発毛剤の効果とは?

hatsumouzai

発毛剤の効果とは?

毛の方法の一つに発毛剤があります。発毛剤にはローションやシャンプー、サプリメントなどさまざまな形態があり、それぞれ発毛を促す成分が配合されています。どのような成分が配合されているかというと、男性型脱毛症(AGA)の原因となる5αリダクターゼの働きを抑えるものや、血管を拡張させて頭皮や髪に栄養分をしっかりと行き届かせる働きをする成分、成長期の毛根が退行期に移行することを防ぎ、毛母細胞を活性化させるものなどがあります。発毛剤には、このような成分を主に配合しているもの、すべてを配合しているものなどさまざまなものがあります。その中から、自分の頭皮や髪に適した発毛剤を選ぶことが重要です。

発毛剤に配合される主な成分とは?

・ミノキシジル
発毛を促進するための成分として、よく知られている成分です。もともとは高血圧の治療薬として使用されてきたミノキシジルには血管拡張と血行促進の効果があると言われています。5αリダクターゼの影響でジヒドロテストステロンが毛根の成長を妨げてしまっている状態を、ミノキシジルが血管を拡張し栄養を毛母細胞に送れるようにして、発毛を促進するという働きがあります。

・ノコギリヤシエキス
ノコギリヤシには、脱毛を促す5αリダクターゼの働きを阻害するという作用があると言われています。そのため、男性ホルモンのテストステロンとの結合を弱め、抜け毛を予防することにつながるとされています。天然成分で副作用の心配もなく、サプリメントなどに配合されることが多い成分です。

・センブリエキス
センブリという薬草から抽出されたセンブリエキスは、胃の血流をよくして、消化不良や食欲不振の改善が期待できると言われている成分です。血行をよくする働きがあることから、頭皮の血流をスムーズにし、栄養が十分に届くような環境をつくることで発毛効果を期待する成分です。

・ペンタデカン酸グリセリド
休止期の毛乳頭や毛母細胞を活性化し、発毛を促す効果があると言われている成分です。成長期を長くする働きもあると言われています。

・リコピン
トマトやスイカなどに多く含まれるリコピンは、抗酸化作用が強い成分として知られています。美肌のためにも利用される成分ですが、抗酸化作用があるということは、頭皮の老化にも効果があるということ。活性酸素の増殖を防ぎ、老化を予防してくれることで、発毛を促進してくれる成分です。

発毛剤の効果的な使い方

発毛剤は塗布するタイプのものが多いです。そのタイプの発毛剤を使用する時には、まずシャンプーをして、頭皮をきれいにして毛穴の汚れやフケを落としてから使うことが大切です。水分をよく拭き取ったら、気になる部分を中心に塗布します。マッサージをしながら発毛剤を頭皮に浸透させ、血行をよくします。
マッサージをする時には、爪を立てずに指の腹を使って行います。力を入れすぎると、頭皮に傷をつけてしまうことがあるので、注意しながらマッサージを行いましょう。

発毛剤の選び方

発毛剤は自分の頭皮環境や髪質などによって適したものを選ぶことが必要です。効果を期待するならミノキシジルが配合されているものがお勧めとされていますが、配合量が多いと、かゆみやかぶれなどを引き起こすことがあるので、よく確かめてから使用するようにしましょう。特に海外製品には配合量が多いものがあるので、注意が必要です。
頭皮が乾燥して荒れている状態の時には、できるだけ刺激の少ない発毛剤を選ぶようにしましょう。まずは頭皮環境を整える血行をよくするものや、保湿効果があるものを選ぶのもいいでしょう。
使い始めてから、頭皮に違和感があったり、かゆみやヒリヒリと痛いなどの症状が出たりしたら、すぐに使用を中止して皮膚科などの医療機関に行かなくてはなりません。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

dff6109aadae8eefbbd1190a56463a33_l

AGAセルフチェックを知って髪を改善

AGAとは一体何なのか AGAとは男性型脱毛症のことで、簡単に言えば薄毛や脱毛のことを意味した用語です。 男性にとってこのような悩みは大…

カテゴリー

発毛実感率99.4% その薄毛に医師という選択肢。AGAスキンクリニック
ページ上部へ戻る