薄毛で悩む女性はシャンプーの成分に注意

woman_shampoo

薄毛で悩む女性はシャンプーの成分に注意

髪は女の命という言葉があるとおり、女性にとって髪の美しさは美容の観点において重要なポイントです。つややかで指通りのよい髪に仕上げると謳い、非常にたくさんの種類のシャンプーが販売されています。
しかし、髪の健康のためには、髪そのものだけではなく、その髪を生育する頭皮の健康も重視するべきです。これらのいずれにダメージが与えられても、美しい髪から遠ざかってしまい、さらには薄毛の原因にもなりかねないのです。
洗髪は毎日のことですから、ついつい安価なシャンプーを選んでしまいがちですが、その中には髪や頭皮に悪影響を与えてしまうものもあるのです。一般的に安い価格で広く販売されているものの多くは、高級アルコール系と呼ばれており、生産過程で大幅にコストが下げられる高級アルコールが用いられています。
この高級アルコール系シャンプーは、時として髪や頭皮が荒れてしまったり、洗浄力が強すぎて頭皮に悪い刺激を与えてしまったりすることも多くあります。
女性がシャンプーを選ぶ際には、少し注意してみましょう。

高級アルコール系シャンプーとは

アルコール系シャンプーとは具体的にどういったものを指すのかというと、洗浄成分である界面活性剤の合成に石油などの油分を使用し、精製しているものです。石油は体によくないものと思ってしまいがちですが、それは成分の精製・抽出前の状態であり、石油をそのまま洗浄成分に用いているわけではありません。精製された成分自体はそう危険ではないのです。

しかし、問題なのはその成分が場合によって強い刺激をもたらすということ。石油原料の高級アルコール系シャンプーは、非常に高い洗浄力を持ったものであり、泡立ちも豊かでリッチな気分で洗い上げることができます。しかし、その洗浄力が高すぎて、必要な皮脂分までも洗い流してしまう可能性があり、弱っている頭皮がすぐに荒れてしまうことも考えられるのです。
特に薄毛を気にしておられる方にとっては、頭皮の皮脂を過剰に取り除くことはさらなる薄毛進行の原因ともなってしまいます。今何とかして薄毛を食い止めたい方は、まずラウリル、ラウレスといった名前の成分が含まれるような高級アルコール系シャンプーの使用を止めてみることから始めましょう。

育毛シャンプーを使ってみる

薄毛を阻止するためには、育毛シャンプーと銘打っているものがおすすめです。この育毛シャンプーは、できるだけ頭皮と髪に悪影響を与えない処方で優しく洗い上げられるような処方になっているため、高級アルコール系シャンプーとは使用感からして違います。
育毛シャンプーとして有効であるとされるのは、アミノ酸を界面活性剤の原料としたものです。アミノ酸系シャンプーと呼ばれ、優しい洗い心地で頭皮と髪に刺激を与えることなく洗い上げることができます。
洗浄成分名としてココイル・ココアン・コカミドの名を冠しているものは全てヤシ由来の成分です。その他、ベタインと名のつくものもアミノ酸系に分類されます。これらは頭皮や髪に優しいだけに、余計な皮脂を洗い流さないよう洗浄力が低めになっており、泡もあまり立ちません。そのため、最初は使用感に慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

アミノ酸系シャンプーの選び方

アミノ酸系シャンプーは生産コストが高くなってしまうため、総じて製品の価格も高めに設定されています。だいたい300~500mlで3000~5000円のラインが一般的かつ最低ラインのようです。高級アルコール系の安価なラインでは同量で1000円を切る製品もざらにあることを考えると非常に高価といえますが、後々の健康な髪を維持するため、また薄毛を進行させて後悔することを考えると安いものです。
また、製品によっては指通りをよくするためにシリコンを配合し、髪をコーティングするものがありますが、これが毛穴をふさいでしまい、正常な髪の生育を妨げます。さらには、併用する育毛剤の効果もはじいてしまう可能性があるのです。 選ぶならノンシリコンが賢明です。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

AGAの診断をしよう

AGAと治療薬 男性特有の悩みの中でも群を抜いて誰しもが気にすることと言えば、やはり頭髪のことです。端的に言えば、禿げているか禿げていない…

カテゴリー

発毛実感率99.4% その薄毛に医師という選択肢。AGAスキンクリニック
ページ上部へ戻る