男性の薄毛の原因はさまざま

genin

男性の薄毛の原因はさまざま

男性が抱える薄毛の悩みは深刻です。気がつけば生え際が後ろに後退していたり、頭頂部から円状に毛がなくなっていたりで悩んでいる方も多いでしょう。ふと鏡を見たとき、またシャンプーしたときの抜け毛の多さなど、気づくきっかけはいくつかあります。
薄毛は、正常な発毛サイクルに反して髪が抜け落ちたまま再生しなかったり、髪が成長せずにやせ細ってしまったりすることで進行します。その薄毛の原因には、主に以下のようなものが挙げられます。
まずは男性ホルモンによるもの、ストレス、食生活や生活習慣の乱れ、そして遺伝といったようなものです。男性ホルモンによるものは、もともと体内にあるテストステロンが頭皮で変換酵素の働きによってジヒドロテストステロンに代わり、その物質が毛母細胞に影響を与えることによって起こります。
食生活や生活習慣には、暴飲暴食や飲酒、喫煙といった要素、そして不規則な生活も挙げられます。これらにより、髪の生育に不可欠な栄養分を十分に摂取できなかったり、十分に頭皮や髪に行きわたらなかったりといった現象が起きます。さらに血行不良などが起きてしまうと、髪の成長が滞ってしまい、薄毛につながるのです。
また、これらの他に避けられない要因が遺伝であり、親やそれより上の世代から引き継がれた遺伝子の中で、男性ホルモンを受容するものが薄毛につながる要素を持っていることで起こります。こうした薄毛の原因を考え合わせると、誰でも薄毛に陥ってしまう要素を何かしら持っていると言うことができます。

薄毛を改善するためには

薄毛の原因によって、その改善方法はそれぞれ異なります。例えば、食生活の中で肉類や油の摂取が多いと、血中のコレステロール値が上昇し、血がドロドロになることでスムーズな血流が妨げられます。そのためには食生活を改善してコレステロールを下げることが大切です。
また、食事によってバランスよくビタミンやミネラルを摂らないと、髪を生成するための代謝がうまく働かなくなるため、しっかりと栄養分を摂取する生活を送ることが改善の第一歩となるのです。そして、遺伝に関しては、その遺伝子情報を持った方が必ず薄毛になるということではなく、その要素を持った状態で、食生活などの悪影響を受けることで初めて発症すると言われているため、基本的に上記のパターンと同様に生活改善が有効です。
このように、生活や体質の改善を行えば快方に向かう場合もありますが、それだけでは治療が難しいのが、男性ホルモンに起因するものと加齢による薄毛です。こうした場合は専門的な医療機関での治療が必要となります。こうしたパターンは、放置しておくとよくなるどころかどんどん進行してしまい、治療が困難な状態となるため、早めに医療機関を受診することをおすすめします。

女性の薄毛は深刻

男性だけでなく、女性の中にも薄毛に悩む方は多くおられます。近年は特にその数が増加しているとも言われており、髪の状態も含めていつまでも美しさを保ちたいと考える女性にはさらなるダメ―ジとなることもあります。
女性の薄毛の原因にはストレスや生活習慣などといった男性にも見られるものの他に、美しさを追求するあまり行ってしまう間違ったケアや、無理なダイエットによる栄養不足など、女心が裏目に出るパターンも多々あります。
女性の薄毛は、男性のように生え際や頭頂部など局所的なものではなく、全体的に髪の量が減ったり細くなったりといった傾向があり、全体的にボリュームが落ちてしまいます。女性にも、男性ホルモンの影響による薄毛などは起きないわけではありませんが、比較的数は少ないです。
男性と女性では、薄毛の原因がかなり異なることがあり、それにより適切な治療方法も違ってくるため、いずれも医療機関に相談し、きちんと診断を受けて治療を進めていくことが大切です。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

risk_a0002_002769_m

AGA副作用のリスクも理解する

若年層に増えるAGA 男性型脱毛症の一種であるAGA人口は、決して無視できない数字になっているようです。現在一般に定着しているのが、成人男…

カテゴリー

ページ上部へ戻る