AGA副作用について知りたい方へ

kagami_imasia_9953495_XL

AGAを治療するための薬

男性型脱毛症、いわゆるAGAの治療を今現在行っているという方もいるかもしれませんが、実際の治療においては薬が使用されることが多いです。この治療薬にはフィナステリドと呼ばれる成分が配合されているのですが、これから治療を始めようとしている方の中にはAGA副作用などがないのか、と心配している方も多いのではないでしょうか。
すべての薬において副作用は生じると言われています。これは男性型脱毛症治療薬に限らず、風邪薬や鎮痛剤などでも同じです。風邪薬などを飲んで眠くなってしまったという方もいると思いますが、それが一つの副作用です。

AGA治療薬には副作用がある?

さきほどもお伝えしたように、副作用のない薬は世の中に存在しないと言われています。薬によって起きる可能性のある副作用は実に様々ですし、人によってどのような作用が現れるか予想ができないこともあります。風邪薬を飲んで眠くなる方もいれば、全身がだるくなってしまう方もいます。
では、AGA副作用にはどのようなことがあるのかということですが、臨床試験によると性欲の減退や勃起機能の低下が認められた、と言われています。しかし、どちらにせよ起きる可能性は非常に低いようですからそこまで心配する必要はないのではないでしょうか。

副作用への対策は?

AGA副作用が心配だから対策をしたい、と考えている方も多いかもしれませんが、さきほどから何度もお伝えしているように副作用はどのような形で現れるのか不明なところもありますし、人によって現れ具合も異なります。そのため、完全に防ごうと思ったらその薬を使用しないことが一番ということになってしまいます。
さきほどの話にも上ったように、アメリカで行われた臨床試験によると実際にフィナステリドが配合された治療薬を服用して副作用が生じたという方は全体の2パーセント程度の割合です。このことからも分かるように、そこまで気にすることもないと思います。

クリニックで相談しよう

AGA副作用がどうしても気になる、それがネックになって治療に踏み切ることができない、というのなら専門クリニックでしっかり相談することをおススメします。現在では薄毛治療専門のクリニックは沢山ありますし、無料カウンセリングをしているところもありますから、まずは相談してみると良いでしょう。
現在ではインターネットを利用することでAGA治療薬を手に入れている方もいますが、これだと少々リスクが高いかもしれません。やはり治療薬を服用するのなら専門医の診断なども必要ですから、リスクを抑えたいのなら専門クリニックを利用しましょう。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

TAN_uwanensyuhikusugi_re

AGAセルフチェックしてみよう

AGAは早期発見が大事 最近なんだか髪の毛が少なくなった気がするな、抜け毛が多くなったような気がする、という方もいるかもしれませんが、そう…

カテゴリー

ページ上部へ戻る