脂ものは避けた方が良いですか?

crispy-pata-275983_1920_re
脂っこい食事はドロドロ血液を生む可能性があります

脂の乗ったステーキや揚げ物料理に目がないという人もいるでしょうが、薄毛対策を考えた場合、このような料理を口にするのは控えた方が良いです。
まず薄毛の方の頭皮を見ると皮脂が過剰に分泌している場合が多いです。
「皮脂」と書かれていることからわかるように、脂の一種です。脂ものの料理を普段から多く摂取していると、おのずと皮脂の分泌も激しくなります。皮脂は適度に分泌されていれば、頭皮をバリアしてくれるのでむしろ好ましいです。ほとんど皮脂のない、乾燥した状態でも頭皮はダメージを受けやすくなります。しかし過剰に分泌している状態も考え物です。皮脂が過剰に分泌すると、頭皮の毛穴がふさがってしまいます。そしてこの皮脂を餌にする細菌が増殖しやすくなります。その結果、頭皮に湿疹などの肌トラブルが起こりやすくなります。健康な髪の毛を成長させるためには、健康な土壌すなわち頭皮が絶対条件です。皮脂が過剰に分泌すると、この頭皮の健康を損ねてしまうわけです。

薄毛と脂ものが密接に関係しているのにはもう一つ要因があります。それは血液の流れに関する問題です。ドロドロ血液という言葉を聞いたことはありませんか?血液の粘りが強くなってしまって、なかなか血管内を血液がうまく流れていかない症状をさします。脂質の多く含まれる食事ばかりを食べているせいで、血液中にコレステロールや中性脂肪が増えることでドロドロ血液になってしまいます。

ドロドロ血液になれば、血液の流れが悪くなります。特に頭皮のような末端部分にはほとんど血液が流れなくなる恐れが高まります。髪の毛を生やすためには、原料となる栄養分が必要不可欠です。その原料がなかなか届かなくなるので、髪の毛の成長も悪くなります。その結果、脱毛症が進行してしまうわけです。このように脂ものの料理ばかり食べていると、どうしても薄毛になりやすいです。

そこでもし外食で揚げ物料理や炒め物、肉料理などを食べることが多いのであれば、食生活の見直しをした方が良いでしょう。まず外食続きの方は、注意すべきです。外食は脂っこい料理が多く、しかも野菜があまり出ない傾向があります。自炊できる時には自炊を心がけるようにしてください。

料理を作るのが苦手、時間がなくて自炊できない時には、まず魚料理をなるべく食べるように心がけましょう。その他には定食をなるべく頼むように心がけることです。定食であれば、付け合わせでサラダや煮物の付いてくるケースが多いからです。丼物の場合、なかなか野菜を食べるチャンスがなくなります。どうしてもというのであれば、サイドオーダーで野菜料理を注文することです。弁当を買って帰る場合でも、野菜料理や煮物をつけて購入することです。栄養バランスが偏っていないかどうか確認しましょう。

また意外な所では、スイーツも注意した方が良いです。生クリームや生地などに練り込まれているバターなどに脂質が多く含まれています。このようなスイーツに目がない人もなるべくおやつを控える、もしくは同じ甘いものでもフルーツを食べるようにした方がヘルシーです。

ただし脂ものの料理を一切食べないとなると、辛いと感じる人も多いでしょう。特に今までそのような料理ばかり食べていた人はそのように感じるはずです。極端にカットしてしまうと、そのことがストレスになってしまいます。ストレスも髪の毛にとっては好ましくない環境なので、適度に脂ものの料理も食べるようにしましょう。

上で紹介したドロドロ血液は、私たちの健康を害する可能性があります。血液の流れが悪くなるだけでなく、時には血管につまりを起こします。脳で起きれば脳梗塞、心臓で起きれば心筋梗塞で命にかかわる可能性も出てきますので、とにかく食生活には注意が必要ですね。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_l

AGAに関する情報収集を行う

髪の毛の状態を自分で見る 大半の人は鏡を見て最近髪の毛が薄くなってきたなと感じるか、抜け毛が今までよりも酷くなってやばいと感じるかのどちら…

カテゴリー

ページ上部へ戻る