AGA治療でコンプレックス克服

AGA治療でコンプレックス克服

AGAの人口はどのくらい

男性の中で薄毛に悩む人はしばしばみられます。男性の中でも額の生え際が後退したり頭頂部の脱毛が顕著だったり、両方の症状の出ている人が多くみられます。これは男性ホルモンの関係しているAGAによる脱毛症の可能性が高いです。日本人男性の中で、このAGAに悩んでいる人はかなり多いです。現在通説になっているのが、日本全国に1200万人いるといわれています。男性の3人に1人くらいの割合といいます。ただし20歳未満の男性でAGAを発症する人はまずいません。20歳未満の人口を除くと割合はさらに増し、4人に1人くらいの割合になります。

AGAとヘアサイクル

AGAはなぜ起きるか考えるときに、ヘアサイクルを理解する必要があります。私たちの髪の毛は生えて成長して抜けるという過程を、一定の期間で行っています。つまり健常な髪の毛を持つ男性でも、1日に50~100本程度は抜けるのです。しかしAGAにかかってしまうと、このヘアサイクルがどんどん短くなってしまいます。このため、髪の毛が十分成長する前にどんどん抜けてしまうのです。ですから薄毛に悩んでいる人の髪の毛を見てみると、細く弱々しい髪の毛しか生えないのです。サイクルを乱す要因として、男性ホルモンが関係しているといわれています。

食生活は重要

髪の毛は皮膚の一種ですから、体の健康状態の現れやすいパーツとも言えます。もし栄養バランスの偏った食事を続けていると、髪の毛のコンディションも悪化してしまいます。特に油分や糖分の多い食事ばかりとっていると、髪の毛がどんどん脱毛してしまう可能性が高いです。もし抜け毛が気になるというのであれば、栄養バランスのとれた食事を心がけることです。肉料理に偏るのではなく、魚料理や野菜も意識して食べるように心がけることです。特に髪の毛はケラチンというたんぱく質の一種で出来ているので、たんぱく質を多く含む食べ物を食べることです。

毛髪外来の治療

AGAの治療を専門的に行ってくれる、毛髪外来を設置しているクリニックも最近では多く見られます。毛髪外来では、皆さんの頭部の状態を診察したり、生活習慣を問診でチェックしたりしてどのような治療方針をとるべきかを判断していきます。そしてAGAに対して効果があるとされる、フィナステリドやミノキシジルといった医薬品を処方してくれます。フィナステリドは抜け毛の要因となる酵素の働きを抑制する効果が、ミノキシジルには血管を拡張して髪の毛の成長を促す効果が期待されます。髪の毛に悩む人の味方になりうるとして注目されています。

関連記事

ピックアップ記事

麻生泰医師

発毛治療たくさんありますが、どれがいんですか?

今回は、20代頃から薄毛に悩み続けて色々な治療にチャレンジしてきたという、AGAスキンクリニック 統括診療部長の麻生泰先生に聞いてみました。…

004

AGA治療、気になる費用は?

決して少なくない薄毛人口 頭頂部や額の生え際など、特定の箇所の髪の毛が集中して抜けてしまう症状をAGAといいます。AGAはメディアなどでも…

カテゴリー

ページ上部へ戻る