ノンシリコンシャンプーは、本当にAGAに効果があるのか?

Photo of from back of muscular man washing head

シリコン入りよりノンシリコンのほうが良い?

AGA(男性型脱毛症)をはじめとした薄毛や抜け毛が心配になってくると、気になるのが今使っているシャンプーです。

昨今は、“頭皮にやさしい”といううたい文句でノンシリコンシャンプーがブーム。
シリコンが悪いとされているのは「毛穴に詰まる」「キューティクルがはがれやすい」「頭皮を痛めやすい」、一般的にこのようなことが多くいわれていますが、これらはすべて曖昧な根拠。
厳密にいうと、シリコンは水や脂に馴染まない性質なので毛穴に入り込んで詰まらせることはないですし、シリコンは強い酸性やアルカリ性にもほとんど化学反応を起こさないため、皮ふに触れても痛めるようなことはないといえるのです。

強い洗浄力が頭皮に影響を及ぼす

上記のように、シリコン自体に問題はなさそう。

では、シリコン入りのシャンプーは何が問題なのでしょうか。
それは、シリコンの特性にあります。シリコンは髪を洗ったあと、髪のダメージをコーティングし感じさせないように仕上げることができます(髪をサラサラにする成分)。
汚れもしっかり落ちてさっぱり感があるように思われますが、強い洗浄力で、必要な皮脂も洗い落してしまうのです。
この“強い洗浄力”が問題で、皮脂を取り過ぎた反動で過剰分泌を起こす場合があり、脂漏性脱毛症や頭皮の炎症等を引き起こして、結果的にAGAを進行させてしまう可能性も。

頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプー

それでは、具体的にどのようなシャンプーを選ぶのが良いのでしょうか。

髪の汚れは、洗髪前のブラッシングと、ゆるま湯のすすぎでだいたい落とすことができます。
ですから、シャンプーの大事な役目は頭皮をきれいにすること。頭皮を刺激が強すぎない洗浄力で健やかにしてくれるのが、良いシャンプーといえそうです。
頭皮にやさしいシャンプーといえば、まず挙げられるのがアミノ酸系。
AGA対策でもよく取り上げられるものですね。
成分はココイルやラウロイル、コカミドなどから始まるものが多く、洗浄力は控えめながら髪や地肌にやさしいといわれています。

より刺激の弱い石鹸系シャンプー

より頭皮への刺激を弱めたいという方は、石鹸系のシャンプーという選択肢もあります。

その名のとおり、主に洗浄成分は石鹸でできており、固形石鹸とほとんど変わりません。
石鹸は動物性の油が原料となっているものが多く、全身にも使うことができて、肌への刺激が少なく洗浄力もあるのがポイント。
ただ、ほとんどアルカリ性のものなので、洗った直後は髪がキシキシときしんだ状態に。
ですがこの状態は、アルカリ性を中和しつつ指どおりも滑らかに仕上げてくれる専用リンスを使うことで軽減することが可能です。
商品の使い方や状態を見て決めると良さそうです。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

210397

AGA費用について知りたい方必見

男性の多くが悩むAGA 男性型脱毛症として知られるAGAですが、現在では多くの方がこのAGAに悩まされていると言われています。男性型脱毛症…

カテゴリー

発毛実感率99.4% その薄毛に医師という選択肢。AGAスキンクリニック
ページ上部へ戻る