PAGE TOP

AGAスキンクリニック 福岡院へようこそ!

クリニックの紹介

福岡院からのお知らせ

抜け毛の原因とは?

どうして抜け毛が増えるのか・・・

育毛剤やシャンプーなどいろいろ日常生活の中で、予防をしている方も多いはず。

しかし、抜け毛が増えるのには、理由があるのです。

原因① 男性ホルモン

AGA(男性型脱毛症)の最も大きな原因として考えられているのは、男性ホルモン(テストステロン)です。

テストステロンは5aリダクターゼという変換酵素の働きで、ジヒドロステロンというホルモンに変換され、このホルモンが毛乳頭細胞にある受容体に結合することにより、ヘアサイクルの成長期を短くし、髪の毛が長く太くなる前に抜けてしまうのです。

言い方を換えると、5αリダクターゼの量が多い人ほど、テストステロンがDHTに変換されやすく、薄毛・ハゲになりやすい傾向にあるということです。
ちなみに、AGAの検査で脱毛箇所を見ると、高濃度のDHTが確認されます。

 

原因② 遺伝

家系に薄毛・ハゲの人がいると、遺伝によって薄毛・ハゲになりやすいことが分かっています。もう少し厳密に言うと、家系に薄毛・ハゲの人は、「薄毛になりやすい体質」を受け継ぐ可能性が高いということです。
原因①にある、男性ホルモンのサイクルを受け継いでしまいやすいということになります。よって、遺伝的に薄毛・ハゲになりやすくなるというわけです。

 

原因③ 生活習慣による血流の低下

お酒の飲みすぎ、、タバコ、、夜更かしやストレスなど、生活習慣によって、頭の血流が低下してしまい、頭皮が固く、薄毛・ハゲになりやすい傾向にあります。そのメカニズムを簡単に解説します。

頭皮の血行が悪い人は、頭皮が固く、薄毛・ハゲになりやすい傾向にあります。そのメカニズムを簡単に解説します。
私たちの髪の毛をつくるのに非常に大きな役割を果たしているのが、毛根の中心部に存在する「毛母細胞」です。そして、この毛母細胞の活動を支えているのが、毛母細胞に囲まれた「毛乳頭」です。
毛乳頭は、毛細血管を流れる血液から発毛に必要な栄養素を取り込む働きを担っていますが、頭皮の血行が悪くなると、毛乳頭はその役割を十分に果たせなくなります。毛乳頭が血液から栄養素を取り込めなくなると、毛母細胞の活動が弱まり、髪の成長が阻害されてしまうというわけです。
 
 
↓より詳しい抜け毛の原因はこちらからご覧いただけます↓
 
 
2013/11/25 AGA治療用語集
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加