AGA治療の副作用が心配です

tablets-276943_1280
個人差がありますが、副作用が出る方もいらっしゃいます。

AGAの治療ではフィナステリドとミノキシジルという成分の含まれた薬剤を使うのが主要なアプローチです。
いずれも医薬品のため、副作用は少なからずあります。

フィナステリドは、脱毛症を抑制する効果のある薬剤です。AGAはジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが脱毛の指令を出すことによって発症します。このジヒドロテストステロンの生成を阻止する効果があるため、これ以上の抜け毛を抑制するために処方を行います。

男性ホルモンに作用する薬剤のため、性欲の減退やED等男性機能に副作用が出る可能性があります。
たとえば新婚の夫婦で、子作りのことを検討しているのであればフィナステリドの服用には注意した方が良いでしょう。

ただしこのような副作用が起きる確率はほんの数%程度です。

多くの方は服用しても、自覚症状が何も起こらないのが事実です。
国内の臨床試験では3年間フィナステリドを使用して、70%以上の人に脱毛症の改善が確認されたといわれています。
その為、薄毛が気になる方は、あまり副作用のことは心配せずに、フィナステリドを服用してみて、何か気になる症状が見られれば、速やかに主治医に報告をして対処をお願いましょう。

脱毛症を食い止めるのがフィナステリドとすれば、発毛を促していくのがミノキシジルです。AGA治療では、フィナステリドとミノキシジルをセットで処方するケースがあります。髪の毛が成長するためには、毛母細胞が細胞分裂を盛んに繰り返す必要があります。ミノキシジルは休止状態に陥っている毛母細胞に直接働きかけることで、細胞分裂を促し、発毛を促すための治療薬です。

もともと高血圧の治療薬として開発されていたのですが、多毛症になる患者が続出したことで、発毛用の医薬品としても使われるようになりました。アメリカの権威あるFDAが薄毛治療薬として認可したことで、世界中で注目を集めるようになりました。

血管を拡張することで、頭皮の血行を良くします。そして血液中に含まれる栄養分をスムーズに供給することで毛母細胞の働きを活発にするわけです。このミノキシジルですが、副作用の事例も報告されています。
その中でも多いのが、皮膚トラブルに関するもの。
頭皮に直接塗布するスタイルの医薬品ですから、若干頭皮のかぶれやかゆみ、湿疹、脂漏性皮膚炎といった症状が出てくる可能性もあります。

またもともと高血圧症の方が血圧を下げるための薬として処方されました。このため、もともと低血圧の方が塗布すると今まで以上に血圧が下がってしまう恐れもあります。また高血圧症の方で血圧を抑制する薬を服用している人はその薬との相乗作用によって、必要以上に血圧を下げてしまう結果につながりかねません。

このような人はミノキシジルの処方を受ける前に事情を説明して、本当に使用しても問題ないか確認しましょう。ただ薄毛治療のために使うミノキシジルは、高血圧症と比較して量は少ないです。また頭皮に塗布する形で治療しますので、そこまで顕著な副作用が現れる可能性は低いと言っていいでしょう。

医薬品を使用する場合、薄毛治療薬に限らずどのような種類でも多少の副作用のリスクは付き物だと思ってください。しかしフィナステリドに関してもミノキシジルに関しても、発症する確率は低いですし、何か症状が出たとしてもそれほど重い症状に発展することは少ないです。また仕様を中断すれば、症状も次第に収まってきます。注意することはもちろん大事ですが、あまりナーバスになる必要もないでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

surch_laptop-819285_1920

植毛施術について知りたい方へ

薄毛治療に効果的な方法 植毛という言葉の雰囲気から大体の察しはつくかもしれませんが、植毛というのは頭皮に直接髪の毛、もしくは人工物の髪の毛…

カテゴリー

ページ上部へ戻る