薄毛の場合、飲酒を控えた方が良いですか?

aga110-A23
過度な飲酒は健康にも髪にも良くないことです

お酒は百薬の長といわれており、適量であれば、ストレス解消にも繋がりますし、そういう意味で人によっては薄毛改善に繋がるともいえるでしょう。
しかしここで忘れてはならないのが、適量であれば効果がある点です。過度の飲酒をすれば、逆に薄毛の症状を促進してしまう結果につながりかねません。

なぜ過度の飲酒が薄毛になるかというと、肝臓が関係しています。アルコールを分解するのが肝臓であることはみなさんもご存知でしょう。アルコールは体内に入ると、アセトアルデヒドという毒性のある物質になって、肝臓がさらにアセトアルデヒドを分解して、酢酸という無毒なものに変えてくれます。もし過剰に飲酒をすると、肝臓がアセトアルデヒドの分解に間に合わなくなります。そうすると、アセトアルデヒドが血液中に含まれ、全身を循環してしまいます。お酒を飲みすぎて二日酔いとか悪酔いしたことはありませんか?この原因がアセトアルデヒドなのです。

このアセトアルデヒドは、ジヒドロテストステロンを増加させる働きもあると言われています。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの一種で髪の毛の脱毛を促す働きがあります。頭頂部や額の生え際が脱毛する男性ならではの脱毛症であるAGAの原因は、ジヒドロテストステロンといわれています。

また髪の毛の主原料は、ケラチンというたんぱく質の一種です。たんぱく質が合成されるのも肝臓です。ところがもし大量に飲酒してしまうと、肝臓はアルコールの分解につきっきりになってしまいます。その結果、なかなかタンパク質を合成できなくなります。髪の毛の原料がなかなか生成できなくなるわけで、髪の毛の成長のペースがダウンして、結果薄毛になりかねないわけです。

ビール瓶1本とか日本酒であれば1合程度の飲酒であれば、適量といえます。この程度の酒量でコントロールできる人であればいいですが、なかなかそううまくいかないでしょう。酔っぱらってしまうと冷静な判断ができなくなるからです。

また酔っぱらうと、食欲を増進する傾向もあります。揚げ物料理やラーメンのような、脂質分の多い食べ物が食べたくなるものです。誘惑に駆られておつまみとして揚げ物料理などを食べると、皮脂の分泌が活発になります。すると毛穴に詰まりを起こして、頭皮の炎症を引き起こす恐れも出てきます。

このような事情で、特に過度の飲酒は薄毛の原因となりえます。もし薄毛に悩んでいて、お酒が大好きという人なら節酒してみると良いでしょう。理想は禁酒ですが、それまでお酒を飲んでいた人がいきなり一滴もお酒を飲まないとなるとイライラの原因となりかねません。するとそれがストレスになってしまって、抜け毛を助長する結果につながりかねません。

そこでまずは週に何日かお酒を飲まない日を作ってみましょう。よく休肝日といいますが、お酒を飲まないことで肝臓を休ませることができます。過度の飲酒は薄毛だけでなく、健康を害する可能性があります。お酒を飲むことは決して悪いことではないですが、ほどほどを心がけるようにしましょう。毎日お酒を飲む人は、週に1~2日お酒を飲まない日を作ってみることです。飲むときも酒量を少なめに意識してみると良いです。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

aga110-A33

プライバシー完備だから通院は誰にもバレない

薄毛治療を受けたいけど、家族や友人、職場の同僚や上司にばれないか、と心配になってしまう方も多いのではないでしょうか。薄毛はしっかり改善したい…

カテゴリー

ページ上部へ戻る