AGAセルフチェックしてみよう

TAN_uwanensyuhikusugi_re

AGAは早期発見が大事

最近なんだか髪の毛が少なくなった気がするな、抜け毛が多くなったような気がする、という方もいるかもしれませんが、そうしたことが気になりだしたらもしかするとAGAなのかもしれません。
AGAは男性型脱毛症と呼ばれる症状で、頭頂部や前頭部が薄くなってしまいます。AGAは早期に発見して治療することが何より重要と言われており、放置しておいても治ることはまずありません。放置すればするだけ症状が進行してしまい、最終的には完全に髪の毛を失ってしまった、ということにもなり兼ねませんから、少しでも気になり始めたらAGAセルフチェックをしてみる必要があります。

気になったらセルフチェックを

AGAセルフチェックをすることで本当に男性型脱毛症なのかどうかをある程度判断することができます。以下に10個挙げてみますからチェックしてみましょう。
最近髪の毛が細くなりハリもなくなってきた、ストレスを受けることが多い、猫背と言われることが多い、肉食中心の生活で野菜をあまり食べない、喫煙者である、睡眠時間が慢性的に少ない、洗浄力の強いシャンプーを使って洗髪している、髪全体にリンスを使っている、フケが多い、頭皮がかゆい。どうでしょう、もし五個以上該当するものがあった場合、アナタはAGAなのかもしれません。

もしAGAならどうするのか

AGAセルフチェックによって五つ以上該当する項目があった場合AGAである可能性が高いですから、なるべく早い段階で治療する必要があります。
男性型脱毛症の治療はどのようにするのかというと、主に治療薬を用いた治療になります。現在では頭皮に直接塗布するタイプの薬と、服用タイプの治療薬がありますがこれらを一定期間使用し続けることによって育毛効果を期待することができるでしょう。ただし、これらの治療薬には少なからず副作用などもありますから、個人で入手して独自に治療を進めるというのはあまり良い方法とは言えません。

クリニックも検討する

AGAセルフチェックでAGAの可能性が高まったのなら専門クリニックで一度診断を受けた方が良いかもしれません。現在では薄毛治療専門クリニックも増えましたから、医師の助言のもと適切な治療を受けることができるでしょう。
頭皮の状態はもちろんですが、薄毛の進行具合などを正しく理解するのは専門家でないと難しいです。AGAはとにかく早期の発見と早い段階での適切な治療が必要となりますから、本気で治療を考えているのなら自己流の治療ではなく専門クリニックの方が良いかもしれません。

セルフチェックはこちら▲

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

kagami_imasia_9953495_XL

AGA副作用について知りたい方へ

AGAを治療するための薬 男性型脱毛症、いわゆるAGAの治療を今現在行っているという方もいるかもしれませんが、実際の治療においては薬が使用…

カテゴリー

ページ上部へ戻る