治療について

ザガーロによる治療

新しいAGA治療薬として「ザガーロ」が注目を集めています。

これまでAGA患者さまの多くに処方されてきた治療薬「プロペシア」と比較しながら、ザガーロの効果や成分、効果期間や注意点などについて詳しく紹介します。ザガーロに関心がある、使ってみたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

新・AGA治療薬「ザガーロ」とは

ザガーロ

デュタステリドを主成分としたザガーロはプロペシア同様、AGA発症の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する働きがあります。プロペシアに続きAGA治療薬として厚生労働省に認可されました。

ザガーロの特徴は、DHTに変換する原因となる5αリダクターゼの「Ⅰ型」「Ⅱ型」どちらも阻害してくれるということ。従来はⅡ型が主な原因とされていたのですが、プロペシアでは効果が見られなかった薄毛患者がⅠ型も阻害してくれるザガーロで発毛効果を得られたという例があり、注目が高まっているのです。

今までプロペシアでは思うような効果が見られなかった方にも有効といえるでしょう。

ザガーロに含まれるデュタステリドとは

主成分デュタステリドは、日本では「アボルブ」として前立腺肥大の治療薬と同時に、AGA治療にも効果があるとして知られていました。(海外ではアボダートとして発売)2009年に「アボルブ」の名で前立腺肥大症の治療薬としてのみ承認されており、「ザガーロ」は2015年にAGA治療薬として承認されました。

ザガーロとプロペシアは何が違うの?

成分特徴による違い

プロペシアの主な有効成分はフィナステリド、ザガーロの主な有効成分はデュタステリドです。フィナステリドは主にⅡ型の5αリダクターゼを抑制する働きをし、デュタステリドはⅠ型・Ⅱ型のどちらも抑制すると考えられています。作用する範囲が、頭頂部や前頭部に多く存在するといわれるⅡ型だけではないため、ザガーロはプロペシアよりもさまざまなケースの薄毛の改善効果に期待できます。

  • ■プロペシア

    プロペシア
  • ■ザガーロ

    ザガーロ
効果効能による違い

プロペシアの効果効能として期待されているのは「男性型脱毛症の進行遅延」です。症状の悪化を防いで進行を遅らせることが主目的であるため、根本的に改善するにはほかの方法も取り入れる必要があるといえます。

それに対し、ザガーロの効果効能として期待されているのは「男性型脱毛症の改善」です。症状の悪化を防ぐとともに、気になる薄毛部分を改善する働きも認められています。作用の強さは人それぞれの体質によりますが、ザガーロは薄毛治療に大きな役割を果たすといえるでしょう。

効果が出る期間による違い

プロペシアを服用し始めてから変化を感じるまでは、早い人で3か月ほど、目安としては半年ほどといわれています。一方ザガーロを服用し始めてから変化を感じるまでは、半年から1年ほどと少し長めです。これには、ザガーロが作用するヘアサイクルが関係しています。

髪の毛は通常、成長期・退行期・休止期と呼ばれるサイクルを繰り返しています。成長期(2~6年ほど)で新しい髪の毛が生えてきて成長し、退行期(2週間ほど)でだんだん成長が弱くなり、休止期(3~4か月ほど)で成長が止まって抜け落ちます。AGAにかかると、このサイクルが乱れて成長期が短くなるため、髪の毛が育ちきる前に抜けてしまうのです。

ザガーロの効果によって、乱れたヘアサイクルが通常に戻ったとしても、新しく髪の毛が成長するには時間を要します。変化がないからといって、短期間で「効果なしだった……」と考えてやめるのではなく、長い目で見て服用を続けることが大切です。

毛髪数はフィナステリドの約1.6倍増加

デュタステリドを主成分とした「ザガーロ」を例に、実際にどのくらい効果が違うのか国際共同試験が行われました。これはAGA患者917人(日本人を含むアジア人が507人)を対象とした「ザガーロ」と「プロペシア」の効果を投与から24週時で頭皮中のDHT濃度を測定し比較したものです。

その結果、頭頂部の毛髪数、毛髪の太さ、硬毛数においてザガーロが1.6倍上回るという結果となりました。これにより、Ⅱ型だけを阻害するプロペシアと比べて、Ⅰ・Ⅱ型とも阻害することが出来るザガーロの方がDHTを強く抑制出来ていることが分かります。

  • 毛髪数の変化量の推移
  • 毛髪数の太さの変化量
  • 硬毛数の変化量

※プラセボとは有効成分を含まない錠剤のこと
※国際共同試験(グラクソ・スミスクラ イン「製品情報概要」)から引用

ザガーロの服用法とは?

1日に1回、1錠を服用します。食事の影響は受けないため、自分の飲みやすいタイミングで構いません。前回の服用から24時間の間隔をあけるよう気をつけましょう。
健康で薬を服用する習慣があまりない人は、飲み忘れてしまうことがあります。夕食後や寝る前など、自分である程度タイミングを決めることで、きちんと間隔をあけられるほか、飲み忘れを防ぐことにもつながります。

ジェネリック薬はある?

ジェネリック薬(後発医薬品)は元の薬と同じ有効成分で作られていて、飲みやすさや価格などが改良されるケースもあるため、処方を希望する患者さまも少なくありません。

現在、日本国内で販売が許可されているザガーロのジェネリック薬は存在しません。国内でジェネリック薬を販売するには、先発薬の特許期間が満了している必要がありますが、ザガーロはまだ特許期間が満了していないためです。

インドではジェネリック薬が販売されていますが、個人輸入にはリスクをともないます。効果や安全性などが保証されず、思わぬ健康トラブルを招く可能性もあるため、ジェネリック薬を探すのではなくクリニックを受診して先発薬の処方を受けましょう。

ザガーロに副作用はある?

薄毛の改善に期待が寄せられるザガーロですが、副作用も報告されています。どのような症状が出る可能性があるのかを服用前に知っておきましょう。

発生頻度が1%以上報告されているものは、射精障害や性欲減退、勃起不全といった性機能不全です。続いて確率としては1%未満ですが、発疹や頭痛、抑うつ、腹部不快感、乳房の女性化や痛みなどの乳房の症状、そのほか肝機能障害やアレルギー反応、むくみやめまいなども報告されています。

ザガーロは効果なし!?といわれる理由

ザガーロを服用したけれど効果なしと感じる理由として、大きく分けて3つ考えられます。

まずは飲み始めてすぐにやめてしまうケースです。ザガーロは効果を実感するまでの期間が長いため「ぜんぜん変化がなかった」と感じ服用をやめる例などが挙げられます。

次に、効果が出たらすぐ服用をやめてしまうケースです。効果を実感してからも継続して服用を続ける必要がありますが、「効いてきたからもういいか」と自己判断でやめてしまうと、AGAの症状が再び進行する恐れがあります。

またザガーロを服用していても、頭皮環境や髪の毛に気を配らない状態では、効果が感じられないケースも考えられます。自分に合ったシャンプーで頭皮を清潔にする、規則正しい生活を送る、たんぱく質や亜鉛といった栄養素をきちんと摂取するなど、健やかな髪の毛が育ちやすい環境作りをしましょう。

耐性はつく?

「同じ薬を服用し続けると耐性がついて効かなくなりそう」と考えがちですが、ザガーロには長期間の使用で耐性がつくという医学的根拠はありません。短期間でやめてしまうほうが、効果が感じられないリスクは高くなります。

どれくらいで効果が出る?

「効果が出る期間」の項目でも紹介したように、効果を実感するまでには半年から1年ほどかかるケースが多いようです。効果が出ないからとすぐに諦めてしまわず、継続した治療を行いましょう。

ザガーロの注意点

女性・子どもは服用できない

ザガーロは男性型脱毛症への適応であるため、女性が服用するメリットはありません。それだけではなく妊娠中や授乳中の女性が体内に取り込むと、赤ちゃんに悪影響を及ぼす恐れがあります。そのため女性の服用は禁止されています。

また20歳未満で服用した場合の有効性や安全性は確立しておらず、子どもも服用できません。

肝機能に障害がある人は服用できない

ザガーロは肝臓で代謝されることから、肝機能に障害がある方への投与が禁じられています。

経皮吸収に気をつける

ザガーロは経皮吸収されるため、飲み込まなくても、カプセルの中の薬剤に接触しただけで影響を受けてしまいます。そのため女性や子どもが薬剤に触れることがないよう注意が必要です。触れてしまった場合はただちに石鹸と水で洗うようにしてください。

またカプセルを開けて中身を飲もうとすると、女性や子どもが飛散した薬剤を取り込んでしまう可能性があるため、カプセルのまま飲んでください。

服用期間から6か月先まで献血は控える

服用中は献血をすることができません。服用をやめてからも、6か月ほど期間をあける必要があります。

飲み合わせに注意

一部の薬には、ほかの薬との飲み合わせによって副作用や効果が薄れてしまうことがあります。ザガーロに併用して飲んではいけない「併用禁忌薬」はありませんが、注意が必要な「併用注意薬」はあるため、常用している薬がある場合は、必ず医師に伝えましょう。

ザガーロの価格とは?

クリニックによって変動がありますが、ザガーロの価格はプロペシアの約1.5倍となっています。一般的な価格を見ると、1か月あたりプロペシアは7,000円ほど、ザガーロは9,500円ほどです。プロペシアには1か月あたり6,000円ほどのジェネリック薬も販売されているため、より高価に感じてしまうかもしれません。

当院ではザガーロは初回4,800円で2回目以降は8,600円となっております。

しかしザガーロにはプロペシアとは違った効果が期待できます。価格だけにとらわれるのではなく、医師と相談のうえで自分の症状に合った治療薬の処方を受けましょう。

安易な個人輸入は危険です!
偽薬

「クリニックで処方してもらうのは高い」「通院がめんどう」などの理由から、通販サイトで購入したいと考える方もいらっしゃいますよね。ザガーロは処方箋医薬品に登録されているため、国内で処方箋なしで購入することはできません。

個人輸入や代行業者を通して購入する方法はありますが、医師の指導なく使用するのはとても危険です。先に述べた通り、ザガーロには副作用の恐れや使用方法の注意点があります。加えて、日本では認可されていない成分が入っている、にせもの、有効成分がほとんど入っていないなど、さまざまなトラブルを招く恐れがあります。

また、個人輸入で購入したザガーロによって何か副作用が起こっても、自己責任となり医薬品副作用被害救済制度を利用することはできません。

そのため、ザガーロは必ず病院で処方してもらいましょう。

まとめ

プロペシアを服用していても変化が感じられなかったけれど、ザガーロで症状が改善したというケースも見られます。治療薬ごとの特徴や効果を知り、正しい使い方で服用を続けることが大切です。

ザガーロは処方薬なため、まずは医師に相談しましょう。