PAGE TOP

AGAでお悩みの方へ

なぜ早めの治療が肝心なの?

AGAの原因には、悪玉脱毛ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)が影響していることを「AGAの原因」のページで説明しましたが、AGAの改善にはこのDHTの活動を抑制する治療をします。

しかし毛母細胞が死滅していると、いくらDHTの活動を抑制したところで、発毛効果は見込めません。なので、毛母細胞が死滅する前に治療を開始する必要があります。

AGA治療には20代~30代が一番最適!

悪玉脱毛ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)が一番影響を及ぼす時期は、男性ホルモンの分泌が盛んな20代~30代です。

この時期にAGA対策を行い、正常なヘアサイクルを保ち、毛母細胞の寿命をできるだけ延ばすことが、AGA改善の一番の方法です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGAスキンクリニック 京都駅前院と同じ治療が受けられるクリニック

  • エリアを選択する