AGAの診断にかかる費用

治療費

薄毛化が進んでしまうと、それだけで負い目を感じてしまい、精神的に負担がかかることになります。自分がハゲであること自体がストレスの原因になってしまい、そうして溜まったストレスは残っている毛髪に影響を与えることになりますので、悪循環が発生してしまいます。薄毛の進行を阻止するだけならば、日頃の生活を改善するだけでも阻止することが可能ですが、これだけでは抜け落ちてしまった毛髪を取り戻すことは不可能です。
失われてしまった毛髪を再び戻すためには病院の皮膚科や専門治療クリニックなどで診断をしてもらい、AGAの治療をする必要があります。しかしながら、そういった機関で診断をしてもらうためにはお金が必要となってきます。AGAを治療するためには、実際にはどの程度の費用が必要となるのでしょうか。

病院と専門病院

AGAの治療は病院や専門病院にて行うことが可能ですが、それぞれサービス内容も違えば費用も違います。病院の場合には、診察と治療薬の処方は別料金になっていますが、専門病院の場合は診察から処方までにかかる料金を全て含めて呈示されていることが多いです。
一般病院での治療は、まず1度の診察におよそ1000円から3000円程度がかかります。そして治療薬であるフィナステリドやミノキシジル、その他のサプリメントに対し、それぞれ料金が発生することになります。相場で言うと、一月当たり、フィナステリドが7000円から8000円程度、ミノキシジルが7000円程度、サプリメントには2000円程度が必要となります。これらを全て含めて計算すると、1か月当たりの治療費は、2万円から2万5千円程度が必要となります。
これに対し、専門病院の場合には、診断や診察、そして治療薬の処方を全て含めて3万円から場合によってはそれ以上の料金が発生してしまうケースもあります。料金だけを考慮するならば、一般病院で診てもらうのが良いように思えますが、しかし専門病院の場合にはその他にも手厚いサービスを提供してくれ、より確実な治療を進められるので、値段の差はこういったサービスの質の差でもあると認識しておくと良いです。

極限までお金をかけない方法

一般病院や専門病院での治療には費用がかかり過ぎてしまうという特徴があります。AGAの治療には少なくとも半年や1年程の時間を要することになりますので、年単位での治療費を考えておいた方が良いでしょう。どちらの病院を利用するにせよ1年間の治療費は20万円から40万円となりますので、この程度の出費は覚悟しておいた方が良いでしょう。
AGAの治療は病院を活用した方がより確実に治すことができるのですが、実は個人だけでも治療をすることも可能ではあります。

極限にまでお金をかけずに治療をしたい場合には、インターネットで治療薬を海外から輸入し自己責任の上で使用する事が出来ます。

もちろん、医師の診察はありませんので、診察料はカットされて0円にまた、ジェネリック医薬品であれば、更にコストカットする事が出来るでしょう。
しかし個人で治療を行うことは様々な危険と背中合わせでもあります。例えばフィナステリドについて言うならば、この薬は副作用を持っていたり、また服用した人全員が効果を得られるというわけではなかったりと、確実に治療できるというわけではないのです。また何かトラブルが発生してしまった際にも柔軟な対応を取ることができませんので、場合によってはこれが原因で健康を害することになるという可能性もあるのです。もしも費用をかけずに個人で治療をしたい場合には、こういったリスクもあることを承知の上で行うようにしてください。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

抜け毛と季節の関係性

抜け毛とヘアサイクル 髪の毛というのは、一生のうちに何回も抜け落ちて、また生えてくるというサイクルを繰り返します。 一生ずっと生えた…

カテゴリー

ページ上部へ戻る