薄毛治療の種類

薄毛の治療法にはさまざまなものがあります。手軽にできる薄毛治療の一つとして育毛剤の使用が挙げられます。育毛剤にも種類があり、薄毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑制するタイプ、血行をよくするタイプ、毛母細胞の活性化を促すタイプ、毛根に栄養を与えるタイプなどがあります。自分の薄毛の原因を把握し、それに適した育毛剤を使うことが必要です。

薄毛の治療としての効果が確実であり、なおかつ短時間でできるのが植毛です。本数や範囲、方法などによって費用は異なりますが、平均で100万円は必要となることが多いようです。近年においては仕上がりも美しく、自分の毛が生えてくるという治療法ですから、人気も高まっているようです。

また、薄毛に有効な成分を頭皮に直接注入する育毛メソセラピーという方法もあります。こちらは薄毛治療の専門クリニックや育毛サロンなどで受けることができる治療法です。
毛根に直接有効成分を送り込む為、そのほかの治療法よりも効果的で、近年薄毛対策として世界で注目を集めている治療法なのです。
ちなみに痛みを伴いそうな治療法ですが、クリニックによっては痛みを緩和させながら、施術してくれます。

薄毛のサインに注意

何事においても言えることですが、薄毛治療も早めに行うことが大切です。そのためにも、薄毛のサインには注意をしましょう。急に薄毛になることは少なく、頭皮は何らかのサインを出しているもの。早めに気づき、ケアをすることで薄毛の進行を最小限にすることも可能です。

・頭皮がベタつくようになった

頭皮には常に皮脂が分泌されています。そのおかげで頭皮は紫外線などの刺激から守られているのです。しかし、ベタつくというのは、必要以上の皮脂が分泌されているということ。皮脂が過剰に分泌されている場合、頭皮の新陳代謝が乱れ、正常な状態ではないということが考えられます。そのままにしておくと、頭皮環境が悪化し薄毛の原因になります。

・頭皮が硬いと感じる

頭皮が硬くなるのは、新陳代謝が乱れている、血行不良が起こっている、という状態が考えられます。そのままでは頭皮に栄養が届かなくなり、毛の成長がうまくいかず、薄毛になりやすくなります。

・フケが増えた

フケは頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたもので、体のアカと同じです。健康な状態でもフケは出ているものなのですが、目でみえないほどの大きさなので気が付かないのです。それが大量に出たり、目で見えるほどのものが出たりしているならば、頭皮の状態が悪く細菌が増殖していることが考えられます。

・髪がパサつく

髪の毛の状態が悪いということは、頭皮の状態も健康ではないということです。パーマやカラーをした、紫外線をたくさん浴びた、などいったことがないのに髪がパサついてきたら、頭皮環境が悪化している可能性があります。

このような頭皮や髪のサインを見逃さないことが、薄毛の治療の効率も高めることにつながります。

頭皮ケアで薄毛治療

薄毛治療において重要なのは頭皮ケアです。薬や育毛剤などで治療をしても、頭皮環境が悪い状態では効き目もなく、改善されたとしても再び薄毛になる危険性があります。大切なのは自分で頭皮ケアをすることです。頭皮ケアというと、美容院に行ってスカルプケアをしてもらう、マッサージをしてもらうなどという方法もありますが、日常生活の中でできる簡単な頭皮ケアがたくさんあります。
シャンプーの前にブラシで髪をとかし、汚れやフケを浮かして落としやすい状態にすること、シャンプーを丁寧にやさしくすること、タオルドライをしっかりとしてドライヤーを使う時間を少なくする、といったことに注意するだけで頭皮環境もよくなります。さらに、頭皮を手やブラシで頭皮をマッサージしたり、首や肩のコリを改善したりすることも、頭皮ケアにつながります。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

b5ce9e13feb240bebdcbecfffe7e0211__re

AGA治療と健康保険の関係について

AGAは医師の診察を受けられる治療法 男性型脱毛症と呼ばれるAGAは医師の診察を受けた上で必要ならば脱毛症に対処すべき適切な方法で改善を目…

カテゴリー

発毛実感率99.4% その薄毛に医師という選択肢。AGAスキンクリニック
ページ上部へ戻る