その薄毛、改善方法は合っているのか

nayami

その薄毛、改善方法は合っているのか

毛髪のケアというと、基礎となるシャンプーやリンス(コンディショナー)、トリートメントといった毎日の洗浄と保湿から始まり、育毛剤や抜け毛予防の薬や育毛剤といったものまで多種多様で、それらを単体で行ったり、組み合わせて行ったりしているでしょう。薄毛は自分でも気づかないうちに始まっていて、気がついてから慌てて対策を練ったり、病院へ駆け込んだりすることが多くありますが、その前から予防をしておくと、いざ治療やケアを始めた時にも改善の効果が出やすくなることもあります。
「髪は女の命」などという言葉をたまに聞くことがありますが、女性だけでなく男性にとっても髪はその量や質感によって外見の印象を大きく変える大切なものです。自分が薄毛になりそうかどうかはともかく、普段から転ばぬ先の杖として手入れをしておくことは、必要ではないでしょうか。
しかし、気になってから始めたにせよ、予防としてのケアにせよ、始めたばかりの自己ケアには多くの場合、勝手な判断による間違った方法が含まれていることもあります。間違ったケアからは抜け毛や髪が薄くなるのを止めるばかりか、進行させてしまうケースすら起こる危険があるのです。薄毛の改善は、早めに始めて継続して行う正しいケアが必要ということになります。

抜け毛の主な原因

体の変調や疾病にそれを引き起こした原因があるのと同じように、抜け毛にも原因となるものがあります。もちろん、疾病も抜け毛も、その原因によって治療や改善の方法は違います。間違った方法の抜け毛対策は、まるでお腹を壊しているのに見当違いに頭痛薬で直そうとしているようなものです。これは効果がないばかりか、必要のない薬によって余計に体に負担を与える結果にもなる危険なこと。抜け毛も原因も分からずに自己判断で改善しようと見当違いな方法を選択をすれば、毛髪に余計なダメージを与えることにもつながりかねません。
抜け毛の原因にはいくつかありますが、男性の成人前後から始まるもののひとつにAGA(男性型脱毛症)というのがあります。男性の抜け毛の代表格の原因として知られており、これは男性ホルモンが原因とされています。また、生活習慣やストレスが原因と考えられる薄毛もあります。薄くなる部位や髪の毛の抜ける(減る)スピードなどは、これらの原因と大きく関わっていて、どのような抜け方をしたかによって大体の原因を予想することはできるかもしれません。またAGAは多くの場合、遺伝的な要素があると考えられているので、自分の親や親類の傾向をチェックしてみると判断材料になりえます。また、急速に進行した抜け毛はその時期の心労やストレスからくるものの可能性が考えられます。

体の中から薄毛を改善

AGAと考えられる場合には、一度専門のクリニックでの診察を受けることが最も望ましいと考えられます。これはホルモンの治療を行うことでより改善が見込まれるためです。とは言っても忙しさや恥ずかしさが先立ち、なかなか診察にいけない人も多くいます。その場合にはまず、自分の生活習慣の見直しと、頭皮環境の改善を行ってみましょう。
ホルモンに原因があるとされるものでも、元気な体と頭皮の環境がある程度それを押しのけて、元気に髪を生えさせていることもあります。遺伝の要素が強いAGAもならない人もいるのです。原因があっても、それを助長しているのは自分自身の不摂生とケア不足ということも考えられます。
髪を元気に保つもととなるのは、体と頭皮です。特に頭皮は栄養を髪に届ける大切な部分となります。髪の毛本体をケアしようとする人もいますが、そうではなく頭皮に意識を向ける方が効果的です。この時も外から栄養を与えようとするだけでなく、髪に良い食品を摂るなどの体の中から頭皮を整えることが大切です。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

woman_hair

女性の20代でもありえる薄毛

女性も抜け毛に注意しよう 最近ではAGAという文字を広告で見ることも多くなりました。AGAとは男性型脱毛症のことを指しており、主に中年男性…

カテゴリー

ページ上部へ戻る