禁煙と発毛の関係性

stockvault-bunch-of-cigarettes108500

発毛を促進させるために禁煙が有効

薄毛対策を行うにあたって、頭皮環境やホルモンバランスはよく語られることですが、それらを健全に保つための方法として、生活習慣を改善するのが有効とされています。特に、禁煙したりアルコールを控えたりすることも効果的です。
もともと健康を保持するためにも、喫煙やアルコールの摂取は弊害であるとされています。その中でも喫煙は、体のさまざまな部分に関してリスクが高いことはよく知られています。

たばこは吸えば吸うほど寿命を短くするものであるとも言われ、百害あって一利なしなどとも表現されます。

喫煙している方にとっては、それでもなかなかやめられないものであることは確かなのですが、もし薄毛に悩んでいる喫煙者の方がおられたら、そのたばこをやめることで改善される可能性があります。
それくらい、発毛には喫煙が大きなリスクの1つであり、治療の際には禁煙を条件にするケースもあります。

たばこがもたらす弊害とは

では、発毛をより促すためにたばこが害である理由とは何でしょうか。
主には、たばこに含まれるニコチンが血管を収縮させるために血流が悪くなり、頭皮に至る末梢血管ともども縮まってしまうために栄養分が行きわたらないということ。
そして血中コレステロールなどの物質がうまく代謝されずに血中にとどまり続け、結果的に血液自体もドロドロになってさらに血流を滞らせるということが挙げられます。
健全な発毛において血流をスムーズに行うことは非常に大事なファクターです。毛根に栄養や髪の原料になる物質を運ぶことにもなります。つまり、血流が滞ってしまうことは、髪を作る元さえ毛根に届けることができなくなるということなのです。
こうした点から、より効果的に発毛を促すのであれば、血流を阻害する要素であるたばこは避けるに越したことはないというわけです。

禁煙が全てではない

確かにたばこを吸うことで、発毛のメカニズムを考えたときにリスクが大きいことは否めません。ただし、喫煙する方が全て薄毛になっているかというとそうでもありません。つまり、大きなリスクではあるものの、喫煙が薄毛の原因のメインであるということでもないということです。
逆に言えば、たばこをやめたかといって劇的に薄毛が改善するとはいえないということでもあります。また、たばこによってストレスを軽減させていたりという吸い方をしている場合、これを断ってしまうことでさらにイライラが増してしまうことも考えられない話ではありません。
そうなると今度は、そのストレスが発毛を阻害する要因にもなりかねません。ストレスはその性質がどのようなものであっても、私たちの身体機能のあらゆるところを停滞させてしまうものであり、血流から代謝から、内臓機能からさまざまに悪影響を当たるのです。それはもちろん頭皮の毛根に届く血流が貧弱になってしまうこととなり、発毛が妨げられる要因になってしまいます。
発毛に限らず、体の健康全般を考えてもたばこはやめるに越したことはないのですが、もしどうしてもイライラしてしまったり気分が沈んでしまったりしたときは無理はしないようにしましょう。
ただし、従来のように際限なく吸うのではなく、本数を制限しながらの方がよいでしょう。

原因は複合的

薄毛の原因とは、何か1つのみで済んでいることはほぼありません。何らかの要因がいくつか入り混じって薄毛に至ってしまったということがほとんどなのです。
そのため、発毛に対するリスクが考えられるものを1つ断ったところで、思うような効果は得られないかもしれません。
但し、リスクとして存在する以上、本気で薄毛を治療したい方はたばこを控えるようにしましょう。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

210397

AGA費用について知りたい方必見

男性の多くが悩むAGA 男性型脱毛症として知られるAGAですが、現在では多くの方がこのAGAに悩まされていると言われています。男性型脱毛症…

カテゴリー

ページ上部へ戻る