薄毛はやはり遺伝が原因でしょうか?

9762765983_26a72a44fd_b
遺伝も遺伝は原因のひとつとして考えられます

遺伝と薄毛の関係性はあると言っていいです。特にAGAの場合、髪の毛の抜ける原因としてジヒドロテストステロンの関わっていることは既に判明しています。テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの一種が、5αリダクターゼという酵素とくっつくことでジヒドロテストステロンに変化します。そしてこのジヒドロテストステロンが脱毛の指令を出すことで、脱毛症が起きるわけです。ただしジヒドロテストステロンができるだけでは、薄毛にはなりません。

ジヒドロテストステロンが、毛乳頭にあるアンドロゲンレセプターに結合するとTGF-β1という因子を分泌します。TGF-β1には、毛母細胞の細胞分裂を停止させ髪の毛を成長させなくなるとか、アポトーシスと言って毛母細胞そのものを殺してしまう作用があります。つまりジヒドロテストステロンが多く生成され、アンドロゲンレセプターがもともと多い人はハゲやすいと言えるわけです。

実はこのアンドロゲンレセプターの感受性の高い人かどうかは、遺伝によって決められることもわかっています。遺伝子は無数の塩基配列によって構成されています。この塩基配列の順番は人によって違って、親の遺伝子の影響を受けます。ちなみにアンドロゲンレセプターの感受性の高い人は塩基配列の中でも、CAGもしくはGGCという塩基の順番の繰り返しの少ない人であることが判明しています。このような塩基配列を持っている人は、ジヒドロテストステロンに対する影響を強く受ける、つまり薄毛になる可能性の高い人となるわけです。

特に男性の場合、頭頂部と額の生え際で集中して脱毛が起こります。かなりハゲている人でも側頭部と後頭部の髪の毛は比較的フサフサしていることが多いです。なぜこのようなことが起きるかというと、先ほどのアンドロゲンレセプターが関係しています。後頭部や側頭部の毛根には、アンドロゲンレセプターが存在しません。つまりジヒドロテストステロンがいくら多く生成されたとしても、その影響を全く受けません。その結果、後頭部と側頭部はAGAを発症したとしてもその影響をほとんど受けないわけです。

父親や母方の男性で薄毛の人が多い人は、ハゲやすい遺伝子を受け継いでいる可能性が高いです。ただしこのような遺伝子を受け継いでいたとしても、あくまでも「ハゲやすい」だけであって確実に髪の毛が抜けるわけではありません。先天性の他にも、薄毛になる要因はあります。たとえば、生活習慣の乱れやストレスなどが考えられます。

そこで家族を見て自分が将来ハゲになるかもしれないと思っているのなら、まずクリニックで遺伝子検査を受けることです。そしてそのリスクをしっかり自覚しましょう。ハゲやすいのであれば、生活習慣を見直してみることです。栄養バランスのとれた食事を心がけるようにする、夜更かしをせずに早寝早起きの生活リズムを身に着けるなどの対策をしましょう。またストレスは髪の毛にとって大敵です。しかし一方で、現代人が全くストレスの影響を受けることなく日常生活を送ることも難しいです。そこでストレス解消する方法を持ちましょう。気分をリフレッシュするために、趣味に没頭できるような時間を定期的に持つようにしてみてはいかがですか?”

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

6a9846d201e5395182dbdb36654478d1_s

結局何がいいのか?育毛剤の成分比較

育毛剤は効果があるのか 薄毛の人には気になるドラッグストアの店頭やインターネットで売られている育毛剤。 育毛や発毛に効く成分が含まれてい…

カテゴリー

発毛実感率99.4% その薄毛に医師という選択肢。AGAスキンクリニック
ページ上部へ戻る