薄毛の治療方法について

6f5a08dab73371569da2c6de8885a884_s

薄毛の悩みはとても大きなもの

薄毛になってしまった悩みはとても大きなものです。いくら誤魔化そうとしても限界があります。帽子を使うことによって、ある程度隠すことは可能ですが、常に帽子を使うわけにはいきません。
また、早めに治療を始めておかないと、どんどん薄毛が進行していくことがあります。特にAGAと呼ばれる男性型脱毛症にかかってしまうと、進行性の症状のため、薄毛になってしまうスピードはどんどん速くなります。
どうして自分が薄毛になってしまったのかきちんと原因を分析して、適切な処置を行えるようにしましょう。完全に毛がなくなってしまうまでは、まだ回復する可能性は残されています。

そもそも、どうして薄毛になってしまうのか?

薄毛になってしまう原因を一つに特定することは難しいです。なぜならば、色々な要因が複雑に絡み合った結果として薄毛になってしまうからです。
遺伝的に髪の毛が薄くなりやすい方がいます。そうでなくても、病気やストレスなどの影響により、髪の毛の成長が阻害されているために薄毛が生じることもあります。
生活習慣が乱れていて、血流が悪くなっている方の中には、頭皮まで髪の毛を生やすための栄養が届かないことにより、薄毛に発展してしまうケースも考えられます。
知らないうちに薄毛が進行していることは多いため、気をつけましょう。

薄毛治療の方法と効果

薄毛治療の方法として、薬が一般的に用いられることが多いです。たとえば、男性ホルモンの変化を阻害するための薬があり、これを利用することによって、直接的な薄毛の原因を取り除くことができます。
他にも皮脂の分泌を抑制させたり、男性ホルモンの分泌量そのものを減少させる薬もあります。血行を拡張するための薬もあり、これによって頭皮へ栄養が運ばれやすくなります。
治療薬の効果には個人差や相性があるため、自分の頭皮に合った治療薬を処方してもらうことが重要です。また、用法や用量をきちんと守るべきです。

薄毛治療をクリニックで受けられる

薄毛の悩みはクリニックで解消できるでしょう。治療薬による治療がメインとなります。
治療期間は治療効果が出るまで続けることになるため、半年から1年以上かかることも珍しくありません。その間は薬代をずっと支払い続けることになります。
クリニックではそれぞれの患者の頭皮や髪の毛の状態を診断して、適切な治療薬を処方してくれます。治療薬の使用と平行して日常の生活習慣の改善も行います。これによって、治療薬の効果がより発揮されるようになります。
仮に薄毛が解消されたとしても、生活習慣の乱れにより再び薄毛になる可能性はあります。常にケアをすることが大事です。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

Caucasian young man controls hair loss

長期間かけて克服しないといけない

返金制度のある販売店を利用する AGAの治療は健康保険が適用にならないので、クリニックに行かず、育毛剤を購入するという人も存在しています。…

カテゴリー

ページ上部へ戻る