発毛促進に繋がる食事

food

発毛促進に繋がる食事

薄毛にお悩みの方は、とにかくシャンプーや発毛剤、ヘアケアなどたくさんの方法を駆使してさらなる抜け毛を阻止し、発毛を促すことを試したくなります。その結果、ありとあらゆるものに手を伸ばし、結果が出ないと言ってはため息をつき、頭皮に異常が出たと言っては使用を断念するという事態の繰り返しになることも珍しくありません。もちろん場合によっては相性のよいものに巡り合うこともありますが、そこにたどり着くまでに余計な手間と時間をかけてしまっていることも否定できないはずです。
薄毛の原因にはたくさんありますから、それに合った発毛方法を選ぶべきですが、その他にも基本的なことから発毛を促進させて健康な状態に導く方法があります。それはすばり食事です。食事によってバランスのよい栄養摂取を行い、髪と頭皮を良好なコンディションに導いてしっかりと毛根の働きと毛髪の生成を促すことは基本中の基本です。どんなに外からケアを行ってみても、体の内側から代謝が機能し、栄養分を効率的に行きわたらせなければ本当の発毛には結び付きませんから、まずは食生活から見なおしてみて、有効な栄養分をしっかり取り込む習慣をつけましょう。
発毛に有効な栄養と食物
発毛とは、さまざまな体の代謝機能が働いて行われるものです。そのため、特定の栄養素さえ摂ればよいというものではなく、複数の有効な栄養素をそれぞれがうまく働くように摂取することが大切です。その中でも主に摂取したいものとはどのようなものでしょうか。
まずは、毛髪を生成する主成分であるタンパク質は、言わずもがな摂取しておかなければ髪にすらならないために必須の栄養素となります。食物に含まれるタンパク質の形をケラチンに形成し、髪として細胞分裂させるのが毛根の働きですから、まずはその大元となるタンパク質を摂らないことには健康な毛髪にたどり着きません。
さらに、体内の代謝と健康全体をつかさどる必須栄養素であるビタミン群。ビタミンB2は活性酸素を抑えて代謝を促進させる効果が、ビタミンCは頭皮の健康を保つ効果が、ビタミンEには血行を促進させる効果がそれぞれ期待できます。

また、必須ミネラルであり、体内組織の生成になくてはならないと言われる亜鉛は、毛髪に関してもタンパク質としてのケラチンを形成するための重要な成分です。これがないと髪自体が生成できないため、発毛には欠かせない栄養分であるといえます。
これらが含まれている食物の代表としては、タンパク質は豆腐や鶏肉、卵など、ビタミン群では緑黄色野菜を中心に、B2ならレバーなど、Eならアーモンドやゴマ、Cは柑橘系果物で摂取できる栄養分として有名です。亜鉛を含むものは貝類やうなぎ、レバーといった食物が挙げられ、これらの成分を意識的に摂取することでより頭皮と毛髪の健康を目指すことができます。
悪影響を与えるもの
逆に、発毛に悪影響を与えることが予想される食事もあります。発毛に大切なのは血行促進・正常な頭皮、毛根の活性となりますが、これらを阻害する可能性のあるものは全てよくないとされています。
まず避けるべきものとして代表的に上がるのが脂質、塩分を多く含むもの。これらが血中に多く含まれるようになると血に粘りが出てしまうだけではなく、血管を詰まらせ血行を妨げる要因になります。糖質に関しても同様。このように血の巡りを阻害してしまう食事は意外と多くあります。私たちの食生活では、ラーメンや揚げ物、ファーストフードなど脂質・塩分・糖質が全て含まれているものが非常に多くなっており、注意が必要です。
さらには、アイスクリームや冷たい飲み物なども気を付けるべきです。これは、胃の機能を委縮させてしまうことなどから、毛髪の他に体内の各組織を活性化させるインスリン様成長因子・IGF-I の発生を妨げるとされています。
発毛は体の健康そのものと連動しますので、そのためにはきちんとした食生活を送ることが重要となります。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

AGA

早めに対処した男性のAGA体験談

まだ髪の毛があっても5年後は不明 AGA体験をしている人は世の中に数多くいますが、それまではAGAの存在自体を知らなかったという人もたくさ…

カテゴリー

発毛実感率99.4% その薄毛に医師という選択肢。AGAスキンクリニック
ページ上部へ戻る