AGAの治療の方法とは

3881039fa0ce94a40b575f99647f2c1f_l

AGAで苦しんでいる人が多い

AGAとは男性型脱毛症であり、近年悩まされている人が増えています。元々、中高年の男性に多く見られる症状だったのですが、最近では若い男性や女性にも同様の症状が見られるようになりました。
AGAとなってしまうと、そのまま放置しておけばどんどん薄毛が進行していきます。進行性の症状であり、きちんとした対処をしないと自然に状況が改善されることはありません。
薄毛になってしまうと、精神的に大きなダメージを受けてしまうでしょう。外に出るのが億劫となってしまう方も少なくありません。自分がAGAであることを受け入れて、真剣に対策を採るべきです。

AGAになってしまう原因とは

AGAになってしまう原因として、一般的には遺伝や男性ホルモンなどによる影響が指摘されています。元々、男性は女性と比べると遺伝的に薄毛になりやすい性質があります。また、体質的に男性ホルモンの放出が盛んとなっている人はその影響が髪の毛に出やすいです。
AGAが進んでいる部分にはジヒドロテストステロンという物質が高濃度で見られます。この物質は男性ホルモンが変化してものであり、ヘアサイクルを短くする影響を与えるために、髪の毛が抜けやすくなり、結果的に薄毛が目立つようになるのです。
そのため、AGA治療では男性ホルモンに働きかけることが重要となります。

AGA治療の方法とは

AGAを治療するための方法として、投薬と頭皮環境の改善、生活習慣の改善などが行われます。これらの方法はどれか一つだけ行うのではなく、複数を同時進行で行うことによって、より大きな効果を期待できます。
投薬としてよく用いられるのがプロペシアという薬です。これは男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変化しないようにする効果があります。これによって、薄毛をもたらす直接的な原因を取り除くことが可能です。
また、生活習慣や頭皮環境を整えることによって、髪の毛が生えやすい環境を維持できます。

クリニックで受けられるAGA治療について

クリニックではAGA治療として、まず頭皮や髪の毛の状態を診断します。また、普段の生活について質問されて、どのような影響によりAGAとなってしまったのかを考えます。
実際に治療方法としては、薬を処方されることが多いです。また、生活上のアドバイスをしてくれるため、医師から言われたことをきちんと守ることが大切です。
薬を用いるだけでもある程度の効果を期待できるのですが、頭皮の環境を悪化させないような生活を送ることも同じぐらい重要となります。AGAを治療するためには、根本的な意識改革が必要なのです。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

AGA

早めに対処した男性のAGA体験談

まだ髪の毛があっても5年後は不明 AGA体験をしている人は世の中に数多くいますが、それまではAGAの存在自体を知らなかったという人もたくさ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る