抜け毛とは?

nukegetoha

抜け毛とは?

頭皮が健康であり、薄毛や抜け毛や薄毛の心配がない人でも、毎日髪の毛が抜けるものであり、100本以内の抜け毛であれば問題はありません。特に抜毛が起こるのはシャンプー時や髪をとかしているとき、寝ている時が多いもの。また湿気が多く暑い時期は抜け毛が増えると言われています。
抜毛の本数には個人差があります。人によっては100本以上抜けても正常、という場合もあります。薄毛などの心配をしなければならないケースとしては、今までよりも本数が増えた、抜けた毛の質が悪い、という抜毛。急に大量の毛が抜けてしまったり、抜けた毛が細かったりした場合は要注意。頭皮環境が悪くなっているせいで、抜ける本数が増えている可能性があります。

抜け毛が多いと感じたら?

抜け毛が多いと心配になったら、まずは抜け毛の原因となっている可能性のあるものを止めることが大切。まず睡眠不足であるなら、できるだけその日のうちに寝るようにしましょう。脂っこい食事やインスタント食品などが多いのであれば、自宅で野菜スープや納豆、魚、卵などを食べるようにしてください。さらに、髪をアップにしたり、結んだりと頭皮に負担のかかる髪型をしている人は、結ぶのをやめて頭皮への負担を軽くしましょう。
他にも、喫煙やストレス、シャンプーが合っていない、シャンプーの時に頭皮を傷つけているなどといったことも考えられます。自分のヘアケアを改めて見直すことが必要です。

抜け毛を進行させる食べ物とは?

抜け毛には食生活が大きく影響することがあります。特に、刺激に強い香辛料やキムチなどの辛い食べ物は抜け毛の原因となることがあります。皮脂を過剰に分泌させる肉類やバター、チーズ、ラードなどの動物性脂肪の多い食べ物も控えましょう。頭皮の皮脂が汚れなどを含んで毛穴が詰まりやすくなります。
塩分の多い食べ物は高血圧や腎臓の機能を低下させ、血流を悪くさるため、調味料の使いすぎにも注意しましょう。さらに、糖分を多く摂取すると皮脂を過剰に分泌することになり、抜け毛を引き起こす原因になります。甘いお菓子の食べ過ぎや甘いジュースの飲み過ぎにも注意。また、アルコールを過剰に摂取すると、肝臓に負担がかかり血流を悪くします。アルコールを分解する際にアミノ酸が使われてしまうので、髪の成長に弊害が出ることになります。
日常生活で少し気をつけるだけでも、抜け毛予防になります。自分の食生活を振り返り、改善できるものは見直していきましょう。

こんな人は抜け毛になりやすい

抜け毛は遺伝的な要素も大きいと言われていますが、生活習慣や環境によって抜け毛が増える人も多いものです。次のような人は抜け毛になりやすいので注意しましょう。

・仕事が忙しい

仕事が忙しいと睡眠時間が減ったり、疲労が蓄積したり、ストレスも溜まります。規則正しい生活ができなくなることが抜け毛につながります。

・太っている人

肥満の人は皮脂の分泌量も多いので、毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、頭皮環境が悪くなります。血行不良の人も多いので抜け毛や薄毛になりやすいです。

・パーマやカラーリングをすることが多い

パーマやカラーリングは頭皮への負担をかけるもの。頻繁に行うと頭皮環境が悪化し、抜け毛や薄毛、白髪などが増えやすくなります。

・ダイエットをしている人

食事制限などのダイエットは栄養不良になります。頭皮への利用も不十分になり、髪の成長に影響します。

・ヘルメットや帽子を被る機会が多い

ヘルメットや帽子を被っている時間が長いと、それだけ汗をかき、菌も増殖しやすくなります。

これらを放置しておくとどんどん頭皮環境が悪化し、抜け毛が増えていくことに。早めの処置が大切です。心当たりのある人は改善していきましょう。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

11188341_757880000976138_6988927089642408783_n

もしかして、若いとハゲないと思っていますか?

いえ、実際には若くても薄毛になってしまうことは多々ありますし、現在薄毛で悩んでいるという方も大勢います。しかし、今現在髪の毛もたっぷりある方…

カテゴリー

ページ上部へ戻る