発毛を促進する薬

発毛を促進させる薬とは

育毛剤には塗布型と内服型のものがありますが、発毛に効果のある内服薬としては「フィナステリド」を含有したものが有名です。
人間は加齢が進むに連れて毛乳頭の働きが衰え、毛髪の伸びが遅くなると同時に毛髪の強さも低下していきます。
細く弱くなった毛髪は抜け落ちやすく、脱毛と毛髪の生成のスピードが釣り合わずに頭髪が薄くなっていきます。
この加齢による脱毛と同様の現象が起きてしまうのがAGAです。

AGAの原因のひとつとして、過剰分泌された男性ホルモンの働きが挙げられます。男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」は皮脂腺に働きかけて過剰な皮脂を分泌させ、毛母細胞が栄養分や酵素を受け取るのを邪魔してしまいます。毛母細胞への栄養分が不足すると新たな毛髪の生成や成長が妨げられ、細く弱い毛髪となったり成長し切る前に抜け落ちてしまったりするのです。
フィナステリドは、男性ホルモンの一種である「テストステロン(TH)」をジヒドロテストステロンに還元する酵素「5αリダクターゼ」の働きを止める作用があります。5αリダクターゼを阻害してジヒドロテストステロンが生成される量を減らすことで、毛髪が健やかに育つ土壌を作ることで、脱毛の進行を防ぐことが可能なのです。

フィナステリドとは

元々フィナステリドは前立腺肥大症や前立腺がんの治療に使われており、投与した患者に薄毛の改善が見られたことから内服型育毛剤としての開発が始まりました。現在日本国内では1種類のフィナステリド含有薬が認可されています。しかし、国内においては薄毛や脱毛症は病気という括りでは扱われていません。皮膚炎が原因で脱毛症に悩んでいる場合は、炎症を抑える薬が病院で処方されますが、AGAは皮膚炎などとは別物のため適用外になります。そのため国内で認可されたフィナステリド含有薬を使用するには高額な費用が必要です。現在は比較的購入しやすい価格で販売される、外国産のジェネリック医薬品も複数登場していますが、どれも未認可のため国内では処方されておらず、ドラッグストアなどでの直接購入もできません。

用法を守ることが発毛のための前提条件

フィナステリドは体内のホルモンバランスを整えることで発毛効果を発揮します。ホルモンバランスの調節そのものも、男性ホルモン量の変化が発毛という目に見える形で現れるのも、一朝一夕で起こることではありません。従って長期間の服用が必要で、最低6ヶ月は続けることが前提とされています。早く発毛効果が表れて欲しいという気持ちから結果を焦ることもあるかもしれませんが、規定よりも多量のフィナステリドを摂取することは副作用を引き起こしやすくする原因になります。内服型の育毛剤で起こる副作用には肌のアレルギー症状だけでなく体調不良もあり、塗布型のものよりも身体に強い影響を及ぼす場合があります。また、フィナステリドは成人男性にのみ適した成分で、未成年者や女性が服用してはならないので注意が必要です。皮膚から吸収されたフィナステリドが人体に影響を及ぼすともされているため、錠剤に触れることすら危険な場合もあります。用法・用量を守って正しく服用することが大切です。フィナステリド含有薬を服用すると同時に、発毛を促進する栄養素を摂取する、生活のリズムを規則正しく整えて睡眠をしっかり取る、栄養分の偏りを無くしてバランスの良い食生活を心掛けるといった工夫をすることで、脱毛を抑えて育毛効果を得ることもできます。自分の体質に合った発毛方法を選んで続けることが、発毛を成功させるポイントです。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

PPC_1manensatu4mai_re

気になるAGA治療費用を知りたい

AGA治療は高くつくのか 今現在男性型脱毛症、AGAに悩んでいるという方だと治療を検討している方も多いのではないでしょうか。何とか治療して…

カテゴリー

ページ上部へ戻る