治療について

ヘアタトゥー

タトゥー(アートメイク、刺青)は医療機関でしか施術できないことを皆さまご存知でしょうか?
アートメイクを使用したヘアタトゥーは、医療機関であるAGAスキンクリニックで安心・安全に行なえます。
当院では独自の技術で近くで見ても毛穴かタトゥーかわからないようなヘアタトゥーを実現しました。

ヘアタトゥーについて

~こんな方におすすめ~
  • ■生え際をどうにかしたい
  • ■今すぐ見た目を変えたい
  • ■ドクターストップで薬が飲めない
  • ■スキンヘッドでも毛穴がほしい

このような要望を叶えるため、アートメイクを使用した「ヘアタトゥー」が誕生しました。薬で生えるのに、なぜヘアタトゥーかというと、こういった要望を解決したかったからです。

ヘアタトゥーは、頭皮に特殊な染料と針を使い、頭皮に色素を入れて髪に見立てるというもので、施術当日から毛穴のある頭を実感でき、薄毛により目立たった地肌が改善できる施術です。
薬や植毛などで効果がみられなかった方も、即効性があり効果も期待できるヘアタトゥーはおすすめです。

また、毛穴が消えて完全に毛が生えていない状態だけでなく、薄毛により分け目や生え際などが目立つのを隠したいという方にも、おすすめ。地肌と髪を自然に馴染ませてくれるため、地肌を目立ちにくくするという効果もあり、植毛などでできた地肌の傷を隠すためにも役立ちます。このような医療タトゥーは、もともと植毛治療を行なった後に出来る傷跡の修正のためにスタートしたと言われています。

病院でのAGA治療は効果が早い方でも改善がみられるのは4ヶ月後くらいから。その間、髪が薄いままよりは、少しでも改善されたように見せるためにヘアタトゥーをされる方もいらっしゃいます。

円形脱毛症でピンポイントに禿げてしまっている場合もヘアタトゥーは有効です。円形脱毛症は一時的な症状なので、治るまでの間、ヘアタトゥーで髪を描いてしまえば目立つこともありません。一般的に円形脱毛症が起こる場所は髪が薄くならない場所がほとんどなので、一時期だけヘアタトゥーをしてもその後髪はちゃんと生えてきます。円形脱毛症への影響もありませんのでご安心ください。

ポイント

ヘアタトゥーは、人によって施術方法が変わります。
患者さまごとに悩みは違い、頭の大きさも違います。
例えば当院ではこのようにおすすめしています。

生え際が気になる方 自然なヘアラインができるように
「生え際タトゥー」
部分的に毛が少ない方 ご希望箇所に
「パーツタトゥー」
全体的に毛が少ない方
髪を丸刈りにしている方
即日毛穴のある坊主頭になれる
「1day坊主タトゥー」

深さや角度、色素の強さなどを変えて、その人の頭皮や髪の状態を見てオーダーメイド形式で行います。
施術する面積で人によって料金は大きく変わり、部位ごとにも料金設定があるので、どのような仕上がりにしたいか、どこに悩んでいるかしっかりカウンセリングを行い患者さま一人ひとりにあったデザインを提案し、納得のいく仕上がりになるよう努めて参ります。

また、当院では徹底した衛生管理のもと施術を行いますので、使用する道具は使い捨てで患者さまごとに使い分けており、染料も一人一回の使用ごとに廃棄して、毎回新しいものを使用しております。

一度施術すると自毛はどうなる?

ヘアタトゥーは、頭皮に直接色素を注入するので、その後の髪の毛の生え方に何か影響があるか心配な方もいらっしゃるでしょう。そういった方のために詳しく説明します。

人間の頭皮はいくつもの層に分かれています。表面から表皮、真皮、皮下組織となっており、髪の毛が生える毛根は、真皮の下層にあります。髪の毛は、毛根の毛母細胞というところから生え、細胞分裂によって髪が成長して伸びていきます。毛母細胞は毛根の基部である毛球部の構造体の一つで、毛球の底に存在しています。

それに対してヘアタトゥーは、もっと表面の真皮の層(表皮から0.02~0.03ミリの部分)に色素を注入します。そこは髪の毛が作られる毛母細胞からは遠く、何か影響が及ぶことはないので、今ある髪の毛や今後の髪の生え方を心配する必要はありません。

ヘアタトゥーを受けられない人の特徴

ヘアタトゥーは、男性に限らずどなたでも受けることができます。
女性や未成年の方でも施術が可能です。ただし、妊娠中の方は施術できません。

今のところアレルギー反応などの例は報告されていませんが、安心して施術を受けるために、金属アレルギーがあったり、皮膚が弱い方は施術前にパッチテストを行います。まずは医師に相談してください。

また、頭皮が日焼けしている方は、状態によっては施術を受けられない場合があります。施術の前は、できるだけ頭皮の日焼けをしないように対策されるようにしてください。

アフターケアとメンテナンス

施術後は腫れや赤みが出る場合がありますが、冷やしたり、軟膏を塗って対処します。施術当日は日常生活レベルでの運動は可能です。ただし、帽子やかつらなどは長時間の使用を控え、施術から10日前後はなるべく頭皮に過度の刺激がかからないようにお気を付けください。頭皮がとても敏感な状態になっているため、激しい運動や過度の飲酒は禁止となっております。

メンテナンスは定期的に受けることをおすすめします。
ヘアタトゥーはいわゆるアートメイクですので、使用する特殊な染料が、日が経つにつれて多少の色落ちや劣化がみられる場合があります。色落ちには個人差があるため、メンテナンスの頻度に特に決まりはなく、一般的には2年から3年ごとに受ける方が多いです。しかし、よりきれいに保つために、年に一度という方もいらっしゃいます。自分のペースに合わせてメンテナンスを受けてください。

メンテナンスでは、タトゥーの色落ちや変色などがないかのチェックをして、そういったことがあればリタッチを行ないます。

副作用と注意点

副作用や後遺症の事例はありません。

◎施術後3日ほど、薄いかさぶたになる場合があり、色が少し濃くなりますが、徐々に表面の色が落ちてきます。この時期に手で擦ったり、無理に皮を剥したりしてはいけません。炎症や色むらができる原因になり、お色足し時に色が入りにくくなったりします。さらにこの時期、色が落ちた部分とそうでない部分の差から、色が消えてしまったように見えることがあります。

◎ドット法(毛穴に見立てた場合):当日の夜は濡らさないようにしてください。翌日より洗顔・洗髪できますが、施術部分は優しくなでるようにし、ぬるま湯で洗い流してください。

◎毛様(髪の毛に見立てた場合):3日間は濡らさないようにしてください。入浴は可能ですが、施術部分に水がかからないようにワセリンを塗り、ラップ+テープなどで防水しましょう。

◎施術後一週間は、サウナ、温泉、水泳、エステ(頭皮マッサージ等)は禁止です。

◎お色足しの際、炎症やかさぶたが有ると施術できません。

ご予約3日前にお肌の不調がある場合はご相談くださいませ。

また、ヘアタトゥーは、タトゥーという名の通り頭皮に色素を注入するので、一度入れると簡単には消すことができません。日が経つにつれて徐々に色が薄くなってはきますが、基本的にはずっと残るものと思った方が良いでしょう。
自然に色が薄くなる前にタトゥーを除去することもできますが、レーザーを使ったり皮膚を切除するので頭皮へのダメージは否めません。そのため、デザインの変更も難しいので、消すのが困難ということを頭の片隅においておいてください。

施術の流れ

①麻酔
塗るタイプの麻酔を使用し、施術の痛みを緩和します。
②頭皮に染料を注入
麻酔が効いたら、専用の極細の針が付いた機械を使って、特殊な染料を頭皮にトントントンというように当てながら毛穴や髪の毛を一個一個丁寧に描いていきます。
当院では、技術力のある医師が手彫りで描いていくので、機械彫りより自然に仕上げることができます。
また、ヘアタトゥーデザインのサンプルがあり、その中から好きなデザインをお選びいただけます。
③軟膏で保護
3日間は軟膏を日に4回塗布し、その後4日間程度は日に2回塗布します。
色を定着させ自然な仕上がりにするため、当院では1ヶ月ほど間をあけて2回施術を行ないます。

before

after

タトゥー直後の頭部

よくある質問

ヘアタトゥーは刺青と何が違うのですか?
ヘアタトゥーはアートメイクです。刺青とは使用する器具や施術方法が違います。
刺青は皮膚の真皮に色素を注入するため、ほぼ退色することなく色が一生落ちることはありません。真皮は皮膚の下層部なので痛みを伴います。
アートメイクは、皮膚の表皮から0.02~0.03ミリの部分に着色して色を着けます。表皮は角質を含む表面の薄い皮で、新陳代謝を繰り返すため、徐々にその色は薄くなっていきます。
また、刺青は麻酔をせずに施術をしますが、アートメイクは塗るタイプの麻酔をします。痛みに強くないと刺青はきついかもしれません。
アートメイクや刺青をする彫り師には医師免許が必要ですので、医師がいないエステサロンなどでは、ちゃんと有資格者がいるか事前にチェックしておくことをおすすめします。
施術に使う色素の成分はどのようなものですか?
当院で使用している色素はFDA認可のものです。日本でも臨床研究観察商材として厚労省を通したものです。
時間が経つと色が青くなると聞きますが本当ですか?
時間が経つと若干変色する恐れはあります。色素にもよりますが、黒だと少し青っぽくなり、こげ茶を混ぜるとややグレーっぽくなります。現在の髪の状態に合わせて将来を見越した調合をします。
施術時間はどのくらいですか?
施術時間は、施術範囲などによっても異なりますが、1day坊主タトゥーは約3時間程度、その他の部分は平均で1時間半から2時間程度です。
リタッチの場合は1~2時間程になります。
どのくらい色は持ちますか?
頭部への色素の定着には個人差があり、2~3年経っても色落ちが見られない方もいれば、数ヶ月で色の変化が見られる方もいらっしゃいます。
ヘアタトゥーで色を入れる表皮の肌は新陳代謝を繰り返すため、徐々に薄くなってはいきます。そのため、通常は1年に1度程度定期的なメンテナンスをおすすめします。
ヘアタトゥーが定着した後に気を付けることはありますか?
プールや温泉(湯ぶねの中)等の酸性の液体に頭に浸したり、運動・サウナによる頭皮の発汗や、海水浴・日焼けサロンによる頭皮への日焼けなどは頭皮の染料の色を落とす原因になる場合があります。ただし、定期的なメンテナンスにより色を保つことができます。
MRI検査を受けることはできますか?
一般的な刺青に使用されているインクには、鉄粉などが原料として含まれていることが多く、僅かですが診断結果に影響を及ぼす可能性がある上に、化学反応を起こしたインク部分が発熱し、ヤケドを負ってしまう危険性もあります。実際海外では、MRI検査によって刺青部分がヤケドしたという事例も報告されています。
しかし、ヘアタトゥーに使用されている染料は、一般的な刺青の染料とは異なり、金属性の原料を主としないので、ヤケドするリスクは極めて低く、それほど心配する必要はありません。どうしても心配なようであれば、念のため検査を受ける前に医師に相談すると良いでしょう。

料金

パーツ
①お好きな部位(3㎠)
100,000円
生え際
②生え際 両側セット
160,000円
生え際
③前の生え際全部
200,000円
1day坊主
④前頭部
500,000円
1day坊主
⑤頭頂部
700,000円
  • ※交通費補助制度対象
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGAスキンクリニックと同じ治療が受けられるクリニック

  • エリアを選択する