AGAの治療には毛髪外来を

af9980011749l

AGAって何?

よくメディアでも薄毛の症状の中の一つに、AGAという言葉が使われます。男性型脱毛症のことで、男性の薄毛に悩んでいる人のおよそ9割がAGAだといわれています。AGAの特徴として、頭頂部や額の生え際など、ある特定の箇所に髪の毛が集中して失われることが挙げられます。一方で、後頭部や側頭部の髪の毛に関してはかなり症状が進んだ後でも残っていることが多いです。中高年辺りから症状が顕著になる人が多いです。その一方で20代頃から症状の出始める、いわゆる若ハゲで悩んでいる人も見られます。

男性ホルモンが関係

AGAがなぜ発症してしまうかというと、テストステロンという男性ホルモンの関係していることがわかっています。しかしテストステロンそのものが抜け毛を増やしているわけではありません。テストステロンに、5αリダクターゼという酵素がくっつくと、ジヒドロテストステロンというより強力な男性ホルモンが生まれます。このジヒドロテストステロンは、髪の毛に対して早く脱毛するようにという指示を与えてしまいます。このため、どんどん髪の毛が抜けてしまって薄毛の状態になってしまうわけです。いかにジヒドロテストステロンを生み出さないようにするかがポイントです。

禁煙をしよう

AGA対策をするためには、生活習慣を改めることも大事です。特に普段タバコを吸う人で薄毛が気になっているのであれば、控えるように心がけてください。タバコを吸うとニコチンなど有毒物質が体内に入ります。この時血管を収縮させてしまう作用が現れます。髪の毛を成長させるためには、栄養分を血液から受け取る必要があります。ところが血管が収縮してしまって、血液の流れが悪くなるとスムーズに栄養分を受け取れなくなります。その結果頭皮が栄養不足の状態になって、なかなか髪の毛の成長しない状況になるわけです。

毛髪外来を利用

自分でいろいろと育毛対策を行ってみたけれども、なかなか薄毛の症状が改善されないというのであれば毛髪外来を利用してみることです。AGAという言葉が世間一般に浸透すると時を同じくして、毛髪外来を用意しているクリニックも日本全国に出てきています。毛髪外来では医者による専門の治療が受けられます。治療の一環として、フィナステリドという医薬品が処方されます。これは世界60か国以上で販売されている経口育毛剤のことで、AGAの原因となる5αリダクターゼの活性を抑制する作用があるといわれています。このため、抜け毛の要因を排除できるわけです。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

11076160_739015356195936_345185950804809492_n

女性が男性の薄毛に対する本音を激白

薄毛に悩んでいる方だと、ただ外を歩いているだけでも他人の視線が気になってしまうものですよね。特に、男性型脱毛症で視覚的に分かりやすい薄毛だと…

カテゴリー

ページ上部へ戻る