AGAの診断方法

治療薬の効果と費用

誰でも発症する可能性のある男性型脱毛症(AGA)が原因で悩んでいる男性方は非常に多く、薄毛とどのように向き合っていくかが問われてきています。
しかし最近ではこの悩みを解消してくれる救世主も誕生し、AGAの治療薬が開発されたのです。
ちょっとした副作用はあるものの、劇的に頭髪を育てるというものであり、目を見張るものがあります。

強い効力を持っている薬ですが、しかしながら費用が高いという欠点もあります。これらの治療薬は1度飲めば良いというわけではなく、日常的に半年から1年程度を通して服用する必要がありますので、治療を完了するまでにかかってしまう費用が多くなってしまうのです。

どういう薬なのか

そもそも男性型脱毛症とはどのような病気なのかというと、男性ホルモンであるテストステロンという成分がとジヒドロテストステロンという成分に変化してしまい、これが悪さをすることによって正常な発毛環境を阻害するという病気です。発症すると、額の生え際や頭頂部の毛髪が成長しなくなってしまい、これが原因で「Mハゲ」や「頭頂部ハゲ」になってしまうのです。そのためこの病気を治療するためには、どうにかして男性ホルモンのジヒドロテストステロン化を防ぐ必要があるのです。
代表的な治療薬であるプロペシアにはフィナステリドという成分が含まれています。この成分には、男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変化させてしまう成分である5αリダクターゼの分泌を抑制させる働きがあります。これによってAGAの進行を防ぐことが可能になるというわけです。簡単に言えば、薬に含まれているフィナステリドを摂取していれば、AGAの進行を防ぐことが可能というわけです。
最近ではフィナステリドが入っている治療薬ネットで海外から個人輸入という形で手に入れることも出来るのですが、ネットで口コミ等もある通り偽物を購入してしまう人も続出していますので、注意が必要でしょう。

脱毛症には種類がある

男性型脱毛症の場合には、前記のメカニズムが解明されていますので、フィナステリドを摂取していれば治療することが可能となりますが、脱毛症にはこの他にも円形脱毛症や牽引性脱毛症など、他に原因がある病気も様々ありますので、自分がどの病気にかかっているのかを調査した上でAGA治療薬を服用しなければなりません。むやみにAGA治療薬を服用したからといっても効果を得られるわけではありませんので、専門家に診断してもらう必要があります。

専門クリニックなどに行くと、AGAであるかどうかを遺伝子検査や専門家が直接目視での診察をしてくれます。AGAの特徴に沿った症状が出ているかどうかを入念に検査されることになります。

また、フィナステリドは全ての人に効果を発揮するわけではありませんので、当人が本当に治療薬を服用して効果が得られる体質なのかどうかまで検査をしてくれることになります。
病院やクリニックなどで専門家に診断をしてもらう他にも、検査キットを用いて、個人で検査をするという診断方法があります。しかし、検査キットを使った審査はせいぜい「フィナステリドを服用した場合に効果を得られるかどうか」くらいのものですので、自分が実際にAGAを発症しているかどうかまでは分かりません。可能ならば病院で専門家に診てもらい、治療を進めていった方が確実ではありますので、その辺りはお財布と相談しましょう。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

dff6109aadae8eefbbd1190a56463a33_l

AGAセルフチェックを知って髪を改善

AGAとは一体何なのか AGAとは男性型脱毛症のことで、簡単に言えば薄毛や脱毛のことを意味した用語です。 男性にとってこのような悩みは大…

カテゴリー

発毛実感率99.4% その薄毛に医師という選択肢。AGAスキンクリニック
ページ上部へ戻る