男性の切実な悩み・薄毛対策をどうする?

072

薄毛人口は増えている

男性にとって切実な悩みになりやすい薄毛ですが、日本人男性の間でも増加しています。それはいくつかのデータで証明されていることで、例えばヘアケア市場の規模などを見てもわかります。
2013年度の市場を見てみると、4323億円を記録しています。これは3年連続の成長で、しかも前年度と比較して100.2%の増加です。しかも今後この傾向はしばらく続くものを見られています。
つまり成人男性にとって、薄毛の問題というのは決して他人事の問題ではないわけです。特に若年層におけるニーズが高まっているといいます。

皮脂が関係?

薄毛になってしまう原因として、皮脂がよく指摘されています。皮脂が毛穴に詰まりを起こして、髪の毛の成長を阻害するというものです。しかし皮脂は適量であれば、むしろ頭皮を保護する存在として欠かせません。
皮脂が薄毛の原因となってしまうのは、皮脂が過剰に分泌している状態です。皮脂が過剰に分泌してしまう原因として、皮脂を取りすぎてしまうことが挙げられます。皮脂がなくなると私たちの体は危機感を抱きます。
そしてより奥の皮脂を分泌しようとして、逆にギトギトの頭皮になってしまうのです。つまり過剰なヘアケアはかえって、薄毛の要因となりえます。

シャンプーのやり過ぎに注意

薄毛の人は頭皮を清潔にしないといけないと思って、シャンプーをします。
ところがあまりに頻繁にシャンプーをしてしまうと、逆に皮脂を過剰に分泌させてしまいかねません。
最近の市販のシャンプーは洗浄力が強いので、根こそぎ皮脂を奪い去ってしまいます。このため、多くの皮脂を分泌しないといけないと体は反応してしまいます。
1日に何度もシャンプーをしている人は、明らかにやり過ぎです。1日1回の洗浄で十分です。もしそれでは汚れが気になるというのであれば、お湯だけで髪の毛を洗う湯シャンを実践してみましょう。

薄毛の相談は専門家で

育毛剤や育毛シャンプーなどのように、育毛関係のグッズはいろいろと販売されています。ドラッグストアなどでも手軽に購入できる商品も多く、薄毛の気になる人の中にはこのような市販の商品を購入して薄毛対策を行っている人もいるでしょう。
しかし育毛剤や育毛シャンプーの中にもいろいろな種類があります。男性ホルモンの分泌を抑制するものもあれば、血行促進効果のあるものなど様々です。自分に合っている商品がどれか自分で判断がつかないのであれば、専門家の意見を聞くことです。
日本全国に毛髪外来ができているので、一度専門医に相談してみませんか?

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

発毛に良い食べ物

食べ物から発毛へのアプローチ 髪の毛の成分のほとんどは、18種類のアミノ酸から成る、ケラチンと呼ばれるタンパク質です。成分中でケラチンが占…

カテゴリー

ページ上部へ戻る