治療について

プロペシアによる治療

世界60カ国以上で承認されているAGA治療薬
「プロペシア」

プロペシア

プロペシアは世界60カ国以上、日本でも厚生労働省から認可されている国内で初めての男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)です。
プロペシアはフィナステリドを主成分とし「Ⅱ型」5αリダクターゼとテストステロンの結びつきを抑制。抜け毛のもとを遮断、AGAの改善を促すことができます。

フィナステリドとは

フィナステリドが、AGA治療にもっとも有効な薬の1つとしてあげられます。
まずは、AGA発症の原因を知り、フィナステリドが治療にどのような働きをするかご紹介します。

■AGA(男性型脱毛症)が発症する原因物質は「ジヒドロテストステロン(DHT)」

AGAの主な原因物質はジヒドロテストステロン(DHT)です。薄毛が進行し始めた頭皮を調べると、多量のDHTが確認されます。5α-還元酵素とテストステロンが合成することでジヒドロテストステロン(DHT)が産生されます。

テストステロン(男性ホルモンの一種)+5αリダクターゼ(還元酵素)が合成されジヒドロテストステロン(DHT)

■ジヒドロテストステロン(DHT)による影響は…

髪の毛が太くなる前に抜けてしまう。

通常の男性ホルモンは体毛を濃くするのに対して、ジヒドロテストステロンは発毛を妨げ、抜け毛を増やす働きをします。
毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することで、ヘアサイクルの成長期を短くする原因物質とされております。髪の毛が長く太く成長する前に抜ける、十分に育たない、細く短い髪の毛が多くなるなど、全体的にうす毛が目立つようになるなど様々な影響が出てきます。

■フィナステリドの効果と役割

フィナステリドは、5α-還元酵素とテストステロンが合成することでジヒドロテストステロン(DHT)に産生してしまうのを防ぐ効果があります。
ジヒドロテストステロン(DHT)はAGAにおける抜け毛の原因のひとつであるため、そのDHTの生成そのものを阻害することにより、抜け毛のもとを遮断することができます。

ジヒドロテストステロンの産生を抑制し、抜け毛を防ぎます

ジェネリック医薬品「フィナステリド錠」

ジェネリック医薬品「フィナステリド錠」

AGA(男性型脱毛症)の後発医薬品『フィナステリド錠「ファイザー」』が2015年2月に製造販売認証を受けました。
今までは、プロペシアがAGA(男性型脱毛症)治療薬として処方されてきましたが、今回『フィナステリド錠「ファイザー」』は、プロペシアと同様の成分の後発医薬品として国内で初めて承認を取得した事となります。その後、続々と各社から同様の後発医薬品が発売されています。
一般的にジェネリック医薬品の価格は、先発医薬品の7割程度となります。今後はジェネリック薬品を活用することで、毎月のAGA治療に
かけるコストを3割近く抑えることが可能です。

ジェネリック医薬品「フィナステリド錠」の販売について

2015年4月7日よりジェネリック医薬品「フィナステリド錠(ファイザー)」を販売しております。また、「SKI」と、富士化学工業の「FCI」の販売も開始しました。SKIはフィナステリド薬品で、唯一30錠入っています。お求め方法については、各クリニックへお問合せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加