パーマをすると薄毛は進行しますか?

parma
パーマと薄毛の直接的な関係はありません

パーマと薄毛の関係性ですが、まず直接の関係性はありません。つまりパーマをかけることで抜け毛が発生して薄毛になる心配はしなくても良いのですが、ただし間接的には薄毛の原因となる可能性があります。

パーマをかけるときにはパーマ液を髪の毛につけますよね。
この時髪の毛の内部に含まれるたんぱく質が分解されるのですが、その結果、髪の毛全体が細くなります。
いわゆるコシのない髪の毛だと、簡単なことで切れ毛を起こしてしまいます。
軽めのパーマを一回くらいかけたところで大きく変化することはありませんが、きつめのパーマを何度もかけていると切れ毛が起こりやすくなり、薄毛のような状態に見える事もありますので注意しましょう。

また、このパーマ液ですが、頭皮に付着してしっかり洗い流せないと厄介です。パーマ液が毛穴をふさぐような格好になって、髪の毛の成長を邪魔します。しかも毛穴をふさぐことで皮脂が出ていきにくくなって、頭皮に炎症を起こす可能性も高まり、その結果、抜け毛の遠因となる可能性があります。

あまりパーマを当てた経験のない美容師が担当すると、頭皮にパーマ液が付着しやすくなりますから注意が必要で、いつまでも健康な髪の毛を維持したいのであれば、パーマは極力避けた方が良いでしょう。

でも中にはおしゃれの一環として、パーマのヘアスタイルを堪能したいと思う人もいるかと思います。
その場合には、極力パーマはなるべくかける回数を少なくした方が、髪の毛の負担も軽減されますので、パーマが長持ちするような対策をするのも手です。

大事なのは、髪の毛をすぐに洗髪しないことです。

パーマをかけてから時間を置くことでパーマ液が髪の毛になじみやすくなります。
そしてシャンプーをする時には、アミノ酸系のシャンプーを使用してください。
これはパーマをかけた直後の髪の毛は、アルカリ性になっているのですが、アミノ酸系のような弱酸性のシャンプーで髪の毛を洗うことでアルカリ性から私たちの髪の毛のもともとの性質である酸性に戻すことが出来る為です。
アミノ酸系のシャンプーは、少なくても1週間は連続して使用することをおすすめします。

また、シャンプーをした後のドライヤーの際も注意が必要です。
ドライヤーをかけるときに、髪の毛をくしで梳かす人がしばしばみられますが、このくしで梳かすのを避けることも大事です。
パーマがかかっていると、髪の毛が絡んでいる可能性は高い為、くしで梳かそうにも、髪の毛が引っ掛かりやすくなります。この時、無理やり梳かそうとすると、髪の毛に大きな負担がかかり、髪の毛は弱くなっていますから抜け毛や切れ毛の原因となります。
何より、髪の毛を引っ張ると、頭皮もダメージを受けやすくなります。
健康な髪の毛を成長させるためには、その土台にある頭皮の健康状態も大きく関係します。
常に頭皮が引っ張られる状態だとダメージを受けやすくなって、肌トラブルが起きる可能性が出てきますので、パーマをかけている状態では無理に引っ張らないことです。

このようにケアをしっかり行えるのであれば、たまにはパーマを当ててみても良いかと思いますが、髪の毛に大きな負担をかけていることは認識しておくべきです。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

PPC_1manensatu4mai_re

気になるAGA治療費用を知りたい

AGA治療は高くつくのか 今現在男性型脱毛症、AGAに悩んでいるという方だと治療を検討している方も多いのではないでしょうか。何とか治療して…

カテゴリー

ページ上部へ戻る