女性の薄毛の原因

woman

近年では薄毛女性が増えていると言われています。その原因の一つは薄毛の原因であるストレスを女性も受ける環境に置かれているということ。男性と同じように仕事をし、責任のあるポストに就いている女性が増え、男性と同じようにストレスを感じることが多くなったことが大きな原因の一つと言われています。
ストレスが増えることでホルモンのバランスも乱れやすくなります。それが血行不良や頭皮の新陳代謝を低下させることも薄毛の原因に。
薄毛の原因は男性と同じように、動物性脂肪の多い食事やインスタント食品の摂取、野菜不足といった食生活や運動不足、不規則な生活や睡眠不足、喫煙なども女性の薄毛を増やしている原因です。

女性特有の薄毛とは?
・びまん性脱毛症
女性に起こる薄毛で多いのがびまん性脱毛症です。部分的に薄毛や脱毛が見られるのではなく、頭部の広い範囲に症状が現れ、全体の毛が薄くなります。生え際の後退はなく、特に頭頂部に顕著に症状が出ることが多いです。休止期の毛が多くなり、脱毛状態になってしまします。特に中年以降の女性に多く見られる症状なのですが、原因は老化やストレス、過度のヘアケアだと言われています。
・FAGA
女性男性型脱毛と呼ばれるFAGA。特に閉経後にホルモンバランスが崩れることが原因で、男性ホルモンの働きが活発になることで起こります。発症するのは40代と言われていましたが、近年ではストレスなど原因となる要素を抱える女性が増えたことで、30代くらいから症状が出るケースが多くなっています。
・分娩後脱毛症
出産時一時的に髪が抜け、薄毛になることがあります。妊娠中は女性ホルモンの働きが活発になり、本来抜けるはずの髪も成長期を保ちます。それが出産後、女性ホルモンが一気に減少するせいでホルモンの働きで維持してきた髪の毛が休止期に入るため、大量に抜け毛が出るのです。通常は半年くらいで自然に戻りますが、中には体力の回復が遅れていたり、産後ストレスなどがあったりすると、抜け毛が止まらなくなったり、円形脱毛症になることもあります。
・牽引性脱毛症
女性は髪をゴムなどで結ぶことが多いです。アップにすることも多く、それは髪を引っ張ることになり頭皮に負担をかけることで、引っ張られた部分が薄くなってしまうことがあります。一時的にアップにしたりする場合は問題ありませんが、長期間同じヘアスタイルをすると、同じ部分に負担をかけることになり、薄毛や脱毛を引き起こします。頭皮や髪に負担をかけるようなヘアスタイルは毎日続けるのを止めると、改善します。

女性の薄毛の対策
薄毛対策としては男性の薄毛対策と同様、偏食をやめ髪にいいと言われる栄養素をしっかりと摂ること、規則正しい生活をすること、睡眠不足をしないこと、適度な運動をすることなどがあります。またストレスを溜めないことも薄毛対策においては重要なことです。
また、美しい髪を保ちたいと、さまざまなヘアケアをする女性も多いですが、それは頭皮や髪への負担になっていることもあります。自分の頭皮環境や髪に合っていないシャンプーやトリートメントを使っていると、頭皮への負担になりそれが薄毛の原因になることがあります。頭皮がかゆい、髪のパサつきが改善されない、という場合はシャンプーやトリートメントなどのヘア製品を変えてみた方がいいでしょう。さらに、ワックスやヘアクリーム、ヘアスプレーなどをたくさん使用することも、髪や頭皮への刺激となり、それが薄毛の原因になることもありますので、使い過ぎには注意をすることです。
過度なダイエットは、髪への栄養を不十分にするだけでなく、ホルモンバランスを乱します。それが原因で薄毛や抜け毛を発症することもありますので、食事制限に頼ったダイエットは控えるようにしましょう。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

shoku_thinking-272677_1920

薄毛を解消するための植毛について

髪の毛の薄さの悩みについて 髪の毛に関するトラブルはたくさんあります。中高年の男性に多いのですが、若い男性や女性の中にも最近では薄毛に悩ま…

カテゴリー

ページ上部へ戻る