治療について

プロペシアによる治療

20歳から79歳までの男性を対象とした調査で、薄毛や抜け毛に悩んでいる人は約62%もいるというデータが発表されています。抜け毛・薄毛の原因は、頭皮の炎症やシャンプー・薬剤の影響、日々の生活習慣の乱れやストレス、遺伝性の壮年性脱毛症などさまざまです。
薄毛は遺伝性の原因が多いからと諦めてしまう人も多いのですが、実は、日々のケアやきちんとした検査結果をもとに治療をすれば、薄毛を防ぎ健康的な強い髪に戻すことができるのをご存知でしょうか。

「プロペシア」は、「フィナステリド」という抜け毛を抑える有効成分を主成分として作られた日本初のAGA治療薬です。

AGA発症の原因や効果的な治療方法は人によって異なるので、このプロペシアという薬について、期待できる効果や副作用、薬を使用する際の注意点などを知っておくことが大切です。

プロペシアとは?

プロペシア

プロペシアは、1997年にアメリカのメルク社によって開発され、現在、世界60カ国以上の国で販売されています。日本でも2005年厚生労働省に承認され、国内で初めて発売された男性型脱毛症(AGA)治療薬です。
プロペシアは、AGA治療に最も有効な薬の一つとされている「フィナステリド」を主成分とし、抜け毛の原因である「ジヒドロテストステロン(DHT)」の増殖を抑制する効果が期待できます。
根本的な原因を抑制することで抜け毛を防ぐことができ、薄毛の改善を促すことができる治療薬です。

■プロペシアの効果について

プロペシアに含まれる有効成分フィナステリドは、AGA(男性型脱毛症)の原因である「ジヒドロテストステロン(DHT)」の増殖を抑える効果が期待できます。

テストステロンと5αリダクターゼが合成されジヒドロテストステロンに
髪の毛が太くなる前に抜けてしまう。

ジヒドロテストステロン(DHT)は、5αリダクターゼとテストステロンが結びつくことで発生する物質で、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまう抜け毛の原因の1つです。プロペシアには、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成そのものを阻害する効果があるので、毎日正しく飲み続けることで抜け毛を防止することができます。

プロペシアを服用しても、人それぞれの体質やヘアサイクルの乱れなど状態が異なるため、症状の改善や発毛のスピードなどには個人差が出ます。効果が出にくい方も一部にはいらっしゃいますが、そもそも服用方法が間違っている場合も多くあるので、医師から説明された量や頻度を必ず守り正しく服用することが大切です。

■プロペシアの副作用は?

プロペシアは、臨床試験によって、初期脱毛や勃起不全、性欲減退といった男性機能の低下、肝機能障害、うつ症状など副作用の可能性があると報告されています。薬を服用し始めてすぐに現れるものもあれば、長期間服用することで現れるものもあるなど、これらの副作用は、服用する方の体質によってもさまざまです。
そのため、万が一少しでも身体に異変を感じたときには、すぐにクリニックに相談しましょう。

■プロペシア配合の内服薬は、水で飲まないとだめ?
水で飲まないとだめ?

プロペシアを含む内服薬は、できるだけ水で服用しましょう。
コーヒーや牛乳、アルコール類など、水以外の飲み物で服用してしまうと、薬の体内への吸収力が低下してしまったり、薬の成分を変化させてしまったりすることで、発毛効果が出にくくなることがあります。しっかりと発毛効果を出すためにも、正しい方法で服用することが大切です。
また、他の薬との併用による飲み合わせが問題になったというケースは報告されていませんが、日常的に他の薬を摂取している方で同時に服用することに不安を感じる方は、医師に相談することをおすすめします。

AGA発毛薬の比較

現在、医療機関による処方薬だけでなく、男性用発毛剤もさまざまな種類が市販されています。
国内で初めて発売された発毛剤は、1999年に大正製薬が出した「リアップ」で、その後2017年に改良された「リアップX5プラス」が発売されています。
その後、2005年に万有製薬(現:MSD)から「プロペシア」が発売されました。また、2015年には、ファイザーからジェネリック医薬品「フィナステリド」が発売され、2016年には、グラクソ・スミスクライン社から「ザガーロ」が発売されています。
近年になって若年層の脱毛症が増えてきていることもあり、さまざまな医薬品メーカーからオリジナルの発毛剤が発売されています。たとえば、2018年にアンファー「スカルプD メディカルミノキ5」、ロート製薬「リグロEX5」、東和薬品「ミノアップ」などがそれにあたります。

偽薬

また、日本で未承認でも海外では発売されているプロペシアを個人輸入で購入する方もいますが、専門のクリニックで処方してもらう薬に比べ、フィナステリドの濃度が濃かったり、成分自体が偽物であったりする可能性もあります。そのため、副作用が出やすくトラブルも多いので、プロペシアは必ず病院やAGA専門クリニックで処方してもらいましょう。
プロペシアには、同じ有効成分が入っているジェネリック医薬品も販売されているので、長期的な治療による薬代を抑えることができるのも特徴です。

プロペシアを含むオリジナル発毛薬

オリジナル発毛薬「Rebirth」

AGAスキンクリニックによって開発されたオリジナル発毛薬「Rebirth」は、プロペシアの主成分であるフィナステリドとミノキシジルを主成分に構成されており、この2つの成分は発毛効果のある成分として世界中で認められている薬品です。
AGAの原因は、5αリダクターゼ(還元酵素)とテストステロン(男性ホルモン)が結びつき発生するジヒドロテストステロン(DHT)という物質ですが、「Rebirth」に含まれるフィナステリドという成分が、この5αリダクターゼ(還元酵素)の働きをブロックし、抜け毛の原因を抑える効果があります。
その他、アミノ酸やビタミン・ミネラルといった栄養素をバランスよく配合することで、新たに生えてくる毛髪に栄養を与え、抜け毛を防止すると同時に健康的で強い髪に変えていく効果を備えます。
また、これらの発毛に必要な有効成分を、できるだけ身体に吸収しやすくする焼成カルシウムとドロマイトといった特許成分を配合することで、より効果が出やすい治療薬として作られています。

まとめ

「プロペシア」の効果や発毛を実感できる時期などには個人差があるため、まずはAGA専門クリニックで血液や毛髪のDNA配列を解析し、フィナステリドの効果を判定する検査を受けることが大切です。
市販薬などをやみくもに使うだけではあまり効果を得られないので、患者さま自身の体質や症状に合わせたオーダーメイドの治療を受けることが、薄毛を改善する一番効果的な治療方法といえます。

また、AGAをきちんと治療して健康的な髪に戻すには、プロペシアをはじめとする薬を使用するだけでは十分とは言えません。
AGAスキンクリニックでは薬の処方だけでなく、頭皮や毛髪を弱くしてしまう根本的な原因となる食生活の改善や生活習慣の見直し、治療に対する不安感やストレスを軽減するなど精神面のサポートも丁寧に行っています。
薄毛の悩みには、患者さま一人ひとりの体質や生活習慣を考慮した治療を行っている当院までご相談くさい。