AGA治療と健康保険の関係について

b5ce9e13feb240bebdcbecfffe7e0211__re

AGAは医師の診察を受けられる治療法

男性型脱毛症と呼ばれるAGAは医師の診察を受けた上で必要ならば脱毛症に対処すべき適切な方法で改善を目指していくことができるようになっています。つまりは薄毛を改善するために今は医学の力を借りられるようになっているのです。しかしながら、このAGA治療に関しては保険適用外であるケースが多いのです。そのためAGA治療保険に関しては基本的には当てにせずに、自腹になる可能性が高いと考えておきましょう。ただし、それだけの金額を払う価値があると考えている人も世の中にはたくさんいますので、その事実も覚えておくべきと言えます。

AGAは基本的に自由診療の扱いになる

日本では健康保険があれば3割負担などで医療を受けられます。これは残りを健康保険によって賄ってもらっているからです。しかし、保険に適用になる治療とそうではない治療があります。AGA治療に関しては保険適用外となっていますので、基本的には自由診療の扱いになります。これはどこの医療機関においても同じですから、AGA治療保険の関係性については頭に入れておきたいものです。薄毛の悩みを抱えている人であれば、このような関係性はぜひとも覚えておきたいポイントと言えるのではないでしょうか。お金に関することなのでしっかり覚えておきましょう。

AGA治療の費用対効果を検討

AGA治療保険を当てにしている人もいますが、AGA治療は基本的には保険適用外です。そのため、自由診療の扱いとなって、全ての費用を自ら支払うことになります。しかし、だからといって諦めるのが正しいかと言えばそうでもありません。その治療をおこなうことによって今まであった悩みが消える可能性もあるわけですから、費用対効果を考えた上で最終的な決断をおこなっておくべきと言えるのではないでしょうか。自分自身のためにおこなうべきことですから、この点はきちんと悩み抜いて、その上で判断をしていきたいポイントとも言えるはずです。

AGAのことは先ずはクリニックに相談

AGAは保険適用外となりますので、AGA治療保険の関係性を当てにしてしまうことは避けておきたいものですが、そもそもAGAに関してはクリニックなどの専門外来によって相談をおこなうことです。医師に自らの状況をきちんと明らかにした上で、これからどうしていくべきなのかを話し合っていき、そのために適切な処置をおこなっていくのです。だからこそ、自分に悩みがあるのであれば、まずは費用のことよりもクリニックなどにおいて相談をおこなうことを考えてみましょう。ドクターと話をした上でどうするのか考えても遅くはないと言われています。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

AGA

早めに対処した男性のAGA体験談

まだ髪の毛があっても5年後は不明 AGA体験をしている人は世の中に数多くいますが、それまではAGAの存在自体を知らなかったという人もたくさ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る