前頭部から薄毛が進行中です。治療するお金がないのですがどうすれば良いですか?

PAK85_ra-mensusurugaikokujin20140531_re
生活習慣の見直しから始めてみましょう

男性の前頭部の薄毛は、AGAに起因するものが多いです。
この額の生え際の後退を進めないようにするためにみなさんでもできることの中に、生活習慣の見直しがあります。

まずは自分の食生活を見直してみることです。仕事などの関係で、外食が続いている人はいませんか?外食の場合、偏った栄養バランスになることが多いです。特に脂肪分の多い食生活を続けていると、頭皮の皮脂の分泌が活発になります。そこで肉料理や揚げ物料理、甘いものをなるべく食べないように心がけましょう。

一方で野菜などを意識して食べるようにすることです。髪の毛の主原料はタンパク質です。そこで魚や大豆などからたんぱく質を取り入れるように心がけることも大事です。特に大豆には大豆イソフラボンと呼ばれる成分が多く含まれています。この大豆イソフラボンは体内に入ると、女性ホルモンの似た働きをします。男性ホルモンと中和されることで、男性ホルモンが原因の脱毛症の症状緩和につなげられる可能性があります。

規則正しい生活を心がけることも重要です。特に睡眠はほかに何もすることがなければ、夜更かしをせずに十分とるように普段から心がけることです。
髪の毛の成長に欠かせない成分に、成長ホルモンがあります。この成長ホルモンは夜間、眠っているときに分泌されます。特に夜の10時から深夜の2時に分泌が盛んになりますから、この時間帯には休息をとるように心がけましょう。

ストレスをためるのも、前頭部の薄毛を誘発してしまいます。ストレスを常に受けている状態だと、血管が収縮してしまって血行を悪くし、髪の毛の成長に必要な栄養分がスムーズに供給できなくなります。趣味の時間を持つこと、また体を動かすことでストレスを定期的に発散することも髪の毛の健康維持のために必要なことです。

タバコを吸う人は、禁煙もしくは節煙を心がけること。
タバコに含まれるニコチンなどが頭皮の血行を悪くする作用がわかっています。またタバコを吸うことで髪の毛の成長のために必要な栄養分を消費してしまうのも、薄毛にとって好ましい状態ではありません。

あとシャンプーは毎日行って、頭皮を清潔な状態にすることも前頭部の脱毛回避のために必要なことです。シャンプーをする時には、手でまず泡立ててから後頭部につけます。そして頭部全体を包み込むような要領で洗浄しましょう。そしてすすぎは念入りに行ってください。頭皮にシャンプー剤が残ると炎症などを引き起こしますし、血流を悪くする要因にもなりかねません。頭皮をシャンプーするときには、マッサージをすると良いでしょう。マッサージをする場合には、優しくもみほぐすことが重要です。強い力でもみ込むとかえって頭皮を傷つけることになりかねません。よく男性の中でシャンプーをする時に、爪を立てるような感じで、ごしごしと洗っている人を見かけます。これも頭皮を傷つけることになって、むしろ脱毛を助長させる可能性が高いです。頭皮は自分が思っている以上にデリケートな存在であると思った方が良いです。

前頭部の薄毛対策と言われると、育毛剤だ育毛シャンプーだといったことをイメージする人も多いですが、上で紹介したように、生活習慣の見直しをすることも脱毛症進行回避のために、効果があるのです。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

11076160_739015356195936_345185950804809492_n

女性が男性の薄毛に対する本音を激白

薄毛に悩んでいる方だと、ただ外を歩いているだけでも他人の視線が気になってしまうものですよね。特に、男性型脱毛症で視覚的に分かりやすい薄毛だと…

カテゴリー

発毛実感率99.4% その薄毛に医師という選択肢。AGAスキンクリニック
ページ上部へ戻る