AGA治療、気になる費用は?

004

決して少なくない薄毛人口

頭頂部や額の生え際など、特定の箇所の髪の毛が集中して抜けてしまう症状をAGAといいます。AGAはメディアなどでも広く取り上げられているので、聞いたことがあるという人も多いはずです。AGA人口は決して無視できない数字で、1200万人程度が該当すると言われています。男性の5人に1人くらいの割合で薄毛に悩んでいる人のいる計算になります。薄毛に悩む男性のために、最近では毛髪治療を実施している所も多いです。治療に興味があっても、AGA費用がどのくらいかかるのかが気がかりで一歩踏み出せない人はいませんか?

自由診療を理解する

通常私たちが病気になって病院で治療を受ける場合、健康保険を利用できます。健康保険を利用した場合、当人が負担するのは治療費の3割だけです。しかし保険適用されるのは、その病気やけがを治療しないと生活に支障をきたす場合です。毛髪治療の場合、薄毛のままだと日常生活を送れないというわけではありません。このため、自由診療といって治療費は全額患者が負担します。ですから通常の通院した時の治療費と比較すると、AGA費用は多少かかってしまうということを十分に認識しておかないといけません。

費用の内訳と相場

AGAの治療を医療機関で受ける場合、まず診察料が発生します。診察料の相場は、1000~3000円程度になると思って下さい。そして診察の結果、通常は投薬による治療で経過観察します。AGAで処方される医薬品として、フィナステリドとミノキシジルがあります。一般的にミノキシジルが7000円程度で、フィナステリドは7000~8000円といったところが相場になります。そのほかには髪の毛にいいサプリが処方されることもあり、2000円くらいが相場です。このため、1か月当たりトータルで2万円から25000円程度はかかると思っておいてください。

専門病院で治療

AGAの治療をするにあたって、一般病院を受診する場合と専門病院で治療するケースの2通りに大きく分類されます。専門病院の方が、一般的に治療費のかかる傾向が見られます。一般病院であれば2万円から25000円程度1か月当たりかかりますが、専門病院では3万円以上かかるケースもざらにあります。しかし専門病院の方が薄毛治療に関して専門的な知識を持つ医者がいますし、設備も充実しています。経済的な負担を背負えるかどうかも検討する必要がありますが、サービスの質なども考慮して、自分に最適なところを選ぶと良いでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

AGAの診断をしよう

AGAと治療薬 男性特有の悩みの中でも群を抜いて誰しもが気にすることと言えば、やはり頭髪のことです。端的に言えば、禿げているか禿げていない…

カテゴリー

ページ上部へ戻る