薄毛と坊主の関係

bouzu

薄毛と坊主の関係

成人して社会人ともなると、まるっきりの坊主頭で生活するのはなかなか勇気のいるものです。下手をすれば、何か大きなミスをして反省のためにやっているのではないかという勘ぐりの目で見られる恐れもあります。坊主頭というのは、特殊な分野の職業の方からするとスタイリッシュなヘアスタイルかもしれませんが、一般的なサラリーマンにとっては少々敷居の高いものなのです。
薄毛の人の間では、坊主頭というのは自分の薄毛を気づかれにくくしたり、発毛を促したりするのではないかなどと囁かれ、興味深い髪型のようです。長い髪の方が一見すると薄い部分を覆い隠しやすそうに見えますが、そうでもないことがあります。それは髪の量の減った場所次第なのです。長い髪で薄い部分を隠すのが効果的なのは、全体的に薄くなっている人であって、M字型や頭頂部が集中して薄くなっている場合には、かえって不自然になってしまうのです。長い髪にしていると髪のある部分は黒々として見え、薄い部分が目立ちます。単なる対比の問題なのですが、全体の髪を短くしてしまえば、毛の薄い部分の頭皮の色が目立たなくなるのです。そこまでは勇気がないという人はスポーツ刈り程度でもいいかもしれません。

坊主にすると毛髪が濃くなる?

坊主にすると毛が濃くなるという話は、本当でしょうか。これはyesともnoとも言えます。一部の噂話では、他の部分の体毛を剃ると毛深くなるなどという話があります。しかしこれは正確な事実ではありません。そう見えるかもしれませんが、これは沿った断面が再び生えた時に目立っているだけであって、本数が増えたり、剃ることで髪の毛が活性化したりという意味ではありません。また、決して自分で剃ろうとしてはいけません。素人がヒゲでも剃るようにやると、頭皮を傷つけて毛根を痛めることにもなりかねません。
では坊主にしても育毛にいいことはないかというと、これもそう断定することはできません。育毛剤の塗布や浸透を効果的にするには、髪は短いほうがいいからです。短い髪型は頭皮に直接薬剤を塗布し、髪を引っ張ったりという余計な負担を与えずにマッサージをするのに便利です。整髪料やドライヤーから解放されると、頭皮環境はさらに良くなります。

頭皮を守ろう

頭皮に直接与える育毛剤やマッサージ効果、頭皮環境を整えるために短髪は良いのは事実です。ただし、毛髪には重要な役割があります。それは頭部を守るということです。動物の体毛と同じように人間の体毛も、温度や衝撃から身を守るために生えています。頭髪もその例外ではありません。全くの丸刈りにするということは常に外気に直接さらされ、頭部への衝撃や刺激を直接受けることになります。怪我も心配なことですが、ここでは頭皮がさらされているということに注意が必要です。
強い紫外線や乾燥は頭皮だけでなく人の肌全てによくありません。また、それを避けるためにかぶる帽子も、長時間の着用で今度は蒸れが心配です。さらによく坊主の人がやりがちなのが、頭の先からつま先までを石鹸などで洗うということ。これも刺激の強すぎる成分が頭皮に良くないので、避けたほうが良さそうです。
スポーツ刈り程度であれば、紫外線や乾燥、怪我からも適度に頭皮を守れますし、育毛剤などのケアもしやすくちょうどいいかもしれません。毎日のヘアアレンジやドライヤーも必要ありません。髪を増やそうとする前に、まずは頭皮を守ることを忘れないようにケアしやすいヘアスタイルを考えてみましょう。また、目立たなくするために、髪を染めたり、パーマネントウェーブをかけたりする人もいるようですが、これは頭皮にとって刺激が強すぎるため、避けたほうがいいでしょう。もちろん、今現在のファッション(外見)も生活を楽しむためには大切ですが、頭皮の健康にも目を向けましょう。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

b5ce9e13feb240bebdcbecfffe7e0211__re

AGA治療と健康保険の関係について

AGAは医師の診察を受けられる治療法 男性型脱毛症と呼ばれるAGAは医師の診察を受けた上で必要ならば脱毛症に対処すべき適切な方法で改善を目…

カテゴリー

ページ上部へ戻る