感じたり、人に気をつかいすぎたりすることは避けたいところです。

薄毛が気になる方は、早めに専門医に相談しよう

薄毛が気になる方は、早めに専門医に相談しましょう。壮年性脱毛症は、早めに治療を受けることで薄毛の範囲が広がるのを抑えられます。放置すると薄毛が広がって大きなストレスを感じる可能性があります。また、進行した壮年性脱毛症は治療に時間がかかるため、治療費も高くつきます。薄毛が少しでも気になったら、早めにクリニックを受診しましょう。

まとめ

壮年性脱毛症は、ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターに取り込まれ、脱毛シグナルを出すことで薄毛を引き起こします。ジヒドロテストステロンの生成を抑えたり発毛を促したりして、進行を遅らせることが可能です。自宅でのケアに加えて、クリニックでの治療を受けることで、大きな悩みになる前に対処できます。壮年性脱毛症が気になる方は、早めにクリニックを受診しましょう。

薄毛・脱毛の病気のおすすめ記事

おすすめ記事

人気記事

近くのクリニックを探す FIND YOUR CLINIC