抜毛症とは

batsumousho

人はそれぞれクセを持っていますが、なかには無意識のうちに髪の毛を抜いてしまう、というクセを持っている人もいます。
そのクセがエスカレートし、頭皮が見えるほど抜いてしまう病気を抜毛症と呼びます。

抜毛症は自分で自分の毛を引き抜いてしまう病気。髪の毛だけでなく、まつ毛やまゆ毛を抜いてしまう人もいます。子どもに多いと言われていましたが、近年では成人女性に多く発症するようになってきています。無意識のうちに毛を抜いてしまったり、不安感に襲われ、それを抑えるために髪を引き抜いてしまったりします。主に利き手側の毛を抜くことが多く、頭頂部や前頭葉の部分が特に薄くなってしまいがちです。
指しゃぶりや爪を噛むなどの行為を何度も繰り返すクセを同時に持っていることも多く、精神的疾患の一つと考えられています。

抜毛症の原因とは
抜毛症は精神的な要素が原因となっていることが多いです。子どもの場合は、親からきつく叱られたり、慢性的に注意を受けるようなことがあったり、学校でいじめにあったりすることが引き金となり、抜毛症が始まることがあるようです。
成人で発症する場合も、精神的ストレスが原因と言われています。日常生活において心の負担になるような精神的ショックを受けたり、困難なことがあったりすることが原因となることもあります。
抜毛症の場合、毛を引き抜いていることで心が落ち着くのです。気持ちが沈んできたり、不安になったりすると気持ちを楽にするために、また髪を抜いてしまいます。気分が楽になるまで抜き続けるので、相当な量の髪を抜いてしまうこともあります。髪を抜く行為がエスカレートするということは、精神的負担も重くなっているということ。また、無理に髪を抜く行為が頭皮にいいわけがありません。無理に髪を抜けば、頭皮が傷つきそこから菌が侵入してかぶれたり、かゆみを引き起こしたり、さらには頭皮環境を悪化させ薄毛や抜け毛の原因となることもありますので、専門家による早めの治療が必要です。

抜け毛と抜毛症の違い
子どもの場合は抜け毛との区別が難しい場合があります。一部分だけ毛が抜けている状態は円形脱毛症の可能性もあるからです。円形脱毛症は自分で毛を抜いているわけではなく、毛が自然と抜け落ちてしまう病気です。円形脱毛症の場合は、原因が改善されない限り、毛が生えてくることはありませんが、抜毛症の場合は頭皮には問題がないため、抜いた後も毛が生えてきます。
円形脱毛症もストレスが症状を悪化させるものですが、加えてアレルギーが原因の場合も多く、抜毛症の治療法とは異なるので、症状をよく確認して正しい治療をしなければなりません。抜毛症の場合は、自分で正常な毛を抜いてしまうのが特徴であるため、子どもの様子をよく観察し、正しい治療を選択しましょう。

抜毛症の治療法
1~2本毛を抜く程度であれば、問題はありませんが、頭皮が透けて見えるくらいまで毛を抜き続けるというのであれば、改善が必要です。もし軽い症状であれば、自分で注意をするだけでクセがなくなることもあります。そうでない場合は、原因を取り除く必要があります。抜毛症の治療としては精神的要因が引き金となっているケースも多いので、心理療法が必要です。
カウンセリングによって、どのようなことが精神的重圧になっているのかを探ります。
また、抜毛症の人は自分で自分の髪を脱いているという自覚が無いことも往々にしてありますので、治療を始めるにはまずは自分が抜毛症であることを自覚しなければなりません。
そのうえで、信頼出来る専門医にかかって、時間をかけてじっくりと治療を受けることが改善につながります。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

6a9846d201e5395182dbdb36654478d1_s

結局何がいいのか?育毛剤の成分比較

育毛剤は効果があるのか 薄毛の人には気になるドラッグストアの店頭やインターネットで売られている育毛剤。 育毛や発毛に効く成分が含まれてい…

カテゴリー

ページ上部へ戻る