植毛についての基礎知識

PAK86_atamawokakaerudansei20131223

薄毛治療の一つ植毛

植毛というワードを耳にしたことがある方は多いかと思いますが、実際にはどのような施術が行われるのかをご存じという方は少ないでしょう。植毛は比較的早期に薄毛を解消できる方法として知られており、現在では自毛植毛と人工植毛の二つの方法が主流となっています。
植毛という言葉から大体の想像はつくかと思いますが、植毛では頭皮に直接髪の毛を移植します。自毛植毛の場合は本人の頭皮から採取した細胞を用いて移植を行いますが、人工植毛の場合は人工物である髪の毛を頭皮に移植します。どちらにもメリットとデメリットがありますからそれをまずは理解しなくてはいけません。

自毛植毛のメリットデメリット

自毛植毛とは、側頭部や後頭部といった薄毛になり難い部分の細胞、毛髪を採取して薄毛になっている部分に移植する方法となります。大きなメリットとしては、施術が成功すればその後も髪の毛が成長し続けますから、生涯自分の髪の毛が生え続けることになります。
一方のデメリットですが、完全に髪の毛が生えそろうまでは時間がかかってしまいますから、思い通りの効果を得るためにはしばらく待たなくてはいけません。また、メスなどを使用して頭皮を切ることもありますから、時に傷跡が頭に残ってしまうということもあります。

人工植毛のメリットデメリット

人工植毛は人の手によって造られた人工物の髪の毛を頭皮に移植します。人口のグラフトを使用しますから、元々の髪の毛が少ない方でも施術することができます。また、多量に移植することが可能ですから最初からイメージに近いヘアスタイルにすることも不可能ではありません。
デメリットとしては、人体に直接人工の髪の毛を埋め込むわけですからいずれ抜け落ちてしまうことや、メンテナンスに通う必要があるということが挙げられます。また、人工物を体内に入れるという性質上人によってはアレルギー反応を起こしてしまうということも考えられます。

植毛にかかる費用とは?

人工植毛と自毛植毛によってかかるコストは違ってきます。基本的には自毛植毛の方がコストは高くなりますが、後々のメンテナンスのことなどを考えるとお得かもしれません。人工植毛は施術時間も比較的短くコストも安価で済むのですが、施術後にはメンテナンスに通う必要もありますし、抜け落ちたらまた施術する必要がありますから、長い目で見ると自毛植毛の方が良いかもしれません。
クリニックによって施術の費用も異なりますから、気になる方はクリニックのホームページなどでしっかり確認しておくことをおススメします。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

食事で発毛を促す

食生活は発毛の基礎である 食事は生命維持に欠かせないものであり、健康を維持し守る上での基本です。病気にならないことはもちろん、体が成長する…

カテゴリー

発毛実感率99.4% その薄毛に医師という選択肢。AGAスキンクリニック
ページ上部へ戻る