長期間かけて克服しないといけない

Caucasian young man controls hair loss

返金制度のある販売店を利用する

AGAの治療は健康保険が適用にならないので、クリニックに行かず、育毛剤を購入するという人も存在しています。しかし、育毛剤の中には対して効果のないような物を販売していることもあるのです。
せっかく購入して使っていても、全く効果がなくてお金ばかり出てしまうという人も存在しています。そうならないようにするには、信頼できる販売店を探すことから始めましょう。

もう1つ重要なことは、返金保証つきの育毛剤を購入するということです。大体1ヵ月で全く効果が現れない場合には、全額返金されるという育毛剤もあるので、このような販売店を利用するのがよいでしょう。

AGAのタイプを知っておく

AGAは正式名を男性系脱毛症と呼んでいますが、AGAというのはタイプが1つだけというわけではありません。人によって頭頂部から薄くなっていく人、前頭部から薄くなっていく人に分けられます。
頭頂部から薄くなるタイプをO型とよび、前頭部から薄くなるタイプをM型と言い、適している薬も変わってくるのです。

一般的にAGAの薬と言えば、プロペシアとミノキシジルが知られていますが、O型にはミノキシジル、M型にはプロペシアがよいと言われています。ただ薬を逆輸入して服用すればよいというわけではないので、AGAを克服するのであれば、これぐらいの情報は知っておきましょう。

副作用についても理解しておくべき

AGAを克服するためには、かなりの時間が必要になります。そのため、薬を服用する場合には長期間飲み続ける必要があるのです。
しかし、プロペシアやミノキシジルというのは、副作用の心配がある薬なので、長期間服用する場合には、どのような副作用があるのか知っておかないといけません。

主な副作用は性欲の減退なのですが、人によっては頭痛や吐き気などの症状が出ることもありますし、かゆみやかぶれが出てしまう人もいます。このような副作用が出てしまうことを知った上で服用しないといけません。
やはり長期間使用する薬なので、クリニックでの受診がおすすめです。

クリニックであれば何があっても安心できる

短くても半年、長ければ1年以上かかるAGAの治療ですが、この期間ずっと薬を服用する必要があります。そのため、万が一のときにも対応できるように、クリニックで薬を処方してもらうべきでしょう。
万が一副作用が出たときでも、クリニックであれば対応することが可能です。自分で逆輸入した場合には、医療機関を受診しても対応が遅れてしまうでしょう。

受診しているクリニックであれば、自分がいつどのような薬をもらったのかもわかりますし、体質などもある程度把握できているので、素早く対応ができるのです。多少お金はかかってしまいますが、最も安全で確実なのがクリニックで薬を処方してもらう方法です。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_l

AGAに関する情報収集を行う

髪の毛の状態を自分で見る 大半の人は鏡を見て最近髪の毛が薄くなってきたなと感じるか、抜け毛が今までよりも酷くなってやばいと感じるかのどちら…

カテゴリー

ページ上部へ戻る