1. AGAスキンクリニックTOP
  2. AGAコラム一覧
  3. 基礎知識
  4. 【医師監修】毛周期(ヘアサイクル)とは?AGAとの関係について

【医師監修】毛周期(ヘアサイクル)とは?AGAとの関係について

  • 作成日:2020年11月30日
  • 更新日:2020年11月30日
【医師監修】毛周期(ヘアサイクル)とは?AGAとの関係について

毛周期(ヘアサイクル)とは?AGAに関係はあるの?

AGAによる薄毛が気になる方は、毛周期(ヘアサイクル)について確認しておくことが大切です。AGAでは、ヘアサイクルが乱れることで結果的に薄毛になります。また、ヘアサイクルは毛が抜けることと深く関係しています。ここでは、毛周期(ヘアサイクル)とは何か、AGAとの関係を含めて詳しくご紹介します。

毛周期(ヘアサイクル)とは?

毛周期とは、髪が生えて抜け落ち、再び生えてくる周期のことです。毛周期は、毛1本ずつ異なります。ヘアサイクルは、男性が3~5年、女性が4~6年が1サイクルといわれています。それでは、毛周期を構成する3つの段階を詳しくご紹介します。

成長期

成長期とは、髪が成長する段階のことです。髪は、毛母細胞が分裂することで生成されます。この毛母細胞の分裂が活発なため、髪がどんどん成長するのです。成長期の髪は全体の85~90%とされています。また、髪は1日0.3~0.4mm成長し、1年で約15cm伸びます。

退行期

退行期は、成長期の次の段階です。毛母細胞の分裂には、毛乳頭細胞からの指令や栄養の供給が欠かせません。この毛乳頭細胞の働きが低下すると、髪が成長しづらくなります。退行期では、毛乳頭細胞が毛母細胞から離れます。

離れることで指令や栄養の供給が弱まり、髪の成長が遅くなるのです。退行期は2~3週間で、髪全体の約1%を占めます。

休止期

休止期は、髪の成長が完全に止まった状態です。毛乳頭細胞が縮小して指令や栄養の供給が止まります。これが2~3ヶ月続くとされています。休止期の髪が占める割合は全体の10~20%です。

やがて、発生期へと進み、毛乳頭細胞が活動を再開すると、新しい毛が古い毛を押し出すように生えてきて、古い毛が自然に抜けます。

乱れた毛周期(ヘアサイクル)とは?

ヘアサイクルが乱れた状態とは、成長期が短縮された状態を指します。髪がどんどん伸びるのは成長期のためで、ヘアサイクルが乱れると髪が十分に育ちません。短いうえに細い髪が増えてしまいます。

そのような髪が部分的に増えると、そこは地肌が透けて見えるようになるでしょう。これが、いわゆる薄毛の状態です。

一日に抜ける髪の毛の量は?

髪は、ヘアサイクルの関係で1日に50~100本抜けるといわれています。これは、自然に抜けたもののため心配はいりません。しかし、明らかに抜け毛が増えたと感じた場合は、頭皮や髪に何らかの問題が起きている可能性があります。
例えば、いつも以上に排水口の髪がつまったり、寝具に多量の髪がついたりした場合は、抜け毛が増えていると言えるでしょう。

毛周期(ヘアサイクル)はなぜ乱れるの?

毛周期(ヘアサイクル)はなぜ乱れるの?

それでは、毛周期はなぜ乱れるのか詳しくみていきましょう。

生活習慣の乱れ

睡眠不足や喫煙、過度の飲酒などの生活習慣の乱れは、毛周期が乱れる原因です。睡眠不足だと、髪の生成に必要な成長ホルモンの分泌が滞ります。成長ホルモンは、良質な睡眠をとることで分泌されるため、睡眠不足はヘアサイクルの乱れを招くのです。

また、喫煙はニコチンの作用で血管が収縮し、頭皮への血流が低下します。その結果、毛乳頭細胞への栄養の供給が低下して、毛母細胞の分裂に問題が生じます。そして、過度な飲酒は、髪の生成に必要な亜鉛を消費することで栄養不足を招くのです。

このように、生活習慣が乱れている人はヘアサイクルも乱れる恐れがあります。

栄養不足

髪の生成には、主成分のタンパク質のほか、ビタミンやミネラルが必要です。例えば、ビタミンB2やB6は、代謝に関わります。また、ビタミンEは血行促進、亜鉛は髪の主成分ケラチンの合成をサポートします。さまざまな栄養をバランスよくとることで、髪を生成する準備が整うのです。

栄養不足の原因には、外食やコンビニ食の頻度が多いことが挙げられます。仕事が忙しくて自炊する時間がなかったり、レトルト食品で済ませたりすると、栄養不足になりやすいでしょう。

ストレス

友人とのトラブルや仕事の疲れ、育児疲れなど、さまざまな原因があります。また、責任感が強かったり自分の意見を言えなかったりなど、性格に起因するストレスもあるでしょう。

ストレスを受けると、自律神経のうち交感神経が優位になります。交感神経が優位になると血管が収縮し、毛乳頭細胞への栄養の供給が低下するのです。ストレスは、仕事や日常生活など、さまざまな場面で受けるため、十分に対策したいところでしょう。

AGAは毛周期(ヘアサイクル)の乱れの原因に

AGAは、毛周期を乱す大きな原因の1つです。男性ホルモンのテストステロンが頭皮に分布する5αリダクターゼという酵素と結合し、ジヒドロテストステロンになることが発症に関係しています。

ジヒドロテストステロンは、毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体に取り込まれ、脱毛シグナルを発信して、毛周期のうち成長期を短縮させるのです。成長期が短縮されると、退行期へと早くに移行して、成長が遅くなります。

その結果、十分に育っていない髪が増えて、その部分が薄毛になるのです。AGAは放置すると進行する可能性があるため、できるだけ早く対処する必要があります。睡眠不足や栄養不足、ストレスなどによるヘアサイクルの乱れは、それぞれ自分で対処することが可能です。

しかし、ジヒドロテストステロンが生成される問題については、自分では対処できません。クリニックを受診して、プロペシアやザガーロなどの薬で対処する必要があります。また、薬は1回きりではなく、継続的に飲むことでAGAの進行抑制が期待できるため、根気よく治療を続ける必要があります。

まとめ

毛周期は、1本ごとに異なります。そのため、すべての毛が一気に抜ける心配はありません。毛周期を整えるために、生活習慣や食生活などを見直しつつ、ストレスを発散することが大切です。また、AGAではヘアサイクルが乱れてしまうため、前髪の生え際が後退したり頭頂部が薄くなったりしたときは、できるだけ早くクリニックを受診してください。

AGA基礎知識のおすすめ記事

おすすめ記事

人気記事

近くのクリニックを探す FIND YOUR CLINIC