初めての方へ

AGAの原因

AGAの原因は、遺伝、男性ホルモンバランスの乱れ、生活環境の乱れが、もっとも多い原因と考えられています。

その中でも最大の原因は、男性ホルモンの影響です。

ヘアサイクルのメカニズム

髪の毛には1本1本寿命があり、伸びる(成長期)・抜ける(退行期)・生える(休止期)を繰り返しており、これをヘアサイクルと言います。

健全なヘアサイクルの場合

長くて固い髪の毛が1日平均100本前後抜けていくのは健全な状態です。

早期成長期 中期成長期 後期成長期 退行期 休止期 脱毛

乱れたヘアサイクル場合

短くて柔らかい髪の毛が抜ける本数が、多い場合は乱れています。

早期成長期 中期成長期 後期成長期 退行期 休止期 脱毛 成長期の髪の毛が成長できない

乱れたヘアサイクルの方は、DHTの影響により成長期に髪の毛を作り出す毛包の成長が十分でないために、髪の毛が育たないうちに抜けてしまい、やがて薄毛・抜け毛が目立つようになります。

DHTとは悪玉脱毛ホルモンのことを言い、DHTが下記のように働くことでAGA(男性型脱毛症)を引き起こします。

  • 男性ホルモンの一種である「テストステロン」が、還元酵素「5αリダクターゼ」によって、悪玉脱毛ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換されます。
  • DHTが毛乳頭にある受容体と結合し、髪の成長を抑制します。
  • DHTの影響で髪の毛の成長周期が短くなり、毛が十分に成長する前に抜けてしまいます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGAスキンクリニックと同じ治療が受けられるクリニック

  • エリアを選択する