育毛トニックのメリット・デメリット

tonic

育毛トニックのメリット・デメリット

薄毛に悩んでいる方は数多くおられ、一刻も早く何とかしたいけれど、そんなに費用はかけられない。
そんなときにどうするかというと、一般の方はドラッグストアなどで販売されているCM等で有名な育毛グッズに頼りがちになります。

実際、育毛トニックといった名称で販売されているものは比較的安価で、しかもたくさんの種類があるため手に取りやすいものです。
しかし、この育毛トニック、本当に効果があるものなのでしょうか。実際に使用してきた方の中にも、使ってみたけど、あまり効いた気がしなかったという感想をお持ちの人もいるでしょう。もちろん、育毛トニックに全く効果がないとは言えませんが、正しい使い方をしていなかったり、育毛と銘打っているのに発毛の効果を期待していたりといったことも考えられます。
育毛トニックとはどのようなもので、毛髪と頭皮にどのような効果をもたらすものなのか、メリットとデメリットとあわせて見ていきましょう

育毛トニックの効能

そもそも、育毛と発毛にはどのような違いがあるのかを理解しましょう。育毛は髪を育てる作業、発毛は髪を生やす作業といえば分かりやすいでしょう。つまり、育毛は既に生えている元気のない髪を育ちやすくすることを、今生えていない髪を何らかの方法で生やすことを発毛といいます。

では、育毛トニックとはどのようなものかというと、炭酸ガスやメントールといった成分によって頭皮に刺激を与えて血行をよくしたり、毛髪の生育を妨げる・もしくは抜け毛を促進させる疑いのある脂質や細菌を効果的に落とし、清浄と殺菌を行ったりするのが主な役割です。

頭皮の脂質や細菌がなぜ毛髪に悪影響を与えるかというと、脂質が毛穴をふさぎ、さらに細菌繁殖によって角栓のような物質が形成され、頑固な汚れとなって毛穴にこびりついてしまうためです。そのため、それらを効果的に除去し、さらにメントールで爽快感も与えることで育毛を促そうというわけです。
このように、育毛トニックはあくまで発毛ではなく髪を育てるという育毛に効果のあるものです。
また、そもそも育毛トニックは「発毛効果」を謳っておりません。
理由としては「発毛効果」は、毛髪の生成を促進させるものとして薬事法にて指定された成分を配合している場合にのみ標榜できるのです。
その成分が含まれていない、もしくはそれに代わるものを配合しているけれども薬事法の範疇ではないといった場合、その製品で言うところの有効成分がいくら効果的でも、「育毛」という限定的な効果しか表示する事が出来ません。

ちなみに育毛トニックに含まれている成分は、比較的安価で配合することができ、しかも量産が可能であるため、発毛剤のような医薬品よりも安く手に入れることができます。

注意すべき点

育毛トニックの使用において注意すべきは、血行促進や脂質除去、殺菌作用といった効果を狙って配合されている成分です。確かにこれらは育毛のメカニズムを考えたときに必要な作用ではありますが、それが逆効果を生んでしまうこともあります。
例えば、炭酸ガスの強い噴射での刺激によって逆に頭皮を固くしてしまう可能性があり、健康な毛髪が生えにくくなることも考えられます。また、過度の脂質除去は余計に脂質を分泌させる原因にもなりますし、さらには殺菌をし過ぎる事で、本来頭皮に必要な働きをする菌までもすっかり滅してしまうこともあるのです。

何より刺激の強い成分というものは、少し肌が弱い方が使用すると、すぐに炎症を起こしてしまうケースもあります。育毛トニックは必ずしも敏感肌などの方のことを考えて作られていないと覚えておいた方がよいでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

aga110-A33

プライバシー完備だから通院は誰にもバレない

薄毛治療を受けたいけど、家族や友人、職場の同僚や上司にばれないか、と心配になってしまう方も多いのではないでしょうか。薄毛はしっかり改善したい…

カテゴリー

発毛実感率99.4% その薄毛に医師という選択肢。AGAスキンクリニック
ページ上部へ戻る